アルファードの評価集

アルファードのデザインはカッコ悪い?カッコいい?徹底評価!画像多数あり

更新日:

アイキャッチ画像

新型の30アルファードが出た当初は、先代20アルファードと比べてデザインの評価に賛否両論ありましたが、見慣れてきた現在の評価はどうでしょうか。

実車による多数の画像から検証したいと思います。

撮影車両
アルファード2.5X 2WD 8人乗り
走行距離 21,000㎞

 

真正面から。

真正面から。

まずメッキの大型グリルが目に入りますね。アルファードのフロントマスクで一番目を引くところではないでしょうか。

このフロントグリルが好きか嫌いかで、アルファードがカッコいいのかカッコ悪いのか?判断が分かれる所でしょう。

先代の20系アルファードは、ここまで大型グリルが目を引くデザインではありませんでした。

大人しいと言うか、万人受けしやすいデザインだったと思います。まあそれもヴェルファイアと比べてですが・・

30アルファードは、ヴェルファイアにも負けない位の迫力あるフロントマスクが特徴です。

アクが強い分、好き嫌いが分かれるのは仕方ありませんが、管理人の個人的な意見としては、全然カッコいいと思います。

標準タイプもカッコいい

エアロタイプのデザインも良いですが、画像のような標準タイプのデザインも良いですね。標準タイプのヴェルファイアと比較すると、ヴェルファイアよりもカッコいいと思います。

標準タイプのヴェルファイアとの比較

標準タイプのヴェルファイアのデザインは、、、正直カッコ悪いと思います(^^;

アルファードの方が、フロントグリルとヘッドライトのデザインの統一感があって、スタイリッシュに感じます。

大型グリルと小振りで切れ長のヘッドライトが一見アンバランスに見えて、でも一つのデザインとしてまとまっている印象です。

アルファードのデザインがカッコいいかカッコ悪いかと言ったら・・・個人的にはカッコいいと思いますよ!

ボディサイドのデザイン

アルファードのボディサイドのデザインです。

スライドドアの窓ガラスのデザインが特徴的ですね。Cピラー上部から斜め下に流れるガラスのラインが、リアのテールランプまで続き、テールランプでまた一段下に流れているデザインです。

ヘッドライトがせり上がっている延長線上に、サイドのキャラクターラインが入って、リアタイヤまで続いています。

フロントタイヤとリアタイヤ周りのフェンダーが盛り上がって見えるような、迫力もあるキャラクターラインとなっています。

斜め後ろからのデザイン

斜め後ろからのデザインです。

こうして見ると、アルファード2.5Xの16インチのホイールは、デザイン的には少し役不足ですね。。乗心地は非常にいいのですが、やはり18インチ以上のホイールが欲しくなってしまいます。

スライドドア上部からリアにかけてのメッキのラインが、高級感をアップさせています。

真後ろのデザイン

アルファードの真後ろのデザインです。

特徴的なのはテールランプです。

ヴェルファイアはクリアデザインなのに対して、アルファードは赤いテールランプで差別化をはかっています。

赤いと大胆なデザインな分、見た目には若干うるさく感じるので、ヴェルファイアのようなクリアランプの方がすっきりして良いかもしれませんね。

ドアミラー

アルファードのドアミラーです。

ウインカーランプが内蔵されています。陰影がはっきりして、メリハリのあるデザインです。風切り音を低減させるための空力も考えられた設計になっているでしょう。

アルファードの右側ヘッドライト

アルファードの右側ヘッドライトです。

切れ長なデザインが好みです。LEDヘッドランプが今風ですね。

左側のヘッドライト

こちらは左側です。ハイビームもLEDランプです。

フロントフォグランプ

メッキリング付きのフロントフォグランプです。2.5Xはハロゲンです。

フロント大型グリル

アルファードのフロント大型グリルです。

ノーマルでも十分迫力がありますが、エアロパーツと組み合わせる事で、さらに迫力あるフロントマスクに仕上げる事も可能です。

アルファードのフロントエンブレムです。

アルファードのフロントエンブレムです。

αのマークを形どっています。アルファードの車名の由来のギリシャ語のα(アルファ)から来ていますね。豆知識です(笑)

