クルマを買う!新車を安く買う!新車購入時期3月・9月の決算期を狙え!新車購入計画

3月・9月の決算期を狙え!新車購入計画

1年で一番安く新車を買える月は、決算月と言われています。

自動車メーカーの決算月は、3月の年度末決算と、9月の中間決算です。特に3月が1年の中で一番車が売れます。

1番台数が売れていると言う事は、販売店も値引きを拡大して必死に売り込みをかけています。

決算キャンペーンと銘打って、3月の決算期は2月から、9月の決算は8月のお盆休み明けから、それぞれキャンペーンを開催するディーラーが多いです。

なぜ決算期に値引きが拡大するのか?

決算月になると、メーカーは株主に少しでも良い業績を報告しようと、売り上げをピークに持って行こうとします。そのため販売目標を設定して、傘下の販売店にノルマを課します。

ただ販売店のお尻を叩くだけでなく、支援金や対策金を販売店に支援します。それを販売店はキャンペーンの企画やサービスの資金にして、その一部を値引きに回す事が出来ます。

こうして通常よりも、決算期の方が値引きが大きくなるのです。

3月の決算期に安く買うための交渉計画!

3月の決算期が一番値引きが拡大すると再三言っていますが、ではいつ契約すれば決算期の大幅値引きの恩恵を受けられるのか?

販売店は土日の週末や祝日にキャンペーンを展開してを新車の契約を稼ぎたいと思っています。

週末や祝日には値引きの決裁権を持った店長や所長が待機しているので、その場で値引き決済が下りたりします

なので年度末決算期は1月下旬から3月中の間に交渉して、その間の土日祝日に好条件を引き出して契約しましょう。

各販売店によって決算時期は様々なキャンペーンを展開しています。内容は、「低金利ローン」「オプション○○万円サービス!」「ナビ付きで○○○万円!」「ご成約の方に○○サービス!」などなど様々です。

このようなキャンペーンが各販売店で大体2月から始まり、3月末まで続きます。新聞の折り込みチラシなどでキャンペーンの告知をしていますので、それを参考にするといいでしょう。

一般的な交渉スケジュールは・・

12月下旬~1月上旬

情報収集期間です。

購入車種の絞込みや各車種の参考値引き額を雑誌や当サイトで確認します。

実際に商談する本命車・競合車の販売店を、メーカーのホームページやタウンページなどでリストアップしていきます。

1月上旬~2月

1月の最初の3連休辺りから各販売店を回って、ショールームで実車を見たり試乗したりなどして、見積もりを取り交渉をスタートさせます。

その際はホット客をアピール!

条件次第ではこの年度末決算の時期に買いますよ、と買う気を見せておきます。

下取り車があれば、ディーラーの査定や買取店、インターネット査定などで、相場を把握しておきます

2月~3月の週末

2月に入ったら本格的に値引き交渉をスタートさせます。納車に時間の掛かる車種なら1月中から商談を始めましょう。

競合車と交渉するときも、「その車が大幅に安くなれば、本命じゃないけど本当に買うぞ!」くらいの気持ちで交渉しましょう。

競合車と交渉して、好条件が出ればその条件を本命車にぶつけるなどして、大幅値引きを目指します。

販売店は土日の週末にキャンペーンを展開して契約を取りたいと思っています。

なので契約は2月・3月の週末のフェアが良いです。週末に好条件が出れば決めて しまいましょう。勝負時は逃してはいけません。(^^)

 

9月決算の場合のスケジュールは、

8月上旬~中旬

情報収集期間です。

購入車種の絞込みや各車種の参考値引き額を雑誌や当サイトで確認します。

実際に商談する本命車・競合車の販売店を、メーカーのホームページやタウンページなどでリストアップしていきます。

8月下旬~9月

8月のお盆休み明けから各販売店を回って、ショールームで実車を見たり試乗したりなどして、見積もりを取り交渉をスタートさせます。

その際はホット客をアピール!

条件次第ではこの中間決算の時期に買いますよ、と買う気を見せておきます。

下取り車があれば、ディーラーの査定や買取店、インターネット査定などで、相場を把握しておきます

9月中の週末

9月に入ったら本格的に値引き交渉をスタートさせます。

競合車と交渉するときも、「その車が大幅に安くなれば、本命じゃないけど本当に買うぞ!」と言う気持ちで商談しましょう。

競合車と交渉して、好条件が出ればその条件を本命車にぶつけるなどして、大幅値引きを目指します。

販売店は土日の週末にキャンペーンを展開して契約を取りたいと思っています。

なので契約は9月の週末のフェアが良いです。週末に好条件が出れば決めてしまいましょう。ここが勝負時!と感じたら一気に条件提示して、値引きの上乗せを迫ります

以上のスケジュールは基本的なものです。週末のみの短期決戦でも良いでしょう。営業マンの反応を見ながら競合車と絡ませながら効果的に交渉しましょう。

短期決戦か、じっくり作戦か?

