クルマを買う!新車値引き情報100選不人気車、値が付かない車はディーラーへ

不人気車、値が付かない車はディーラーへ

買取店で高値になりやすい車は、高年式車や中古車需要の多い車、人気の高い車です。高年式のミニバンや一部のスポーツカーなどは、ディーラーよりも高値が付く事が多いです。

ただ、古いセダンなど人気のない車、10万キロ以上走っている過走行車、低年式車などは、買取店よりもディーラーの方が値が付くことがあります。

☆ 下取り対策費

決算期やボーナス時期になると、メーカーから"下取り対策費"と呼ばれるものが出る事があります。

この下取り対策費を使えば、通常の査定額よりも上乗せする事ができます。また、他メーカーからの乗り換えの場合も対策費が付く事があります。

これらを利用すれば、普通なら査定の低い不人気車や、値が付かないポンコツ車でも、いくらか値が付く事があります。

ディーラーで交渉ごとに査定額をアップできるのは、こう言った下取り対策費が使われている事も挙げられます。

☆ 下取り車キャンペーン

これも対策費のようなものですが、時々、「どんな車でも10万円で下取りします!」などのキャンペーンがあります。こう言う時に値が付かない車を持っていれば買い替えのチャンスですね。

ただ、最初から下取り車ありで交渉すると、キャンペーンの10万円が値引きに組み込まれてしまい、総額の値引きが抑えられてしまいます。

最初は下取りなしで交渉して、車両からきっちり値引きしてもらった後で、「たしかどんな車でも10万円で取ってくれるんですよね?」とやると良いでしょう。


 

不人気車でもそれを欲しがっている人が居れば、買取店でも思わぬ高値が付く事があります。買取店、ディーラー両方で査定してもらって、査定額を比較しましょう。

当サイト参考コンテンツ

新車の値引き交渉の仕方は? 愛車を高く売るには?
新車の値引き交渉!新車を買う! 愛車を高く売る!車の売り方
自動車保険の節約方法は? 車の維持費の節約方法は?
自動車保険を安く上げよう 車の維持費を節約!

PAGE TOP