アルファードの評価集

アルファードの人気色ランキング!人気カラーとおすすめの内装色とマッチするカラーバリエーションも紹介

更新日:

アルファードの人気色ランキング!おススメのカラーも紹介

開発テーマは「大空間高級サルーン」。ミニバンとは違う高級路線をひた走るステータスの塊として、高級サルーン路線をひた走るトヨタ アルファード

アルファードのカラーラインナップは全7色、どれも高級感にあふれて選ぶのに迷ってしまう方もいるかも知れません。

そこで当サイト(クルマを買う!)では、ボディカラーの人気ランキングはじめ各色の特徴や口コミ、内装カラーとのマッチングなどをまとめています。

トヨタ アルファード︎の人気色ランキングを発表!

1位ホワイトパールクリスタルシャイン ※
2位ブラック
3位ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク ※
4位スパークリングブラックパールクリスタルシャイン ※
5位スティールブロンドメタリック
6位ダークレッドマイカメタリック
7位グラファイトメタリック

※ メーカーオプションカラー 別途 32400円(税込)

上記ランキングは、メーカー発表の販売比率や中古車市場へ出回っている台数、ディーラーへの調査など、当サイトで独自に調査したアルファード人気色ランキングです。ハイブリッドも含む総合ランキングとなっています。

アルファードのカラーサンプル

アルファードのボディカラーは画像や写真と実車では違って見えることもあるため、ディーラーでカラーサンプル(実車と同じ塗装がしてあるミニカーやサンプル帳など)を見せてもらうと、イメージのギャップを抑えられます。

アルファードの各色を紹介!口コミもカラー選びの参考に

ホワイトパールクリスタルシャイン

アルファードの人気カラー1位

toyota.jp/alphard/

やはり1位を獲得したのは 最近大人気のパール系のホワイトカラー。とても上品なカラーで、誰が乗っても似合う、とても安定感のあるボディカラーです。

流行の影響を受けにくいことから、長期間保有されても飽きがきません。

ただでさえ大きなアルファードですが、このボディカラーだと更に大きく見え、上品なボディカラーであるにもかかわらず、相当な威圧感を持ちます。

開発コンセプトが活きるボディカラーですね!

まず選んで間違いのないボディカラーですので、カラー選びに迷ったらコレで決まりです!

ブラック

アルファードの人気カラーランキング2位

toyota.jp/alphard/

「漆塗り」のような真っ黒なソリッドカラーです。

この車格に、このボディカラー。後ろからこんな車が近づいてきたら、考える間もなく道を譲ってしまうことでしょう。迫力満点のこのボディカラーですが、ただ迫力があるのみではありません。

リセールバリューも相当なもの。プラス査定となることが多いボディカラーです。中古車市場の人気カラートップ3に入るボディカラーですので安心です。

ただし、色褪せをしやすく、小傷がつきやすいボディカラーですので、洗車などのメンテナンスは丁寧に行いたいものです。

また、ただでさえ厳ついボディカラーですから、運転は上品にお願いします!

ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

アルファードの人気カラーランキング3位

toyota.jp/alphard/

現行モデルより採用されたボディカラーです。

色調としては濃厚なクリームホワイトですが、塗装内に散りばめられたガラスフレークが輝き、このカラー独特の重さを感じさせません。

そのおかげで、とてもシックで上品なカラーに仕上がっています。その印象通り、穏やかに走らせたいボディカラーです。

リセールバリューも安定のホワイト系。査定担当者が泣いて喜ぶボディカラーですので、高査定が期待できそうです!(ただしホワイトパールクリスタルシャインよりは落ちます・・)

新色となりますので、実際に車を見に行って、その美しさを実感していただきたいと思います。

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

toyota.jp/alphard/

現行モデルより採用されたボディカラーです。

パールの入ったブラック系塗装で、夜は明るめのブラックに見えます。昼間は光の差し方によっては濃いブルーと言う印象を受けます。

とても精悍でスポーティなイメージのボディカラーですが、子どもっぽくなく上品な質感に仕上がっています。

中古車市場においても人気のブラック系塗装ですので、リセールバリューも安心の高査定。

小傷などがあると査定時に減点されてしまうこともありますので、丁寧にメンテナンスしたいものです。

スティールブロンドメタリック

アルファードの人気カラーランキング5位

toyota.jp/alphard/

2017年12月のマイナーチェンジで廃止されたシルバーメタリックの後継と言ってもいいカラーの「スティールブロンドメタリック」です。

シルバー系統なので、汚れや傷が目立たなく、何と言っても手入れが簡単です!

