アルファードの値引き

総額はいくら?アルファード 2.5Xの値引きと総支払額をシミュレーション

投稿日:

アイキャッチ画像

※アルファード:toyota.jp

アルファード2.5Xは総額いくらで買えるのか?諸費用やオプション、値引きを含んだ総支払額をシミュレーションしています。

また、他のグレードやライバル車との比較や、アルファード2.5Xのおすすめオプション、リセールバリュー、2.5Xの実例値引き額など、アルファード2.5X購入の参考にしてみて下さい。

売れ筋人気グレードのアルファード 2.5Xを他のグレードと比較

グレード名アルファード2.5Xアルファード2.5S
価格比較3,354,480円3,692,520円
2.5Sとの価格差-338,040円
装備比較16インチアルミホイール
16インチアルミホイール
18インチアルミホイール
18インチアルミホイール
標準ボディ
標準ボディ
エアロタイプバンパー&サイドマッドガード
エアロタイプバンパー&サイドマッドガード
LEDヘッドランプ

LEDヘッドランプ

 

LEDヘッドランプ+ブラックエクステンション
LEDヘッドランプ+ブラックエクステンション
茶木目調+シルバー塗装インストルメントパネル
茶木目調+シルバー塗装インストルメントパネル
メタルウッド+シルバー塗装インストルメントパネル
メタルウッド+シルバー塗装インストルメントパネル
本革巻きステアリング
本革巻きステアリング
本革巻きステアリング
本革巻きステアリング
スタンダードコンソールボックス
スタンダードコンソールボックス
スタンダードコンソールボックス
スタンダードコンソールボックス
ファブリックシート(フラクセン)
ファブリックシート(フラクセン)
ファブリックシート(ブラック)
ファブリックシート(ブラック)
自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)
ナノイー(MOP)ナノイーあり

※MOP(メーカーオプション)

アルファード2.5Xと同2.5Sとの違いは、その外観に大きく表れています。

ノーマルボディの2.5Xに対して、2.5Sはエアロパーツやサイドマッドガード、そして2インチも大きなアルミホイールなど、スポーティなスタイルが特徴的です。

一方で内装はカラーで差別化が図られ、フラクセンのファブリックシートやブラウン木目調インパネなど、柔らかく暖かな色調にまとめられた2.5Xと、ブラック&メタル色調でシックなスポーティスタイルを志向する2.5Sで好みが分かれるところではあります。

購入価格も気になるところですが、2.5Xは2.5Sに比べて約34万円安くなっており、ホイール径が小さい分だけ乗り心地は優れているため、日常的に乗るのであれば、管理人としては2.5Xをおススメします。

アルファード 2.5Xのエクステリア

アルファード 2.5Xのエクステリア

アルファード2.5Xのエクステリアです。アルファードのグレードの中では、余計な装備が付いていない”素”のエクステリアです。

ノーマルでも迫力のあるフロントデザインなのは、エクステリアでアルファードの一番のセールスポイントでもある、メッキ加飾された大型グリルのためでしょう。

このグリルは一部では腹筋みたい(笑)と言われてましたが、個人的にはヴェルファイアのノーマルグレードよりもカッコいいと思います。エアロは無くても良い気がしますね。

タイヤ&アルミホイールは16インチで、他のグレードや車格からすると小振りですが、その分乗り心地にゴツゴツした感じがなく、とても良くなっています。

アルファード 2.5Xのエクステリア後面

アルファードのリアのエクステリアです。

やはり2.5Xでは、見た目的にはホイールの小ささが気になりますが、サイドのキャラクターラインやサイドウインドウからリアウインドウに掛けてのラインが、凝っていてカッコいいと思います。

テールランプは、両サイドに回り込んで特徴的なデザインとなっています。

2.5Xでも標準でハイマウントストップ内蔵のリヤルーフスポイラーが付いています。

アルファード 2.5Xのインテリア

インパネ回り

アルファード2.5Xのインテリアです。

アルファードでは価格が安いベースグレードですが、内装は十分高級感あるものとなっています。

茶木目とシルバー加飾のインストルメントパネルに、本革巻きステアリングで質感が高くなっています。

車内空間

2.5Xのシート記事はファブリックで色はフラクセンです。

要は明るいベージュ色ですが、長く乗っていると薄汚れが目立ってしまうのがデメリットですね。

シート表皮

ファブリック地ですが、クッションも良く座り心地の良いシートです。

汚れ防止に革調シートカバーを付けても良いですし、汚れが目立ってきてからシートカバーをしても、イメージチェンジ出来て良さそうですね。

アルファード 2.5Xの実燃費は?

