クルマを買う!車を高く売る!車の売り方車を高く売る方法、必勝テクニック!

車を高く売る方法、必勝テクニック!

愛車を売る時、少しでも高く売りたいと思うのは自然な考えですね。買ったときは何十万、何百万単位のお金を払ったわけですから、すこしでも買値に近い金額を希望するでしょう。車査定価格によって、次に買う車の予算にも影響してきます。

ここでは管理人のいままでの経験にもとづいた、車を高く売る方法を紹介します。

自分で相場を決めない!

「年式が古いから・・」「走行距離が10万キロ超えてるから・・」「あまり人気の無い車種だから・・」などと、自分でその車の価値を判断してしまう事があります。まずそう言った考えは捨てましょう!^^;

愛車の価値は、市場の相場が判断してくれます。当初の予想よりもビックリするほどの車査定額が付いた!何てことも多々あります。

自分で相場を決めてしまうと、実際はまだ5~10万円上乗せできたのに、「思ったよりも高い査定額が付いたのでそれでいいです」と5~10万安い金額で愛車を手放してしまう事になります。

たとえ年式が古くても、走行距離が伸びていても、キズが多くても、思いもしない金額が付く可能性があります。

もちろん高年式車や人気車、輸入車でも同様です。さらに高い金額で売れる可能性があります。

せっかくの愛車です。以下の車査定マニュアルを参考に1円でも高い高価売却を目指しましょう!

愛車査定額の最低ラインを知る!

高く売りたいと思っても、その車の相場を知らなくてはその車につけられた査定価格が、高いのか安いのか分かりません。

そこで車の買い替えのために車を売ると言う方は、購入車種がある程度決まれば、新車でも中古車でも、まず見積もりをしてもらうと思います。

その時に、できれば下取り車も査定してもらいましょう。おそらく営業マンのほうから「下取りに出されるのなら査定しましょうか?」なんて言って来ると思います。

新車ディーラーであれば、1回目に査定してもらった車査定額をその愛車の買い取り価格の最低ラインの目安とします。今後その愛車を売る場合、その査定価格よりも高く売るこを目指します。

なぜかというと、私の経験から1回目にディーラーで車査定してもらった価格では、車を売ったことはありません。
そのままディーラーに下取りに出す場合でも、買取店に買い取ってもらう場合でも、最初の車査定価格よりも交渉や買取店の競合などで査定額は上がります

なので最初の車査定価格は、最低ラインの目安にしましょう!

また新車ディーラーで見積もり、査定してもらう場合は出来れば事前に予約しておけば、混雑した土日でもスムーズに対応してくれます。

値引き交渉をする場合は多くの販売店に回る事が必要になってきますから、時間短縮のためにもできれば予約していきましょう。

実際に行くディーラーに電話で日時の予約を取ればOKです。

または、以下のリンクから無料で自宅近くの提携している新車ディーラーの見積もりをメールで受け取って、愛車の査定の予約もできます。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

このサービスはインターネットで欲しい車の見積もりを依頼をすると、無料で自宅近くの加盟ディーラーからメールやネット上で新車の見積もりを入手できると言うものです。
ネットで気軽に見積もりを取って、下取り車の査定の予約もしてしまいましょう。

愛車の現在の最高値ライン相場をインターネット車査定で知る!

次は最高値ライン(目標買い取り額)の相場も知っておかなければなりません。

今はわざわざディーラーや買取店を回らなくても、以下のサイトを利用すればインターネットとメールでその愛車の最高値ラインの車査定をリアルタイムで知ることが出来ます。


便利なネット一括無料査定
このサービスは、インターネットから愛車の情報を入力して送信すると、メールなどで愛車の査定額を教えてくれます。もちろん無料です。地方も含めた全国各地の買取店の中から複数社にインターネット車査定を依頼できるので、インターネット査定の中ではトップクラスの高値が付きます。またインターネット査定してもらった買取店に無料出張査定も依頼出来ます。

 

年間の買取台数No1のガリバーです。台数を多く買い取ることにより、高価買取の実績が多数あります。代車の無料サービスもあります。買い取り業界最大手のガリバーの車査定価格はこちらから。
221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定
(買い取り店の競合にガリバーは外せませんね)

このインターネットでの車査定は、実際に車を見て査定するわけではないので、正確な査定額ではありません。
しかし複数の買取店が査定額を競うので、高めの車査定額が出る事があります。この価格を最高値ラインとします

実際に、「愛車を売る」「下取りに出す」場合は、このインターネット車査定額を目安にして、これに近い金額、同じ金額、それ以上の金額を目指しましょう。

中古車は、乗っている年数や走行距離、外装のキズへこみなどで、同じ車種でも当然車査定価格に差がつきます。インターネット査定と、実車を見てからの出張査定では金額が上下することがあります。
この段階では、インターネット査定の金額を目標にします。

出張査定してもらう!

上記で最低ライン、最高ラインの目安をつけたら、いよいよ買取店に実際に査定してもらいます。

上記でインターネット査定をしてもらったところから、目標額に近い査定額をつけてもらった買取店に無料出張査定を依頼します。

時間が許せば多くの買取店に出張車査定に来てもらうのがいいでしょう。無料出張査定に来てもらったからといって、必ずそこに売らなければならないと言う事ではありませんので、納得がいくまで出張査定してもらいましょう。

ここで自分の希望額にあえば、思い切って売ってしまうことも”あり”ですが、希望額に届かない、他の買取店も検討したいと言う事であれば、「他も検討しているので後から連絡します」と言って帰っていただいてもいいでしょう。無料出張査定に買い取り義務はありません。

出張査定の買取店、ディーラー、近所の買取店で競合!