特にアルファードのような大柄なボディは洗車するにも大変ですよね。このカラーなら汚れが目立たないので、洗車するサイクルを減らせますし、線キズも目立たないので、水洗いのみでザっと簡単に洗って済ませる事も許されるカラーです。

色味はただのシルバーではなく、光の当たり加減で暖かみのある、まさにブロンドカラーによる高級感がプラスされています。

いかつい外観のアルファードだからこそ、色は大人し目が良い、と言う方には持ってこいのカラーですね!

ダークレッドマイカメタリック

アルファードの人気カラーランキング6位

toyota.jp/alphard/

2017年12月のマイナーチェンジで採用されたボディカラーです。

アルファードに赤?と思ったそこのあなた!意外と似合うと思いませんか?

元々ランクルにも採用されている重厚感と高級感あふれるダークレッドです。

アルファードに似合ってもおかしくありませんね。実際奥さんの方がダークレッドマイカメタリックを気に入って、旦那さんが押し切られるケースもあるそうです(笑)

これにモデリスタやTRDのエアロキットを付けたら、キマリそうですね!目立つこと間違いなしです。

グラファイトメタリック

アルファードの人気カラーランキング7位

toyota.jp/alphard/

2017年12月のマイナーチェンジモデルより採用されたボディカラーです。

ダーク系のカラーで実に深い色です。

茶色とも違う他に例えようのない機械的な美しさがありますね。メタリックによるキラキラ感が、アルファードの車格にマッチして、より高級感を感じられます。

ブラック系のアルファードは見飽きた、街中のアルファードに同じ色で被りたくない!と言う方に合う、個性的なカラーと言えるでしょう。

迷ったら他の人の意見も参考に!アルファードのカラー選びの口コミ

ホワイトパールにしました。ラグジュアリーホワイトパールはラメが強いものの、やや黄色に霞んでおり、最近のレクサスや外車で見られる新しいホワイト系が好みの私にすれば、ホワイトパールの方が好みでした。

ブラックパールと悩みましたが、隣近所がブラックのミニバンばかりでしたので、結局ホワイトパールクリスタルシャインに落ち着きました。

スパークリングブラックはいい色ですよね。少数派の色だからこそ飽きないし、過れや小キズはソリッドよりも目立たず、確か?塗装の層もちょっと厚かったっけ。きっと満足できますよ。

スパークリングブラックパールの感想です。思ったより黒いなが最初の印象です!もっと紫色だと思ってました。曇りの中で正面1mから離れて見ると黒、45℃から見ると紫かな?ぐらいです。炎天下だと薄紫のキラキラに見えました。個人的には大正解です。この色はおすすめです!

グラファイト購入者です。先月から乗っていますが土埃は目立たないですよ!(中略)屋内だとグレー系に見えますが日中の太陽光では茶です!

ラグジュアリーに乗ってますが、個人的にはラグジュアリーをオススメしますかねー!ホワイトパールは他のトヨタ車と同じホワイトパールですから。アルファードにしかないラグジュアリーいいと思いますよー!

ノーマルボディー&フラクセンにラグジュアリーホワイトの組合せは、上品だな~に1票です。とても相性良さそうですよ。私はエアロボディーでパールホワイトですが、無難な選択だったな。と思ってます。

ノーマルボディーなら、ラグジュアリーが上品。エアロなら、パールホワイトが迫力があると思います!

最終的にはラグジュアリーにして正解でした。天候などによって色も変わるし、面白い色です。

晴天で光輝くラグジュアリーホワイトは、ゴージャスですが、雨に濡れたラグジュアリーホワイトもステキですよ。

※上記引用元:価格.com

また、Twitterではこんな口コミも発見しました。

https://twitter.com/WorkantsA/status/1090487175076954113

家族や友人と相談したり、口コミ情報も集めたりして、自分にピッタリなボディカラーを見つけたいですね。

トヨタ アルファードのおすすめカラーは?

