クルマを買う!車の楽しみ方!>箱根でニヤッ!


☆箱根でニヤッ!☆



神奈川県にある”走り屋の聖地”箱根です。箱根には様々な峠道があります。超高速コースの「箱根ターンパイク」、絶景の「芦ノ湖スカイライン」、他にも 「七曲」 「長尾峠」 「椿ライン」 「大平台」、他etc・・・
峠道だけでなく、温泉や観光地として大変有名ですね。

さて、なぜ箱根でニヤッとするのか。今の愛車ステップワゴンに乗り換えてから箱根には行っていませんが、以前はよく一人で箱根の山に走りに行っていました。

初めて自分で運転して箱根に行ったのは、免許を取ったばかりでまだ自分の車を持っていない時に、トヨ○レンタリースでスターレットを借りて、レンタカーで夜の箱根に行った時でした・・・


私 「なあ、レンタカー借りてどっか遊びに行かない?」

友人 「おー、いいよ!行くか!」


なんて会話をして友達と2人でレンタカーを借りて、宛ても無く走り出しました。


友人 「どこ行くよ?」

私 「うーん・・はっきり言って道知らないんだよね。」


この時の私は、道路をまるっきり知りませんでした。親も免許を持っていなかったので、家には車がありませんでした。バイクの免許も持っていなかったので、公道を走るのも数えるほどしかありません。


友人 「じゃあバイクで行ったことあるから箱根でも行くか?」

私 「おー、じゃあ”走り屋”でも見に行こうぜ。」


この頃、あのイニシャルDで有名なハチロクが生産を終了してから1年が経っていました。
ハチロクからFFのAE92に変わって、絶大な人気があったFRのハチロクは中古車でかなりのプレミアが付いていました。そんなハチロクが峠の主役でした。


私 「え〜っと、この道どっち行けばいいんだ!?」

友人 「右だよ右!あっ!バカ!そっちは反対車線だよ!!!」


なんて修羅場?をくぐり抜けながら、横浜新道、西湘バイパスを通り、なんとか箱根湯元に着きました。


友人 「ここから山登るぞ。大丈夫か?」


我々が止めている”わ”ナンバーのスターレッの横をオォーーン!と走り屋らしき車がすっ飛んでいきます。


私 「だ、大丈夫だよ、いくべか?」


内心ドキドキしまくりの中、震える足でクラッチを切り、アクセルを踏んで初めての箱根の山を走り出します。


私 「すげ〜、これが峠道か・・・」


曲がりくねって勾配のきつい山道を走りながら、はっきり言ってビビリまくっていました。


友人 「後ろから来てるぞ。左よって行かせろよ。」

私 「わ、分かったっ」


ウインカーを出して左に寄せると、その脇をハザードを出しながら白い86レビンが「クオーン!」
とすごいスピードで追い抜いていきます。


私 「ほえ〜〜、F1ドライバーか?」

友人 「あれが”走り屋”だよ!」

私 「すげーな。カッコいいな〜」


この頃の峠を走っている走り屋はマナーも良く、ガキンチョの私は憧れていました。。


友人 「おい、もっとスピード出せよ。後ろ渋滞してるぞ。」

私 「あほ!これが目一杯だよ!もう無理だよ〜」


もう泣きそうです。
バックミラーを見る余裕も無く、しかし後ろに何台か連なっているのは雰囲気で分かりました。
すると目前の左側に駐車スペースがあり、車が停まっていて人も見えます。


私 「おい!あれなんだ!?」

友人 「ギャラリーコーナーだよ!入れ入れ!!」


もうパニック状態でフラフラしながら駐車スペースに飛び込みました。


私 「おお〜、怖かった〜。。」

友人 「おい、ギャラリーがいっぱいいるぞ。恥ずかしいなーっ」


後ろに86やらCR−XやらSAやらを引き連れて、フラフラしながらギャラリーコーナーに入ってきた
”わ”ナンバーのスターレッを見て、「なんだコイツ?プッ」と、ギャラリー達は思ったことでしょう。


友人 「さて、走り屋見ようぜ。」

私 「お、おう、見るか・・」


この時点で疲労しきっていました。。
しかしそんな疲れも一瞬のうちにすっ飛んで行きます。


「キキキキーーーーッ!!ギュワアアアアアーー!!コッッココアーーーンンッ!!」


タイヤのスキール音と乾いたマフラーサウンドを轟かせて、86がSAが次々にドリフトしていきます。
シビック、CR−X、ランタボ、TE71、サニー、ジャパンなんかも走っています。(ふ、古い・・)


私 「な、何なんだこれは!!」

友人 「すげー!うめーなー!」


初めて見るドリフトと、タイヤのスキール音と、マフラーの音と排気とタイヤの焼ける匂いに
ただ、ただ、圧倒されました。「走り屋ってメチャメチャカッコいいー!」と思いました。

飽きることなく見続けて、気がついたら午前4時を過ぎ、走っている車もギャラリーも居なくなりました。
いつかは自分の車を持って、ドリフト出来るようになりたい!と思いました・・・