通常、大幅値引きを勝ち取るためには、焦らずにじっくりと交渉するのが良いと思います。

すると営業マンのほうから、「がんばって値引きしますからお店の方に来てください!」など好条件が出やすい状況が生まれてきたりします。

しかし決算期の場合、上でも触れましたが1年の中でも一番車が売れる時期です。お客さんの方も値引が出やすいと言う事を知っていますので、週末にもなればディーラーはお客さんで賑わいます。

営業マンもすぐに決めてくれるお客さんなら、次のお客さんに売り込みをかけられるので、短期決戦のお客さんを歓迎します。

短期のお客さんなら交渉次第で、営業マンもスピーディーに好条件を提示するかもしれません。
なので決算期なら短期決戦も”あり”です。

じっくりと交渉するつもりで商談をスタートさせて、値引次第ではすぐにでも契約する準備でいくと良いでしょう。

本格交渉(値引き交渉)するなら土日の週末フェアを狙え!

新聞の折り込みチラシなどで、「今度の土日、○○フェア!」なんてものを見ることがあると思います。

決算時期は、いつにも増して販売店側も週末フェアに力を入れています。平日よりも土日のほうが圧倒的にお客さんの来訪数が多くなるので、営業マンも気合を入れて?待ち構えています。

土曜日に本格交渉をスタートさせて、翌週の日曜日に契約と言うスケジュールにすれば、土日のフェアが4回使えます。

大体3~4回くらいの交渉が、長すぎず短すぎずちょうど良いようです。その間、対向車と競合させたり、同士競合で値引きアップを目指します。

その際、事前に本命車、競合する対向車(ライバル車)の販売店(ディーラー)を調べておきましょう。

競合させるとなると、複数の店舗を効率よく回らなければなりません。回る販売店をタウンページやインターネットでリストアップして、計画的に回りましょう。

日曜日の夕方にその週のキャンペーンが終了します。それまでにディーラーや営業マンの成績が目標に達していなければ、日曜の夕方がフェア終了のギリギリのタイミングなので、大幅値引きの可能性が高まります。

日曜の夕方にディーラーに訪れて「値引き次第ではこの場で契約する」と商談するとかなり効果的です。

また下取り車がある場合、ディーラーで査定してもらうのはもちろんですが、買取店にも査定してもらいましょう。

決算時期になると、ディーラーでも下取り車を高値で下取りしてくれる事が多いですが、買い取り専門店などでも査定してもらい、ディーラーでつけてくれた査定額が本当に高値かどうか、確かめましょう。

下取り車も競合させて高い方に売却します。

時間が無かったり効率よく交渉を進めたい方は、下記で紹介する便利なインターネット査定をお勧めします。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

まずは、買い取り実績が業界でNo1のガリバーの査定がおすすめです。台数を多く買い取る事により、他社よりも高値を付けてくれる可能性が大です。まずは"ガリバー相場"を把握しましょう。


ズバット車買取比較です。

このサービスは、インターネットから愛車の情報を入力して送信すると、メールなどで愛車の査定額を教えてくれます。もちろん無料です。また大手買取店を中心に自宅や駐車場、勤務先など自分の都合に合わせて、無料で出張査定してくれます。全国の買取店の中から複数社が買い取り価格を競うので、インターネット査定の中ではトップクラスの高値が付きます。競合の激しい地域では思わぬ高値になる事も。高値で売るには買い取り価格の比較は外せませんね。

このサービスで受けられるインターネット査定・出張査定はすべて無料です。

自宅に居ながらにして自分の車の大体の相場が分かるので、大変便利です。また出張査定に来てもらったからといって、必ずそこに売らなければならないと言う事ではありませんので、安心して査定してもらいましょう。

また土日は仕事などで交渉できない方は、平日に交渉となりますね。
平日は営業マンも週末に契約された車の、車庫証明やら登録やらその他もろもろで、日中は出払っている事が多いです。

平日に交渉するのであれば、事前に電話を入れて交渉のアポを取っておくと、販売店に着いてからスムーズに商談に入れます。試乗を希望であれば試乗車の有無も確認すると良いですね。

まとめ

車購入には、様々な過程があって購入に至ると思います。車検を迎えて買い替える方もいれば、故障して買い替える、家族が増えてもっと人数が乗れる車に買い替える、など様々だと思います。

なかなか決算時期に車を買い替えるように、標準を合わせるのも大変ではないでしょうか。

しかし決算時期が一番値引きが多くなるのは間違いないです。可能であれば2~3月・8~9月の決算時期に値引き交渉をして、新車を安く買ってみてはいかがでしょうか?(^^

PAGE TOP