クルマを買う!新車を安く買う!新車購入時期夏のボーナス商戦を狙え!ボーナスセールで新車購入

夏のボーナス商戦を狙え!ボーナスセールで新車購入

6、7月の夏のボーナス商戦では、決算月ほどではありませんが、新車の登録台数は増えてきます。6、7月になると自動車メーカーやディーラーでは、毎週末ボーナスフェアを開催して売り込みに力を入れてきます。
売り込みに力を入れるということは、値引きの拡大が期待できます。

ここでは夏のボーナス時期に新車を安く買うように、ベストな交渉計画を紹介します。

なぜ夏のボーナス商戦に値引きが拡大するのか?

6、7月の夏のボーナス時期になると、ボーナスを当て込んで新車購入や車の買い替えなどを検討する人が出てきます。また夏休みを前に、「夏休みは新車でどこかへ行きたい!」なんて人も出てきます。

このような理由で新車の需要が高まり、メーカーや販売店もこれを逃さないために、6、7月の毎週土日となると低金利ローンやお買い得な特別仕様車などを用意してボーナスフェアを開催します。
当然どこのメーカーもフェアを開催して、売り込みに力を入れてきますので、競合により値引きも拡大していくという事です。

夏のボーナス商戦で安く買うための交渉計画!

まず新車の値引き交渉をする場合、営業マンのやる気を引き出しつつ、効果的な値引きを引き出すには、
3~4回の商談で契約するのが基本になります。この位の回数が、長すぎず短すぎず丁度良いようです。

例えば土曜日から商談をスタートさせて、翌週の日曜日に契約するスケジュールだと、土日のボーナスフェアが4回使える事になります。土日のフェアでは販売店や営業マン単位でノルマが課せられていることがありますので、特にフェア終了ギリギリの日曜の夕方は、契約前の最後のダメ押し交渉に利用すると効果があるでしょう。

また月単位のノルマも当然ありますので、営業マンや販売店では、月末近くになってくると、ノルマを達成しようと売り込みに力を入れてきます。「ノルマまであと1台!」なんて営業マンに当たれば、大幅値引きのチャンスが出てきます。

以上のことを踏まえて商談スケジュールを組みます。

【6月中に契約をする場合】

5月 本命の車や競合車をリストアップして、情報収集します。インターネットや雑誌、カタログなどで価格・装備・スペックなど基本的な事から、その車の長所や短所、自分の利用目的に合っているか、などをよく調べます。
また、本命車のディーラーや競合車のディーラーの所在地を調べて、交渉する販売店をリストアップします。新車の値引き交渉に競合は欠かせないので、競合車のディーラー以外でも同じメーカーの経営の違うディーラーや越境したディーラーなど、なるべく多くの販売店をリストアップしておきましょう。
6月上旬

商談をスタートします。リストアップしたディーラーを回り、「このボーナス商戦の時期に新車を買うぞ!」とアピールしておきます。初回の値引きはどのくらいなのか探りを入れておきましょう。

6月中旬 本命車に競合車の条件をぶつけて、値引きを引き出します。可能な限り多くの販売店を回って競合させて、好条件を引き出しましょう。
6月下旬 値引き交渉も終盤です。6月のノルマ達成に躍起になる土日の週末フェアを狙って、契約前の最後のダメ押し交渉をしましょう。納得いく条件が出れば契約します。

 

【7月中に契約をする場合】

5月、6月 上記の5月と同じように情報収集をします。
7月上旬

商談をスタートします。初回の交渉では、このボーナス商戦の時期に新車を買うと言う”買う気”を見せておきます。もちろん本命車には、他にも検討している車があることを伝えて、「一番条件のいい所で買う」と言うスタンスで交渉に臨みましょう。最初から本命車と分かってしまうと、足下を見られて値引きが引き出せなくなることもあるので注意しましょう。

7月中旬 可能な限り、多くの本命車と競合車の販売店を回って競合させて、良い条件を引き出しましょう。片方で良い条件が出たら、その条件をもう一方へぶつけるなどして、大幅値引きを目指します。
7月下旬 ボーナス商戦も終盤です。土日の週末フェアを狙って最後の交渉に臨みましょう。
ボーナス商戦の最後なので、まだノルマに達していない販売店や営業マンに当たれば、大幅値引きのチャンスです。びっくりするような値引きが飛び出すかもしれません。

以上のスケジュールは基本的なものです。営業マンによっては、こちらには分かり得ない理由で、月初めや月末でも好条件を出してくる事もあるでしょう。時期に関係なく、商談中に営業マンの反応を見ながら「ここが勝負時!」と感じたら一気に攻めましょう。

短期決戦か、じっくり交渉か?

基本的に値引きの大きい車種では、短期決戦が有効です。1回~3回の商談で好条件が出る事も珍しくありません。この場合でも競合は欠かせませんので、他車との競合を上手に進めましょう。

逆に値引きの渋い人気モデルや出たばかりの新型車では、じっくり交渉が有効です。短期で値引きを引き出そうと思っても、人気があることや新型車である事を強調されて、値引を引き締められる事が多いです。
こう言った値引きが渋い車の場合は、好条件が出るまで競合を絡めながら、じっくりと交渉した方が値引を勝ち取りやすいでしょう。

一番良いのは、じっくりと交渉するつもりで商談をスタートさせて、値引きの条件次第ではすぐにでも契約する準備で行くのが良いでしょう。
このスタンスで商談すればこちらのペースで交渉できます。営業マンのほうから好条件を提示してきたら、スピーディーに勝負どころと判断して、契約を盾にさらなる条件を要求できます。営業マンが「値引きをしてでもどうしても売りたい!」と言う状況を作ることが、大幅値引きの条件と言ってもいいでしょう。

まとめ

ここ数年、ボーナスカットなどあまり聞きたくない言葉を聞くことが多いです。まだまだ不景気な世の中ですが、このボーナス商戦は魅力的な新型車も多く出てきますし、値引きも拡大する事は間違いないです。

値引きは交渉次第となりますが、好条件を引き出しやすくなってきます。新車購入を検討している方は、このボーナス商戦を利用して安く新車を買いましょう!

PAGE TOP