クルマを買う!管理人の独断!タイプ別車購入ガイド>スポーツカー&クーペを買う!


スポーツカー&クーペを買う!



 スポーツカー&クーペの魅力

1980年代後半。世の中はバブル経済の真っ只中でした。新車も売れに売れ、日本車の性能もこの時期に、一気に世界トップレベルと言っていいほどまでにアップしました。

そんな中スポーツカー好きの私には、大変うれしい魅力的な車がたくさん存在しました。R32GTR、NSX、
S13シルビア、GTO、スープラ、FD3Sなどなど。

しかし90年代初めにバブル経済が崩壊すると、徐々に若者のスポーツカー&クーペ離れが進み、販売台数も減少します。そうなるとメーカーも売れない車を造り続けることは難しくなり、ほとんどモデルチェンジが行われなくなったり、生産中止に追い込まれていきました。

スポーツカー好きの私にとっては非常に残念な事です。確かに若い人がスポーツカー&クーペに乗っているのを見かけることが少なくなってきたように思います。やはり便利な道具としてのミニバンに行ってしまうのでしょうか。それともみんな携帯電話の支払いでいっぱいで、車を持つ余裕がないのでしょうか・・

しかしスポーツカー&クーペを所有していなくても、潜在的にはスポーツカー&クーペ好きな方は結構いると思います。皆、家庭の事情や経済的な事情など、何かしらのブレーキが掛かって買えない、乗れないのだと思います。(私もそうですが・・)

いつかまた日本に、スポーツカー&クーペの人気が復活することを願って、スポーツカー&クーペの魅力を紹介したいと思います。


まずその魅力は、スタイリングです。スポーツカーはカッコ良くなくてはなりません。1台1台個性があって、ミニバンやセダンにはない低く構えたそのスタイルは、見ているだけでもワクワクしてきます。所有する喜びもあるでしょう。

車内の雰囲気も独特です。ホールドの良いシートに、タコメーターを中心とした見やすい計器類。シンプルで雰囲気たっぷりのインパネにタイトなコックピット。ひとたびシートに腰を下ろせば気持ちも高揚して、「これから走るぞ!」という気持ちにさせてくれます。

走り出せば、その”五感を刺激する”走りで、楽しいこと間違いありません!(言い切っちゃった・・)
同乗者の快適性や荷物の積載量、室内の狭さ、視界の悪さ、燃費の悪さそのすべてを超越する”車の楽しさ”がそこにはあります。

車の基本性能、「走る、曲がる、止まる」このすべてに他の車と比べて優れていると言えます。いざという時の緊急回避の時など、スポーツカーは安全なんです。

台数が売れていないスポーツカー&クーペは、中古車市場でもタマ不足です。値落ちが少ない車種が多いので、手放す時は有利でしょう。

スポーツカー&クーペ好きのオーナーと知り合えば、クルマ談議にも花が咲くでしょう。趣味性が強い分、共感を覚えると、そこには「楽しい非日常の世界」が出来上がります。


 スポーツカー&クーペのここがNG

スポーツカー&クーペは新車が売れていないので走っている台数が少ないです。中古車も日々その台数は減ってきています。その派手目な外見もあって、ちょっと目立ってしまうかもしれません。目立つと、車上荒らしやいたずらの標的になりやすいです。

言うまでもなく車内は狭いです。前席は何とかなっても後席は大人では辛いでしょう。RX-8なら少しは大丈夫のようですが、それでも狭いと言えるでしょう。

ラゲッジスペースもそれほど広くありません。2シーターモデルでは結構狭くなってしまいます。スポーツセダンならセダンとしての標準的な広さはあります。

スポーツカー&クーペは車両価格が高いです。エンジン、足回り、ブレーキなど性能の高い物を使っていますので、コストも上がります。

ターボに代表される高パワー・高トルクのエンジンを搭載していますので、燃費も悪いです。

シートの乗り降りも一苦労です。車高が低く座席位置も低いので、乗り降りしにくいです。それに比べるとミニバンは楽に乗り降りできますね。


 スポーツカー&クーペ紹介!