アルファードのリヤスポイラー

アルファードのリヤスポイラーです。

LEDハイマウントストップランプが内蔵されています。

アルファードのテールランプ

特徴的なデザインのアルファードのテールランプです。LEDランプが内蔵されています。

トヨタマークエンブレム

リヤのトヨタマークエンブレムです。

これに合わせて、フロントのαマークをトヨタエンブレムに変えるドレスアップも人気があります。

ヘッドランプ下にウインカーランプ

ヘッドランプ下にウインカーランプが見えます。

近くで見ると、一つ一つのデザインが作りこまれている感じがありますね。

左前方のアンダーミラー

左前方のアンダーミラーです。

デザイン的には今一つですが、これを外すと車検に通りません。メーカーOPナビとパノラミックビューモニターを付けると、このアンダーミラーは付きませんが、オプション価格は70万円以上です。。。

アルファード2.5Xの16インチホイールとタイヤ

アルファード2.5Xの16インチホイールとタイヤです。

サイズは「215/65R16」で乗心地は抜群に良くなりますが、見た目的にはやっぱり大きい方がカッコいいですね。18インチ以上が欲しくなります。

運転席側のドアハンドルとスライドドアハンドル

運転席側のドアハンドルとスライドドアハンドルです。

アルファード運転席のドアハンドル

アルファード運転席のドアハンドルです。右側の2本線のところにタッチすると、ドアロックが閉まります。ドアロックを開ける時はハンドルを握ればOK。

フロントワイパー

アルファードのフロントワイパーです。

フロントガラス

アルファードのフロントガラスです。面積が大きいので、日よけのサンシェードはミニバンタイプの大きいものを買った方がいいでしょう。

アルファードのリアガラス

アルファードのリアガラスです。フロントに比べると、面積は小さいですね。プライバシーガラスで車内が見えにくくなっています。

アルファードのルーフ

アルファードのルーフです。見ずらいですが、風を効率よく流すためにルーフに凹凸があります。

リアのハイマウントストップランプ

リアのハイマウントストップランプです。クリアレンズですね。その下奥にはリアワイパーが格納されています。

標準ボディのリアバンパー

アルファードの標準ボディのリアバンパーです。

インテリジェントクリアランスソナーのセンサーが埋め込まれています。

純正マフラーのテールパイプ

アルファードの純正マフラーのテールパイプです。排気と音を下に流すため、テールが下向きになっています。

リアサイドクォーターガラス

アルファードのリアサイドクォーターガラスです。

リアのアルファードエンブレム

リアのアルファードエンブレムです。

リアから見たアルファードのサイドライン

リアから見たアルファードのサイドラインです。

上下のサイドのライン

上下のサイドのラインがよく分かるショット。

ガラス下部から上に向かって、少しずつ狭まっていくラインですね。完全にスクエアなラインではありません。

アルファードのバックランプ

アルファードのバックランプです。左右に付いています。

サイドガラスからクォーターガラスにかけてのライン

 

サイドガラスからクォーターガラスにかけてのラインです。

上部にはメッキ加装が、クォーターガラス下部には、スライドドアが収納されるレールの溝があります。目立たなくデザインされていますね。

リアのバックカメラのレンズ

リアのバックカメラのレンズです。「足」のちょうど上にありますね。昔と違って小さいので、外から見た分には存在が分かりません。

テールランプサイドから下に向かって流れるライン

テールランプサイドから下に向かって流れるラインが、アルファードらしいマッチョ感が出ています。

細かく見ると、色々考えられたデザインという事が分かりますね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

アルファードの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアルファード値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアルファードを限界値引きで購入しています。

今月のアルファードの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アルファード値引き交渉マニュアル

-アルファードの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.