★ 最新のグリーン税制・エコカー減税 エコカー補助金


クルマを買う>グリーン税制・エコカー減税・エコカー補助金


2014年4月から新グリーン税制が適用となりました。新グリーン税制と新エコカー減税により自動車税・自動車取得税・自動車重量税が減税されます。ハイブリッドカーでは取得税・重量税が全額免除!ハイブリッドカー以外の登録車・軽自動車でも一定の基準を満たせば、取得税・重量税が減税されます!

2014年4月以降にこれらの税金の減税分と、通常の新車値引き交による値引き額を合わせれば、かなりお得に新車に乗れることになります!新車購入を検討されてる方は、3月の決算期を逃してもこの4月以降も新車を安く買うチャンスが続きますよ!

エコカー補助金は終了しましたエコカー補助金
以下でエコカー補助金の延長?終了?などの内容、具体的な車種の減税額などを一覧表にしてみました。新車購入にお役立てください☆

エコカー減税・補助金対象車一覧はこちら



☆平成27年5月以降の新車グリーン税制・エコカー減税の内容
グリーン税制・エコカー減税とは?
石油資源や地球温暖化など、環境のため低燃費でなおかつ排出ガスもクリーンな車を普及させるため、排出ガスと燃費が一定基準を満たす車両に対して、税金が優遇される制度がグリーン税制・エコカー減税です。
減税期間
自動車取得税:平成27年4月1日〜平成29年3月31日の新車登録(届出)分まで
重量税:平成27年5月1日〜平成29年4月30日の新車登録(届出)分まで
自動車税:平成26年4月1日〜平成28年3月31日新車登録分まで







☆新エコカー補助金・新車 補助金の内容
※エコカー補助金は終了しました

エコカー補助金
の実施期間、概要

平成23年(2011年)12月20日以降の登録分〜平成25年(2013年)1月31日までに新車登録された自動車
補助金申請締切は平成25年(2013年)2月28日となります。
なお、補助金申請総額がエコカー補助金の予算3000億円を超過する場合は、申請締切前であっても募集が終了されます
エコカー補助金の受取方法
2012年エコカー補助金の申請は、新車の使用者(リース契約では所有者であるリース事業者)が申請します。申請には、以下の書類が必要です。
1、補助金交付申請書(ディーラー等で受取可能)
2、車検証のコピー
3、本人確認書類(住民票、運転免許証、健康保険証等のコピー)
4、補助金振込先金融機関の通帳のコピー等
※エコカー補助金の申請受付は2012年4月2日から始まっています。さらに詳細はこちら
エコカー補助金対象条件@

平成27年度燃費基準達成車または平成22年度(2010年度)燃費基準25%超過達成車

※1乗車定員が10人以下の乗用車及び車両総重量が3.5トン以下のトラック・バス(バン含む)
※2公式燃費値を有さない場合については、相応の環境要件を満たすと認められること
※3このほか、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、天然ガス車、燃料電池自動車、クリーンディーゼル自動車も対象となります。
※4この他重量車(トラック・バス)も平成27年度燃費基準達成車には小型20万円、中型40万円、大型90万円のエコカー補助金が出ます。

補助金対象条件A
購入する新車は1年以上使用する事が条件。
エコカー補助金額
登録車購入 10万円
軽自動車購入 7万円

エコカー減税・補助金対象車一覧はこちら

☆エコカー補助金の終了、延長の情報

2012年9月、エコカー補助金は予算消化のため終了しました。

-----

エコカー補助金が復活します!2011年12月20日現在の情報では、エコカー補助金は登録車1台10万円、軽自動車1台7万円の補助金が支給されます。
予算が成立してからエコカー補助金が制度としてスタートするのは2012年の2月〜3月となる見込みですが、補助金の対象はそれよりも遡って、2011年12月20日以降の新車登録された車が対象となります。エコカー補助金の期間は2011年12月20日〜2013年1月31日までに新規登録された車が対象になります。エコカー補助金の申請締め切りは2013年2月28日になります。ただしエコカー補助金申請総額が予算の3000億円を超過する場合は、締め切り前でも補助が終了されます。
エコカー補助金対象車の条件は、「平成27年度燃費基準達成または平成22年度(2010年度)燃費基準+25%超過達成」となり、予算は全体で3000億円。(前回は約5700億円)