乗っているだけでも存在感にあふれる”高級車の代名詞”アルファードですが、ユーザーのニーズによってより適したボディカラーを選ぶことで、もっと充実したカーライフを堪能できることでしょう。

硬派に決めたいクールな方におすすめのカラーは?

  • ブラック
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

アルファードの高級感には、チャラチャラ系よりも硬派なスタイルがよく似合います。

そこでおすすめしたいのがこちらのブラック系。ティアドロップサングラスをかけたドライバーが颯爽と下りてきそうなムード満点ですが、迫力があり過ぎるため、怖がられないようにジェントルな運転をお願いします。

オンリーワンを目指したい個性派な方におすすめのカラーは?

  • グラファイトメタリック

解る人には染み入るほど解りみ過ぎるカラーですが、なかなか大衆の理解が得られない孤高のボディカラー。

他の誰にも似ていたくない、そんなあなたにこれ以上なくピッタリなボディカラー。アルファードのシルエットと相性抜群です。

エレガントな大人の余裕を演出できるおすすめカラーは?

  • ダークレッドマイカメタリック
  • ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

高級車の代名詞・アルファードだからこそ、ドライバーもそれに見合う品格を保ちたい。

そんな方には内面からあふれ出すエレガンスを表現できるダークレッドか、こだわりの絶妙な色味が自慢のラグジュアリーホワイトがおすすめです。

リセールから見るアルファードのおすすめカラーは?

せっかくアルファードの購入&ボディカラー選びでワクワクしている時に、売る事を考えさせるなんて……という気持ちも解りますが、いざ売却時に高値がつくかどうかも、ボディカラーを選ぶ判断基準としては悪くありません。

ここでは、3年落ちアルファードのリセールバリューをボディカラー別にランキングしたので、一つのご参考にどうぞ。

順位カラー名3年後の下取り相場
(グレードは2.5S Cパッケージ)
1位ホワイトパールクリスタルシャイン374.7万円
2位ブラック370.1万円
3位ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク367.2万円
4位スパークリングブラックパールクリスタルシャイン363.0万円
5位グラファイトメタリック332.4万円
6位ダークレッドマイカメタリックデータなし
7位スティールブロンドメタリックデータなし

※3年落ち・走行3万キロ前後・修復歴なし(評価点4点以上)・下取り相場は平均値

グレードはアルファードで最も流通台数が多い2.5S Cパッケージで算出しています。

ボディカラーによるアルファードのリセールバリューは王道とも言えるホワイトパールクリスタルシャインブラックで1・2フィニッシュを決めており、そこから一段下がってラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークとスパークリングブラックパールクリスタルシャインが追随しています。

ラグジュアリーホワイトとスパークリングブラックは色に工夫が凝らされ、より個性的な分だけ好き嫌いが分かれるリスクがあるので、若干リセールバリューで後れをとりやすい傾向が見られます。

そして更に個性的なグラファイトメタリックは上位4位と大きく開いて30~50万円前後の差がついており、ダークレッドマイカメタリックは流通台数ゼロのためデータなしとなっています。

※スティールブロンドメタリックはこのグレードでは設定がありません。

下取り車があるなら相場を調べておく

新車購入のためにディーラーを周るなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るはずです。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高査定が期待できます。1分程度の入力の後、画面上に買取店の概算価格がすぐに表示されます。

かんたん車査定ガイドの概算相場

アルファードのカラーナンバー(カラーコード)はこちら

カラー名カラーナンバー(コード)
ブラック202
ダークレッドマイカメタリック3Q3
スティールブロンドメタリック4X1
グラファイトメタリック4X7
ホワイトパールクリスタルシャイン070
ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク086
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン220