アルファード 2.5Xの平均実燃費 8.3km/L

アルファード2.5Xのカタログ燃費は11.6km/Lです。(アイドリングストップ付きは12.8km/L)

渋滞やストップ&ゴーの多い市街地では、7~8km/L、流れの良い幹線道路では、9~11km/L、高速道路では12~14km/Lの実燃費を出すことが可能です。

燃費の向上にはアクセルをなるべく穏やか&一定にする事が重要ですから、速度の安定しやすい高速道路の燃費がよくなるほか、エンジンが暖まりやすい=気温の高い季節ほど燃費がよくなる傾向があります。

アルファード 2.5Xを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

ライバル車・競合車

アルファード2.5X(8人乗り)オデッセイ2.4 アブソルートEX ホンダセンシング(8人乗り)エルグランド250XG(8人乗り)
3,354,480円3,653,600円3,213,000円
アルファードより299,120円高い141,480円安い
2500ccガソリン2400ccガソリン2500ccガソリン
自動ブレーキあり自動ブレーキあり自動ブレーキなし
クルーズコントロール

(全車速追従型)

クルーズコントロール
(追従型・標準装備)
クルーズコントロール
(一定速型・標準装備)
両側電動スライドドア両側電動スライドドア片側電動スライドドア
(両側はMOP)
本革巻きステアリング本革巻きステアリング本革巻きステアリング
LEDヘッドライトLEDヘッドライトキセノンヘッドライト
16インチアルミホイール17インチアルミホイール16インチアルミホイール
運転席マニュアルシート運転席パワーシート運転席マニュアルシート
サンシェードあり2列目ロールサンシェード2列目ロールサンシェード
標準ボディアブソルート専用エアロ標準ボディ

※MOP(メーカーオプション)

アルファード2.5Xの値引き交渉には、ライバル車との競合がセオリーですが、今回はその候補にホンダ オデッセイと日産エルグランドを選んでみました。

3車種を比べてみると、オデッセイは1インチ大きなアルミホイールやアブソルート専用エアロパーツなどカッコいいパーツが揃っている一方で、価格は約30万円高くなっています。

エルグランドは自動ブレーキがなかったり、電動スライドドアが片方オプションだったり、ヘッドライトがキセノンだったりと装備で引けを取る一方、価格は約14万円安くなっているので、装備で妥協できるなら選択肢にはなりますね。

いずれも一長一短ありますが、だからこそ「どれにしようか迷っている」というアプローチに説得力が出て、営業マンも値引きで勝負しやすくなります(もちろん、その流れに誘導する呼吸とタイミングは大切です)。

アルファード2.5Xの値引き交渉では「より装備が充実しているオデッセイか、比較的リーズナブルなエルグランドで揺れている」などと、遠回しに「装備も価格も中途半端なアルファード2.5Xは不利だよ?値引きを大きくするか、オプションを安く沢山つけてくれないと勝負にならないよ?」というメッセージを送りましょう。

話のわかる営業マンなら、最大限の誠意(実際の値引きor付加価値による相対的な値引き)をもって応えてくれる事でしょう。

アルファード 2.5Xのリセールバリューは?

