クルマを買う!新車値引き情報100選セールスマンへの宿題作戦

セールスマンへの宿題作戦

こちらのペースで交渉できるテクニックの一つです。

 

☆ 思ったほど交渉が上手くいかない時

ライバル車とも競合させた、同士競合もした、越境交渉もした、しかし新車値引きが伸びない・・・。

交渉事なのですべてが上手くいくとは限りません。このような状況になる事もあるでしょう。こんな状況を打開する一つ方法として、"宿題作戦"があります。方法は簡単です。


このサイトの目標値引き額や雑誌の実例などを見てみると、もう少し安く出来そうだけどこちらの要求に営業マンが乗ってこない、なんて時は「今よりも安く出来る、と言う時に連絡して下さい。」「予算は○○万円(少なめに)なので、この金額もしくはこれに近い金額に出来ると言う時に連絡下さい。」などと、営業マンに預けて交渉を一時中断します。(宿題にする条件はあまりにも現実離れした条件では、営業マンも引いてしまいます。当サイトの目標値引き額や雑誌などで相場を把握しましょう)


すると、すぐに連絡をくれる営業マンもいれば、いつまで経っても連絡してくれない営業マンもいます。^^;


ただ交渉も終盤でこちらの買う気が営業マンに伝わっていれば、何らかの連絡が来るはずです。ノルマがきつかったり、上司から値引きの決済をもらって「契約とってこい!」なんて状況になれば、条件アップのチャンスです。なにより、営業マンの方から連絡が来ればこちらのペースで交渉が出来ます。


本命の車種や競合するライバル車との交渉でも、思ったほど値引きが伸びず交渉が行き詰ったら、宿題作戦を実行してみましょう。どこか一つでも好条件を出してくれたら、その条件をベースに他のディーラーで値引き交渉できます。


こちらのペースで交渉するには、営業マンの方から「がんばりますので是非買ってください!」となる事が必要です。それまでは"待ち"の期間が出る事もありますので、やはりゆとりのある購入スケジュールで交渉するのが良いでしょうね。


 

決算期やボーナス商戦を見越して、それより前に一度交渉して宿題作戦を実行すれば、決算期やボーナス商戦で良い条件を提示してくれる確立は高くなります。
例えば年度末決算を見越すなら前年の年末から、ボーナス商戦なら4月から、それぞれ宿題を出しておけば、決算期、ボーナス商戦で破格の条件提示があるかもしれません。

当サイト参考コンテンツ

新車の値引き交渉の仕方は? 愛車を高く売るには?
新車の値引き交渉!新車を買う! 愛車を高く売る!車の売り方
自動車保険の節約方法は? 車の維持費の節約方法は?
自動車保険を安く上げよう 車の維持費を節約!

PAGE TOP