カラーナンバーが記載されている場所はココ

アルファードのカラーナンバーは、車体に貼付されているコーションプレートで確認できます。

コーションプレートとは、以下の情報等が打刻されているプレートのことです。

  • モデル型式
  • エンジン形式
  • 車体番号
  • 外装色(カラーナンバー)
  • 内装色
  • トランスミッション形式
  • 製造工場
トヨタ車のコーションプレート

toyota.jp/

アルファードのコーションプレートの位置は、助手席側のセンターピラー前面に貼付されています。

アルファードのコーションプレートは助手席側のセンターピラーに貼付

助手席のドアを開けるとシートの腰元に貼付されているプレートがあるので、そのコーションプレートでアルファードのカラーナンバーを確認できます。

アルファードの内装色に合うボディカラーはコレ

アルファードの内装カラーは4通り

アルファードの内装の内装はグレードによって異なり、それぞれの個性を引き出しています。

ブラック&ライトグレー内装

ブラック&ライトグレー内装・インパネ回り

toyota.jp/alphard/

ブラック&ライトグレー内装・車内空間

toyota.jp/alphard/

エアロボディの基本的な内装カラーで、ベルトラインの上下でカラーリングが大きく分かれるスタンダードなスタイルです。

無難にどんな色とも合わせればいいと思いますが、ここは定番からちょっとだけズラしたスパークリングブラックパールクリスタルシャインで、スポーティさと余裕のある大人の遊び心を演出するのはどうでしょうか。

木目調パネル(メタルウッド)

toyota.jp/alphard/

杢目調パネル加飾はメタルウッドとなっています。

ブラック&ブラック内装

ブラック&ブラック内装・インパネ回り

toyota.jp/alphard/

ブラック&ブラック内装・車内空間

toyota.jp/alphard/

エグゼクティブラウンジ系専用のベースカラーとなります。

内装カラーが天井までブラックで統一され、杢目調パネル加飾がよいアクセントになってグレード感を引き出しています。

ボディカラーのコーディネートもブラックで統一するのが無難ではありますが、杢目調パネルのカラーリングに合わせたグラファイトメタリックに挑戦して欲しいと思います。

杢目調パネル(ブラウンオリーブ・アッシュパール)

toyota.jp/alphard/

杢目調パネル加飾はグレードによって、シルバー杢目/ブラウンオリーブ・アッシュパール杢目となっています。

ブラック&ホワイト内装

ブラック&ホワイト内装・インパネ回り

toyota.jp/alphard/

ブラック&ホワイト内装・車内空間

toyota.jp/alphard/

最上級グレードの3.5エグゼクティブラウンジSのみ選択可能な内装カラーで、天井までブラックで染め上げた車内空間に、シートやドアトリムなどホワイトのアクセントを効かせたシックなコーディネートです。

このゴージャスなオーラにダークレッドマイカメタリックの装いを加えることで、華麗なスタイルをアピールしていきたいところです。

杢目調パネル(シルバー)

toyota.jp/alphard/

杢目調パネル加飾はシルバー杢目となっています。

フラクセン内装

フラクセン内装・インパネ回り

toyota.jp/alphard/

フラクセン内装・車内空間

toyota.jp/alphard/

標準ボディの基本カラーで、ブラックと調和し、浮き上がる優雅な色調と質感は「アルファードに乗っている」満足感を最大限に引き出してくれます。

外装のボディカラーもホワイト系でエレガントなたたずまいを演出したいところですが、ここはよりこだわりのラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークで美学を追求していきましょう。

木目調パネル(メタルブラウンウッド)

toyota.jp/alphard/

杢目調パネル加飾はグレードによってメタルブラウンウッド/ブラウンオリーブ・アッシュパール杢目となります。

モデルチェンジで廃止されたボディカラー

2017年12月のマイナーチェンジで廃止されたカラー

シルバーメタリック

toyota.jp/alphard/

シルバーメタリック

グレーメタリック

toyota.jp/alphard/

グレーメタリック

グレイッシュブルーマイカメタリック

toyota.jp/alphard/

グレイッシュブルーマイカメタリック

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

アルファードの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアルファード値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアルファードを限界値引きで購入しています。

今月のアルファードの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アルファード値引き交渉マニュアル

 

-アルファードの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.