クルマを買う!新車値引き情報100選登録済み未使用車(新古車)を買うなら

登録済み未使用車(新古車)を買うなら

一見お得に見える新古車。登録済み未使用車(新古車)を買うなら、その前にしっかりと新車と比較しましょう。

☆ 登録済み未使用車、新古車とは

登録済み未使用車・新古車とは、試乗車や登録後のキャンセル車もありますが、多くの場合ディーラーの自社登録によって、生まれる車です。

自社登録とは、そのディーラー名義にして登録する事です。なぜ自社登録するかと言うと、ディーラーの目標販売台数でも書きましたが、ディーラーは目標販売台数を達成すると、メーカーから報奨金を受けとれます。
この目標販売台数をクリアしないと、報奨金の減額、あるいは全てゼロと言うことになってしまいます。

この報奨金を受け取れないと、ディーラーとしては大打撃なので、目標達成のために値引き販売に頼ったり、自社で新車を登録します。こう言った車が、未使用車・新古車として、そのままディーラーの店頭に並んだり、メーカー系の中古車ディーラーで売られたり、オークションに流れて他の中古車店で売られたりします。特に軽自動車に多いですね。

☆ 新車と比較しよう

こう言った新古車は確かに、新車の車両価格よりも安い価格で表示されていますが、新車には値引きがあります。新車の値引き分を考慮しないと、結局新車より高かった、と言うことになりかねません。

まずは、新古車と同じグレードの新車としっかりと値引き交渉して、限界付近の総支払額を把握します。そして、新古車の総支払額と比較しましょう。

この時、もし新古車のほうが高ければ、「これと同じ新車が○○万円で買える。これよりは安くなりますよね?」と価格交渉できます。軽自動車なら10万円以上、普通車ならクラスにより10万~30万円以上新車の支払額より安くなれば、買い得でしょう。


 

新古車の中には、後々売りやすいようにナビやHIDなどの人気のオプションが装着されている事があります。
新古車を買うなら、金額ブラスこの様なオプションも考慮に入れて検討すると良いでしょうね。○○万円安い上にナビまで付いてる!となると買い得感も高いでしょう。

当サイト参考コンテンツ

新車の値引き交渉の仕方は? 愛車を高く売るには?
新車の値引き交渉!新車を買う! 愛車を高く売る!車の売り方
自動車保険の節約方法は? 車の維持費の節約方法は?
自動車保険を安く上げよう 車の維持費を節約!

PAGE TOP