アルファード2.5Xを購入するなら、売る時にいくらで売れるのか?も気になる所ではないでしょうか。

ここではアルファード2.5Xがいくらで売れるのか?他のグレードと比べてリセールバリューはどの位なのか?紹介します。

※新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名新車価格買取相場新車価格に対してのリセールバリュー差額
2.5X335.4万円283万円

84.3%

52.4万円
2.5 S369.2万円305万円82.6%64.2万円
2.5 S Aパッケージ390.5万円321万円82.4%69.5万円
2.5 S Cパッケージ436.2万円357万円81.8%79.2万円
2.5 G418.5万円321万円76.7%97.5万円

※ライバル車の3年後のリセールバリュー

グレード名新車価格買取相場新車価格に対してのリセールバリュー差額
オデッセイ2.4 アブソルート303.4万円211万円69.5%92.4万円
エルグランド250XG321.3万円228万円70.9%93.3万円

3年落ちアルファードのリセールバリューは70~80%台となっており、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値(50~55%)を大きく上回っている事から、アルファードは買い替えに有利なクルマと言えます。

その中でも、初期費用(購入価格)の安いグレードほど相対的に高リセールとなりやすい傾向があるため、リセールを考えてグレード選びをする時には参考となるでしょう。

また、ライバル車であるホンダのオデッセイや日産エルグランドのリセールバリューは概ね70%前後となっており、アルファードがアドバンテージを取っているのがわかります。

その分、新車価格も高くなっていますが、お得な買い替えを実現するためにはアルファードがおススメです。

アルファード 2.5Xの値引き後の総支払額は?

アルファード 2.5Xの値引き後の総支払額は?

アルファード 2.5Xの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのアルファード2.5Xの値引き新車見積もり

グレード名アルファード2.5X
車両本体価格3,354,480円
メーカーオプション品名--
メーカーオプション価格0円
ディーラーオプション品名--
ディーラーオプション価格0円
諸費用208,557円
目標値引き▲230,000円
オプション値引き--
支払総額3,333,037円

オプションを全く付けない状態のアルファード 2.5Xの見積もりは、値引きを含んで3,333,037円でした。

アルファードの値引きが緩んでいる時期なら、車両本体よりも安く買う事も可能です。

2.5Xを上記の値引きで購入すれば、売却するときの差額が少なくなり、早いサイクルでの買い替えも可能かもしれませんね。

オプションなしではさすがに乗っていて困る事もあるので、純正オプションより安い社外品でそろえるといくらになるか、調べてみました。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット16,092円102,600円
(ロイヤルタイプ・エントランスマット付き)
ドアバイザー6,990円30,240円
ナビゲーション184,758円(アルパイン 9型)294,300円(T-Connectナビ 10インチモデル)
リアモニター100,600円(アルパイン12.8型)102,600円(12.1型)
革調シートカバー14,980円~149,040円

上記の社外品は楽天市場で販売されているアルファード用の商品価格です。楽天内で検索できます。

こうして見ると、社外品の方がかなり安く買える事が分かりますね。

自分でも取り付けできるフロアマットは、通販で買っておいて後から付ける事も出来ます。社外品のマットにするだけで8万円以上も安くなります。

ナビやシートカバーも社外品の方が安く、特にナビはアルパインの方が機能的に優れている部分も多いです。

新車契約の時に、ネット通販で買っておいた上記の付属品を、ディーラーで取り付けてもらう条件で契約しても良いでしょう。

通常はもちろん別途工賃が掛かりますが、新車契約の時なら、工賃も含めて値引き交渉して、支払総額を安くあげたいですね。

おすすめオプションを含んだアルファード値引き見積もり

おすすめオプションを含んだアルファード値引き見積もり

グレード名アルファード2.5X
本体価格3,354,480円
メーカーOPホワイトパールクリスタルシャイン、ツインムーンルーフ、ワンタッチスイッチ付パワースライドドア、アクセサリーコンセント、寒冷地仕様
メーカーOP価格276,480円
ディーラーOPT-Connectナビ 10インチモデル、ETC2.0、マルチビューバックガイドモニター、12.1型後席ディスプレイ、サイドバイザー、フロアマット(ラグジュアリー)、ドライブレコーダー
ディーラーOP価格649,647円(工賃込み)
諸費用208,557円
目標値引き▲230,000円
オプション値引き▲129,000円(ディーラーオプションの20%)
支払総額4,130,164円

