クルマを買う!新車値引き情報100選商談相手はすべてライバル車と仮定する

商談相手はすべてライバル車と仮定する

"商談相手はすべてライバル車"、これはどういう事かというと、本命車の営業マンでもライバル車の営業マンでも、商談する相手にはすべて、「本命車は他にある」と言うことを印象付ける方法です。

もちろん、「おたくの車が本命車なんだ。だから少しでも安くして!」とやっても良いですが、営業マンに足元を見られる可能性があります。

商談相手には、交渉の中盤辺りで、「本命車は他にあります。でも家族がこちらの車を気に入っているので、条件次第ではこちらも検討したい。」などとやると、営業マンも買わせようと、値引きを頑張ってくれるのではないでしょうか。


 

初めからよりも交渉の中盤以降でやると、リアリティが増します。

当サイト参考コンテンツ

新車の値引き交渉の仕方は? 愛車を高く売るには?
新車の値引き交渉!新車を買う! 愛車を高く売る!車の売り方
自動車保険の節約方法は? 車の維持費の節約方法は?
自動車保険を安く上げよう 車の維持費を節約!

PAGE TOP