クルマを買う!新車値引き情報100選1度だけの交渉で目標値引き額を引き出す

1度だけの交渉で目標値引き額を引き出す

1回きりの交渉で目標とする値引き額が取れれば、こんなに楽なことはありません。セオリーから考えればそんなに甘いもんじゃない、となる訳ですが、時期やタイミングによっては成功する可能性もあります。

☆ 決算期・ボーナス商戦

販売店が売り込みに特に力を入れてくる時期と言えば、決算期。次いでボーナス商戦でしょうか。

これらの時期はディーラーの販売台数ノルマや、営業マンのノルマもきつくなっています。1台でも欲しいこの時期に一発勝負をかければ、成功する確率も高くなります。

いきなりディーラーに出向いてもいいですが、事前に電話を入れてアポを取っておくのも良いでしょう。営業マンには電話してから来るくらいだから、購入意欲の高いホット客だと印象付けることが出来ます。

そして商談のテーブルに付いたら、「○○車、気に入っていますが、他にも候補の車があります。こちらの要求する条件が通れば、この場で契約します。だめなら他の車にします。時間も勿体無いので、お互い駆け引きなしで行きましょう。○○万円引きが希望です。」などとこちらの条件をズバリと伝えます。

この場合は、その条件があまりにも非現実的な数字なら「とても出来ません」で終わってしまうでしょうし、逆に少ないとあまりメリットはありません。その辺りの見極めをしっかりとする必要があります。

雑誌や、当サイトの目標値引き額オールガイドで値引き額を調べたり、インターネットの掲示板などで、どの位の値引きが出ているか調べるのも良いでしょう。

車両からの値引きとオプションからの値引き、そして下取り車があれば、事前にネット査定や買取店で査定してもらい、値引き額と下取り車の相場を把握しておく必要があります。

十分に情報収集してから、絶妙な条件を出して一発で大幅値引きを勝ち取りましょう!

☆ 月末近くを狙う

新車の場合、その月中に登録されて(ナンバーを取って)初めて売れたと言うことになります。そして営業マンの成績、ディーラーの実績となります。

通常、ディーラーに在庫車があれば、登録まで1週間ほどです。これを逆算すると、毎月20日~25日くらいが、営業マンがノルマ達成を気にして売り込みに力を入れてくる時期になります。この時期に上記のように一発勝負を仕掛けても良いでしょう。


これらの″一発勝負″は、失敗に終わる事もあります。失敗するとそれっきり、となる事も。希望の条件にならなければ購入を見合わせると言うくらいの余裕を持って、交渉したいですね。

当サイト参考コンテンツ

新車の値引き交渉の仕方は? 愛車を高く売るには?
新車の値引き交渉!新車を買う! 愛車を高く売る!車の売り方
自動車保険の節約方法は? 車の維持費の節約方法は?
自動車保険を安く上げよう 車の維持費を節約!

PAGE TOP