それからKP61スターレットを買い、S13シルビアを買い、そしてFD3Sと、FRの車に乗り継いで、
「いつかはドリフト」と思っていました。(途中カウンタックレプリカなんぞにも乗りましたが・・・)

しかし丹沢に行ったり、埠頭に行ったり、そして箱根に行ったりして練習したのですが


さっぱり上達しませんでした。


練習に行っても、「もしスピンして対向車にぶつかったらどうしよう」とか、「谷底に落ちたらどうしよう」など
思い、「これから山登るぞ」となるとドキドキしてきて、はっきり言って怖かったです。
幸い大きな事故はしませんでしたが、今思えばへたくそが危ない事してたよな〜と思います。


そしてFDに乗っている時から考え方を変えて、何もドリフトしたり速く走ろうとしなくても
自分のペースで加速や横Gを楽しむように、スポーツドライビングをすればいいんじゃないか?
と考えるようになりました。

それまではブレーキにしろアクセルにしろ、自分なりのギリギリのドライビングをしてきました。
しかし怖い思いばかりで、今思えば楽しくなかったんじゃないかと思います。

それから自分が楽しめる範囲で、峠では車を走らせるようにしました。
速い車が後ろに付いても、ササッと左によって先に行かせて自分のペースで走りました。

夜中は箱根も走り屋のピークで、車が結構多くなります。
車が多くなるとマイペースでは走りにくいので、明け方の早朝に走るようになりました。

大体4時から5時くらいでしょうか。だんだん空が明るくなってきて、車もかなり少なく、
自分のペースで非常に気持ちよくドライブできます。

一番のお気に入りのコースは、芦ノ湖スカイラインですね。
今は朝の7時から通れるのでしょうか?



ゲートがあくまでFDで長尾峠を流します。
そしてゲートが開くころに湖尻方面から芦ノ湖スカイラインに入ります。
きれいな景色の中をまずはゆっくりと走り出します。
有料道路だけあって路面は荒れていなく、道幅もあって大変走りやすいです。

まずはオフ会などで有名な通称”山羊コーナー”の駐車場まで軽くFDを走らせます。
そこでUターンして、いよいよ(自分なりの)本気走りです。


安全に、また雰囲気を盛り上げるために革のドライビンググローブをはめてシフトを1速に入れます。
アペックスのマフラーから結構な爆音を轟かせて、ロータリーサウンドを奏でながら
まずは直線番長です。私ぐらいの腕だと当時255馬力のFDでも充分すぎるほどのパワーです。

「うーーん!気持ちいい加速だ〜!」

そして限界ドライブが”100”だとすると、”70”ぐらいのスピードでコーナーに侵入します。
これくらいの加減が一番気持ちよくスポーツドライビングが出来ます。
しかしヘタクソの70%ですから相当遅いことでしょう。^^; いいんです、安全に楽しむのですから。

適度な横Gを感じながらコーナー出口に向けてアクセルを徐々に開けていきます。
一度ガバっとアクセルを踏んでしまった事があり、くるっと1回転してしまいました。
なので丁寧にアクセルコントロールして、コーナーを脱出します。

そしてまた、マフラーサウンド、ロータリーサウンド、適度な横G、少しのタイヤのスキール音を感じて
自分なりのスポーツドライブを楽しみます。

一番箱根を走ったのは独身時代のFDでしたが、子供が生まれてからのシビックRでもよく走りに行きました。

シビックR(EK−9)はスポーツカーの中では初めてのFFでした。
しかしFFでもその走りは、最高に気持ちいいものでした。

コーナーもピタッと回っていきますし、一番気持ちいいのがエンジンですね。
B16B、1600ccのホンダVTECエンジンです。

ハイカムに切り替わる6400回転くらいから、レッドゾーンの8400回転まで「パアーン!」と
一気に回っていきます。そのエンジン音と一気に上まで回っていくエンジンが最高に気持ちよかったですね。
それからすっかりホンダファンになってビート、ライフ、ステップワゴンと乗り継いでいます。


おっと忘れてはいけないホンダビート。この車でも芦ノ湖スカイラインを走りました。

上の2台と比べると、速さでは到底かないません。
しかしドライブするその気持ちよさは、1番かもしれませんね。

フルオープンにして、やはり早朝に芦ノ湖スカイラインへ入っていきます。
パワーは無いんですが、8千回転上まで回るエンジン、小気味良く入るシフト、
そして背中から聞こえてくる意外にスポーティーなエンジン音が気持ちいいです。

見通しのいいコーナーを次々とクリアして行きます。
フルオープンにしているので、周りの良い景色が目に飛び込んできます。
天気がいいと三国峠から雄大な富士山が望めます。

良い天気、良い景色、気持ちいい風、気持ちいいエンジン音、適度な横G、
そのすべてを感じてニヤッ!と箱根をドライブするのです。(^^)



車の楽しみ方!
洗車でニヤッ!
日曜の朝からニヤッ!
箱根でニヤッ!
納車待ちでニヤッ!

クルマを買う!トップへ






クルマを買う!の掲載内容の無断転用は固く禁じます。
Copyright c2003-2004 クルマを買う! All Rights Reserved