メーカー
車名
排気量cc
価格万円
トヨタ
ソアラ
4300
630万〜661万5000円
セリカ
1800
181万6500〜240万8700円
MR-S
1800
207万9000〜236万7750円
日産
フェアレディZ
3500
315万〜409万5000円
スカイラインクーペ
3500
355万9500〜380万1000円
ホンダ
シビックタイプR
2000
233万1000〜267万7500円
インテグラ・タイプR
2000
249万7950円
S2000
2000
367万7500〜388万5000円
NSX
3000〜3200
987万7350〜1255万4850円
マツダ
RX−8
654cc×2
252万〜288万7500円
ロードスター
1600〜1800
194万2500〜257万7750円

メーカー名をクリックすると、メーカーサイトへジャンプします。車の詳細をご覧になりたい方はどうぞ(^^)


 独断!管理人のスポーツカー&クーペの楽しみ方♪

この中で乗りたい車は、現実的に考えるならRX−8。妄想を語るならNSX−Rです(笑)

RX−8は非常に良く出来ていると思います。
スポーツカー&クーペに乗りたくても小さな子供が居たりと、家庭の事情で仕方なくセダンやミニバンに乗っている方は結構いるのではないでしょうか。

そんなお父さんのために、開発された車と言っても過言ではない?と思います。奥さんに、「4ドアでちゃんと4人乗れて荷物も積める車だから!」と、買う時にアピール出来ます。こういう理由付けできるスポーツカー&クーペって他にないですよね。
しかも一度は消滅するのではないかと思われたロータリーエンジンです。ロータリーファン、スポーツカーファンの人を見捨てなかったマツダはえらい!と思います。

RX−8をもし買ったら、家族を乗せて買い物からドライブまでフル回転です。休日には洗車してピカピカに磨いて、箱根辺りに行ってワインディングを走りたいですね。
小遣いをコツコツためて、エアロパーツやチューニングパーツを買って、DIYで取り付けたいですね。自分でいじるといっそう愛着も沸きます。

そしてNSX−R。ここからは妄想の世界です。(今までも十分妄想ですが・・)

まずNSX−R専用のガレージを備えた家を建てます。1階のリビングからNSX−Rが見えるようにします。リビングとガレージが、ガラス越しにつながっているような状態ですね。

ガレージの壁には、GT選手権で活躍するNSX−Rのパネルを飾ります。そしてタイプRの象徴の赤いHマークのでっかいやつを特注かなんかで作って、それもガレージの壁に飾ります。あとスナップオンの工具も実際に使いやすいように壁に並べます。

ガレージの片隅には丸いテーブルと椅子を置きます。ワックス掛けに疲れたときに、コーヒーでも飲みながら休めるスペースとして。

常にピカピカの状態にしておきます。そしてリビングでくつろいでいる時に、常にNSX−Rが視界にある・・・
そんなガレージライフを送ってみたいです。。

飾るばかりでなく、走りにも行きます。もちろん走る場所はサーキット。NSXの走行会なんかに参加して、下手くそなりにサーキット走行してみたいですね。鈴鹿サーキットでも走れたら最高です。1度でいいから走ってみたいです。


とまあ、かなり現実離れした妄想ですが、スポーツカーにはこんなワクワクさせる魅力があります。スポーツカーに乗る人がもっと増えてくれたら、もっともっと魅力的なスポーツカー&クーペが生まれてくるでしょう。そんな時代がいつか来ますように・・・


☆ガリバーのオンライン無料査定

管理人の独断!タイプ別車購入ガイド
ミニバンを買う!
ミニミニバンを買う!
コンパクトカーを買う!
コンパクトレジャーカーを買う!
セダンを買う!
ステーションワゴンを買う!
SUVを買う!
軽を買う!
スポーツカー&クーペを買う!

クルマを買う!トップへ






クルマを買う!の掲載内容の無断転用は固く禁じます。
Copyright c2003-2008 クルマを買う! All Rights Reserved