今度は、アルファード2.5Xにおススメ&人気オプションを盛り込んだ見積もり金額を出してみました。

メーカーオプションには高リセールが狙えるホワイトパールクリスタルシャイン(ボディカラー)、ツインムーンルーフ、ワンタッチスイッチ付パワースライドドアと、車内で電化製品が使えて非常時にも便利なアクセサリーコンセント、そして輸出(海外市場)対策として寒冷地仕様もプラスしています。

ディーラーオプションには高性能な純正ナビとETC車載器、縦列駐車や車庫入れなどに効果を発揮するマルチビューバックガイドモニター、後部座席の同乗者が退屈しない後席ディスプレイ、昨今問題となっている「迷惑運転」抑止として注目を集めているドライブレコーダー等を盛り込みました。

かなり豪華になっていますが、これらのオプションを盛り込んだアルファード2.5Xの総支払額は、値引きも込みで約413万円。オプションの値引き率はたくさんつけるほど大きくなる傾向があるので、値引き交渉にも張り合いが出ますね。

モデリスタエアロを付けた場合のアルファード2.5Xの値引き見積もり

モデリスタエアロを付けた場合のアルファード2.5Xの値引き見積もり

グレード名アルファード2.5X
車両本体価格3,354,480円
メーカーOPホワイトパールクリスタルシャイン、ツインムーンルーフ、ワンタッチスイッチ付パワースライドドア
メーカーOP価格218,160円
ディーラーOPT-Connectナビ 10インチモデル、ETC2.0、マルチビューバックガイドモニター、サイドバイザー、フロアマット(ラグジュアリー)、モデリスタエアロキットforノーマルボディ(フロント、サイド、リヤ)
ディーラーOP価格747,981円(工賃込み)
諸費用208,557円
目標値引き▲230,000円
OP値引き▲149,000円(ディーラーオプションの20%)
支払総額4,150,178円

せっかくアルファードを買うなら、憧れのモデリスタエアロでスポーティに決めたい!……と思うユーザーも少なくないでしょう(管理人もその一人・笑)。

そこで、先ほどの豪華オプションをちょっと削って、モデリスタのエアロキットを代わりに入れたアルファード2.5Xの見積もりシミュレーションを出してみました。

モデリスタのエアロキットは通常5~8%程度の値引きしか期待できませんが、新車購入時なら、他のオプション値引きを大きくする事で値引き率のバランスを取るようにするといいでしょう。

その時、気をつけたいのが「いくら値引きしてくれますか?」というアプローチよりも「総額でXXX万円になったら購入できます」とした方が、同じ要求でも値引きを引き出しやすくなります。

アルファード 2.5Xの値引き実例は?

現行型アルファードは、どのくらい値引きされているのか、当サイトに報告が寄せられた実例値引き金額を紹介します。

購入時期グレード名値引き額
2018年2月2.5S Cパッケージ42.2万円
2018年2月2.5S Cパッケージ54.8万円
2018年2月2.5S Cパッケージ32.0万円
2018年2月3.5SC35.0万円
2018年2月2.5S Aパッケージ 4WD47.2万円
2018年2月2.5S Cパッケージ54.6万円
2018年2月2.5S Cパッケージ40.8万円
2017年9月2.5X45.2万円

最新報告のあった2018年2月の7件中、実に5件が2.5S Cパッケージで、その値引き金額は年度末決算期の影響もあって30~50万円台と健闘している事から、大きく値引きを目指すなら、2.5S Cパッケージが狙い目かも知れません。

ちなみに2.5Xの報告はマイナーチェンジ(2017年12月)前の2017年9月が最新ですが、マイナーチェンジ前&中間決算期の影響でオプション値引きと合わせて約45万円と大健闘でした。

今後、マイナーチェンジから月日が経てば値引きに対するガードがより緩まるため、値引き交渉で頑張って、2.5Xのコストパフォーマンスを最大限まで引き出しましょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

アルファードの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアルファード値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアルファードを限界値引きで購入しています。

今月のアルファードの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アルファード値引き交渉マニュアル

-アルファードの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.