-----

2011年12月19日現在の情報では、エコカー補助金は以前のスクラップインセンティブ(廃車奨励金)ではなく、1台あたり10万円のエコカー補助金が出る予定です。(登録車1台10万円、軽自動車1台7万円)予算が成立してからエコカー補助金が制度としてスタートするのは2012年の2月〜3月となる見込みですが、補助金の対象はそれよりも遡って、2011年12月20日以降の新車登録された車が対象となる案が有力とのこと。エコカー補助金の期間はおよそ1年の予定。
エコカー補助金対象車の条件は、「2010年度燃費基準+25%超過」となり、予算は全体で3千億円となる予定。(前回は約5700億円)

-----

2010年9月7日申請分を持って、エコカー補助金は終了しました。終了前の駆け込み需要によって、期限よりも早く予算が終了しました。しかしまだエコカー減税があるので、補助金終了による値引きのカバーと合わせれば、まだまだお得に新車が購入できますよ!

-----


2010年4月1日現在のエコカー補助金延長情報です。直嶋正行経済産業相は20日、エコカーの「新車購入補助金制度」を2010年9月末まで延長することを表明しました。新車購入補助金の予算は2300億〜2400億円の予算計上を提案する予定との事です。エコカー補助金の延長が決まりましたね。

-----

2009年11月17日現在のエコカー補助金の延長情報です。民主党の管国家戦略相が17日の閣議後の記者会見で、薄型テレビやエアコンなどの省エネ家電を購入すると商品券などと交換できる「エコポイント」制度や、環境対応車を購入した場合に最大25万円(乗用車の場合)を補助するエコカー補助金制度の延長を検討する考えを明らかにしました。エコポイントやエコカー補助金の延長について、「検討する。かなり即効性が高いものだという認識を持っている」と発言しました。
これはもしかしたらかなり期待が持てるのではないでしょうか!?もしエコカー補助金が延長されれば、2010年4月以降のプリウス納車待ちの場合でも補助金が下りることになります。ぜひエコカー補助金を延長して欲しいですね。

-----

2009年10月現在のエコカー補助金の終了情報ですが、2010年度以降もエコカー補助金を延長して続けるかどうかは、年末の政府予算編成で再検討する方針です。また、エコカー補助金の消化状況は、2009年9月25日の時点で予算3700億円に対して、18万6000台の199億円にとどまっています。ただ、未処理の件数が52万台分残っているので、エコカー補助金の申請書の処理スピードが遅いようです。年内登録の新車に対してはほぼ問題なくエコカー補助金の対象となりそうです。2010年度末の登録でエコカー補助金の枠が残っているかどうかは微妙な所で、予算を使い切るのか、または余ってしまう可能性も今の所はあるようですね。

-----

エコカー補助金の詳細(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/2011/12/20111220006/20111220006.html


こうして見ると、やはりハイブリッドカーの取得税・重量税がゼロと言う減税額は大きいですね。ハイブリッドカー以外にも、モデルの新しい車種や燃費の良いコンパクトカーなら燃費基準+25%達成しているグレードがあります。取得税・重量税が75%分減税なのでこれも大きいですね。特にセレナ、ヴォクシーと言った車種ならエコカー減税のメリットは大きいものとなっています。

比較的値引き幅が少ないコンパクトカーや軽自動車で、エコカー減税が適用される車種・グレードでは値引きが少ない分、減税の恩恵は大きいでしょう。

自動車取得税、重量税、自動車税のエコカー減税分に加えて、しっかりと新車の値引き交渉をして、平成21年4月以降も新車をお得に安く買いましょう!

エコカー減税・補助金対象車一覧はこちら

中古車のエコカー減税の詳細はこちら


クルマを買うトップへ

 

 

クルマを買う!の掲載内容の無断転用は固く禁じます。
Copyright c2003-2013 クルマを買う! All Rights Reserved