クルマを買う!新車値引き情報100選バカに出来ない手数料カット

バカに出来ない手数料カット

新車購入時には色々な諸費用が掛かります。その手数料をカットさせることで、数万円の節約が出来ます。

☆ 車庫証明手続き代行費用

車庫証明取得の手続をディーラーが代行するための費用です。

陸運局に車を登録する際に車庫証明は必要です。しかし車の登録は素人ではなかなか面倒ですが、車庫証明の取得は難しくはありません。警察署に2回行かなければなりませんが、手続きは簡単なので、「自分で取るからこの費用はカットして」と言えば、カットできる費用です。これで1万~2万円節約できます。

大概のディーラーはカットに応じて来ますが、ディーラーによってはこのカットを拒否してくる所もあります。「手続きはこちらでやる決まりになっているんですよ」、「こちらでやらないと、登録が間に合わないんです」などと言ってきます。

こう言う場合は、「ライバル車の店では簡単にOKしてくれましたよ」、「自販連のホームページでは自分で手続きすれば代行費用は不要ってなってたけど・・」などとやるといいでしょう。

また交渉の終盤でカットを申し出るのも有効です。この代行費用もディーラーの儲けになるので、最初からカットすると、値引きを抑えられてしまう可能性もあります。値引きを限界近くまで引き出してから、終盤にカットを要求します。

カットしても実際に車庫証明を取るには、平日に2回警察署に行かなければなりません。仕事を持っている人にはなかなか難しい方もいるでしょう。そういう時は、ハンコを捺す前にでも、「費用はカットしましたがサービスで取ってくれませんか?」とやります。大概はOKが出て、実費のみの負担で済みます。最近はそれを見越して、自分からサービスで取りますよ、と言ってくる優しい営業マンもいます。(^^)

※地域によってはOSS登録申請が主流になっています。OSS登録申請だと全ての作業をオンラインで完結しなければならないので、車庫証明もその一部に含まれます。車庫証明だけを自分で取る事が出来ないので、車庫証明の手数料カットは出来ません。その分、交渉して車両からの値引きの上乗せを頑張ってもらいましょう。

☆ 納車費用

この費用は、納車の際に自宅などに車を持ってきてくれる費用です。これも自分でディーラーへ取りに行けばカットできる費用です。しかし、これも中にはカットに応じないディーラーがあります。

「これは車を工場から運ぶ運搬費や、納車するために準備する費用なので、カット出来ないんです」、「会社の方針で削れないんです」などと言ってくるパターンです。

これも「ライバル車の店では簡単にOKしてくれましたよ」、「自販連のホームページでは自分で手続きすれば代行費用は不要ってなってたけど・・」など切り返すと良いでしょう。中には、「会社の方針で削れませんが、取りに来ていただいたらその場で費用をお返しします」と言ってくるディーラーもあります。

☆ 納車準備費用

この費用は文字通り、納車するために準備する費用です。これを計上するディーラーは少ないですが、サブディーラーなどでは計上するところもあるようです。

本来、車を工場から運搬する費用やコーティングや汚れを落とす作業は、車両価格に含まれているものです。この費用は全く意味不明なので、「他のディーラーではそのような費用の計上はない」とカットを申し出ましょう。


 

他にも下取り車があれば、ディーラーの儲けとなる様な費用がありますが、それもカットしたい費用です。詳しくはこちらをご覧下さい。
本来、自分で行えば不要な費用なのに、カットに応じないのは納得できません。しかも自販連に加盟しているディーラーならなお更です。まあ、気持ちはなんとなく分かりますが・・・(^_^;)
※参考
自販連:諸費用について  ・自販連:会員ディーラー

当サイト参考コンテンツ

新車の値引き交渉の仕方は? 愛車を高く売るには?
新車の値引き交渉!新車を買う! 愛車を高く売る!車の売り方
自動車保険の節約方法は? 車の維持費の節約方法は?
自動車保険を安く上げよう 車の維持費を節約!

PAGE TOP