無料出張査定してもらった買取店やディーラー、時間があれば近所にある買取店などに行って、価格交渉してみましょう。ここで目標額を達成できたら、どこに車を売るか、下取りに出すか決まります。

買取店に査定してもらう時の注意ですが、買取店の中にはズバリと車査定価格を提示する所もありますが、なかなか車査定価格を教えてくれない所もあります。

これはお客さんが他店と競合するのを避ける為と、そのお客さんからなるべく安く買い取りたい、と言った事があります。

例えば 「今日いくらであれば買い取らせてもらえますか?」 なんて聞かれることがあります。こちらがその車の相場を知らないと、向こうの都合のいい価格(なるべく安値)になってしまいます。

こんな時は上記のように、ディーラーの査定価格やインターネット査定価格、自宅などに来てもらった出張査定の価格をよく把握して、自分の希望額、目標額を明確にしておきます。

そして自分の希望額、目標額にいくらかプラスして、「○○円だったら買い取ってもらいます!」 と言ってみるといいでしょう。

「それはちょっと無理ですね~」なんて言ってくるかも知れませんが、そこから希望金額になるように交渉してみるといいでしょう。

他にも 「他の店を回って、一番最後にうちの店に来てください!」など、様々なトークで車査定価格を教えてくれない事があるので、希望額、目標額を明確にして交渉しましょう。いくらかプラスした金額を伝えるのがポイントです。

時間があれば、なるべく多くの買取店に車査定してもらうのがいいですが、ここで時間をかけすぎると買取店によっては、最初の買い取り額を保証できなくなる事があります。

理由は、「日数が掛かれば、それだけ市場の相場も下がって買い取り価格も下がる」、その車種を欲しいと言っている中古車販売店が「他に同じ車が入ったから、もういらないよ」と言ってきて買い取れない、等があります。

ただ「今日じゃなければこの価格で買い取れません!」と言ってきても、よほどのことがない限り、1~3日くらい過ぎても「その査定額が下がる」と言う事はほとんどありませんので、「家族に相談して最終決定したい」「希望額はゆずれない」などと言って切り返しましょう。

概ね1週間程度の猶予は可能です。

不人気車、低年式車、低年式軽自動車などの場合

ディーラー、買取店などで査定がつかない、査定がついてもかなり低い金額だ、と言う方はネットオークション(ここではヤフオク!がお勧めです)を利用してみるのもいいでしょう。

ディーラーで新車を買う場合であれば、不人気車、低年式車でも値引きの一環として価格がつくことがあります。しかしその場合は、車両本体価格からの値引きが少なくなる場合がありますので、値引き額と相談して下取りに出すか決めましょう。

不人気車、低年式車の場合、ヤフーオークションに出品する事で、意外に自分の希望よりも高値で売れることがあります。(出品手数料が掛かります)

また軽自動車の場合、名義変更が普通車と比べて簡単な事もあり、個人の方が多く入札に参加しています。なので結構な値で落札されることがあります。(私も軽を2台ヤフオクで買って、その2台を売るときもヤフオクで売りました。)

オークションも基本的に個人売買になりますので、トラブルには十分注意しましょう。

事故車、動かない車の場合

事故車、故障して動かない車などを処分したい時、廃車するにしても費用が掛かってしまいます。
軽いへこみの車など修理して乗れる車であればディーラーなどで値がつくかもしれませんが、値がつかない場合、廃車費用が掛かってしまいますね。

そんな事故車、動かない車などがある場合、下記で事故車無料査定を申し込めます。


事故車買取の<タウ>無料査定

事故車でも海外へ輸出したりパーツ取り等で値段が十分付くので、一度車査定してもらいましょう。レッカー代などの手数料は全て無料です。

ここで売る!注意したい事

さて以上の所から比較、検討して売却先を決めました。ここで注意したいのは、車を通勤や仕事で毎日使っている方です。

ディーラーに下取りに出す場合は、新しい車が納車されるときに、今まで乗っていた車をディーラーに置いてくればいいので、「車がなくて不便だ」と言う事もないでしょう。

しかし買取店に出す場合、業者オークションの相場の事もあり、すぐに車を引き渡さなければならないのがほとんどです。中には期限付きで代車を貸し出してくれる所もありますが、次の車の納車まで借りれない場合や、代車は扱っていないお店もあります。

そこで裏技です。(^^)

ディーラーで新車を買う場合は、そこのディーラーに下取りに出す事にしておきます。
そこで契約の時に、「もしかしたら、○○(家族や友人)がこの車を欲しがっているから、納車までにそちらに売ってしまうかもしれません」と伝えます。

そこで営業マンが、下取りに出さなくても良いことを了承してくれたら、契約書の備考欄にでも一筆書いてもらいましょう。これで納車までその車に乗れます。

納車が近づいてきたら、今まで車査定してもらった買取店を一気に回ったり、他の買取店の査定をしながら、一番高い所に売却しましょう。

こんな感じで、私の車を高く売る方法は以上ですが、これらの方法が一番いいという訳ではないと思います。「ほかにもっといい方法があるぞ」なんて方もいらっしゃると思います。

あくまでも私が実践して、それなりに高値で売却できた経験であって、だれでも必ず高く売れる、と言うものではありません。
しかし参考にしていただけたら、きっとお役に立てるでしょう!(^^)


PAGE TOP