アルファードの評価集

アルファードの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

トヨタのアルファードは、現行モデル(3代目)が2015年1月から製造されていますが、2019年12月に改良が入りました。

ここでは、そんなアルファードの最安グレード&最上級グレードがいくらで乗れるのか?グレード間の装備やオプションの違い、高リセールが期待できるグレード、実燃費、エコカー減税などについて紹介しています。

アルファードのグレード選びのご参考にどうぞ。

アルファードの価格が一番安いグレードは?

アルファード2.5X(FF、8人乗り) 3,520,000円

アルファードの最下級グレードがこちらです。

「一度は乗りたいアルファード、でも予算が……と言って中古車は……」

という方は、この2.5Xに最低限のオプションをつければ、新車の最安値でアルファードに乗ることが出来ます。

では、いくらでアルファードが買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

購入グレードアルファード 2.5 X(ブラック)
車両本体価格3,520,000円
装着オプションフロアマット
オプション金額
104,500円
諸費用・税金
232,619円
▲350,000円
オプション値引き▲20,000円
支払総額
3,487,119円

つけたオプションはフロアマットのみ、ナビやETCなどその他のオプションは何もつけず、車両本体とオプションの値引き目標が最大限達成できたものと仮定すると、約349万円でアルファードを購入できました。

しかし、フロアマットなら、アルファード専用の社外品がネット通販でも売られています。

純正品もいいですが、ディーラー価格の半額以下で買えるので、少しでも支払総額を抑えたいならおススメです。

最近は色んな柄やカラーのフロアマットが出ているので、安く買えるとテンションも上がりますよね。

ワンランク上のグレードと装備を比較すると?

さて、とりあえず最下級グレードを安く購入することはできますが、もうちょっと上のグレードにも目が行ってしまうのは仕方ありません。

アルファード2.5S(FF、8人乗り) 3,864,000円

そこで、ワンランク上のグレード・2.5Sとどんな差があるのか、比較してみましょう。

スーパーUVカットガラス

2.5Xと2.5Sの大きな違いの一つに、フロントドアガラスの機能があります。

2.5Xは日焼けの要因となる紫外線を約90%カットするUVカット機能なのに対し、2.5Sは約99%カットするスーパーUVカット機能です。

特に日焼けを気にする女性にとっては、この差は無視できません。

18インチアルミホイール

アルファードの18インチアルミホイール

toyota.jp/alphard/

2.5Xは16インチアルミホイールが標準装備ですが、ワンランク上の2.5Sには18インチのアルミホイールが装着されています。

ホイールが大きくなることで、外観の迫力アップはもちろん、グリップ性能やコーナリングなどの運動スペックが向上し、よりスポーティなドライビングを楽しめるようになります。

せっかくカッコいいアルファードに乗るのですから、走りでもカッコよさを魅せたいものです。

実用的な部分では、この2つのグレードに大きな差はありません。

タイヤのインチやエアロなど外観が異なるのが大きな違いです。

TOYOTA純正のアルミホイール以外で良ければ、カー用品店やネット通販で18インチのアルミホイールがもう少し安く買えます。

デザインもたくさんあるので、カー用品店などの社外品の方がお得だと思います。

両側パワースライドドアが標準装備のグレードは?

 

アルファードのパワースライドドア

toyota.jp/alphard/

重いドアも自動で開閉できて便利で安全性の高い両側パワースライドドアは、2.5Xと2.5Sを除く全グレードで標準装備となっています(2.5Xと2.5Sは助手席側のみパワースライドドア、オプションで両側にできます)。

2.5Xと両側パワースライドドアを標準装備している最安グレード「2.5S Cパッケージ(FF、7人乗り。4,664,000円)」の新車価格を比較すると、約75万円の金額差なので、もし「両側パワースライドドアだけ欲しい」方は、最下級グレードの2.5Xに68,200円(オプション料金)で両側パワースライドドアを装着した方がお得、という考え方も出来ます。

アルファードの売れ筋グレードは?

アルファード2.5S Cパッケージ

toyota.jp/alphard/

アルファード 2.5S Cパッケージ 4,664,000円

アルファードの 2.5S Cパッケージには、必要なものがほぼ標準装備で付いています。

エアロボディや2列目のエグゼクティブパワーシート、内装の高い質感などが人気で、アルファードで売れ筋のグレードとなっているようです。

では、売れ筋グレードのアルファード 2.5S Cパッケージ の支払額をシミュレーションしてみましょう。

購入グレードアルファード S C パッケージ
車両本体価格4,664,000円
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、ツインムーンルーフ
メーカーオプション価格154,000円
装着オプションT-コネクトナビキット、ETC2.0、ドライブレコーダー、サイドバイザー、フロアマット
ディーラーオプション金額299,750円
諸費用・税金263,619円
車両値引き▲350,000円
ディーラーオプション値引き(20%)▲60,000円
支払総額4,971,369円

※車両値引きについては、最新の値引き額をご確認下さい。

選択するオプションや値引き交渉の成果によって価格が変動しますが、売れ筋のアルファード 2.5S Cパッケージは約497万円となりました。

アルファードの価格が一番高いグレードは?

 

アルファードハイブリッドエグゼクティブラウンジS

toyota.jp/alphard/

アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジS(7人乗り、4WD) 7,752,000円

ワンランク下のグレード(ハイブリッド エグゼクティブラウンジ 4WD、7,358,040円)と比べて15万円ほど高くなっています。

(※ちなみに、エグゼクティブラウンジより下位のハイブリッドG Fパッケージ” 4WD、5,507,000円と比べると200万円以上の価格差となります)

そんな最上級グレードにはどんな機能がついているのか、人気装備を見てみましょう。

エグゼクティブラウンジシート

アルファードのエグゼクティブラウンジシート

toyota.jp/alphard/

最上級グレード専用のシートなので、他のグレードにはオプションで付けられません。

ゆとりのあるシートサイズで、上質な肌触りのプレミアムナッパ本革シートを採用しています。

また、足を伸ばした時に足をしっかりと受け止めてくれるパワーオットマン。これも電動で前後140mmの伸縮調節ができます。

さらに座面と背もたれを暖める快適温熱シートや、座面と背もたれから涼風を送るシートベンチレーションも装備するなど、至れり尽くせりです。

13.3型リアシートエンターテイメントシステム

アルファードのリヤエンターテインメントシステム

toyota.jp/alphard/

車内上部に、後席用の液晶ディスプレイを搭載。

マイナーチェンジで12.1インチから13.3インチに拡大され、これまで以上の迫力でテレビやその他コンテンツを楽しめるようになりました。

自動開閉機能も付いているので、リモコン調節で座ったまま開閉や角度調節が可能です。

また、後席独立機能によって、前席と後席とで別々の音声を聞くことができます。

10.5インチT-コネクトSDナビゲーションシステム

アルファードのSDナビ

toyota.jp/alphard/

エグゼクティブラウンジ系はディスプレイが大画面10.5インチで、トヨタのコネクティッドサービス、T-コネクトに対応するSDナビが標準で付きます。

さらにブルーレイ/DVD/CD再生機能や、ETC2.0車載器も搭載するなど機能も申し分ありません。

他のグレードは一回り小さい9インチで、ナビ機能やETCなども搭載されません (メーカーオプション設定)。

JBLプレミアムサウンドシステム

アルファードのJBLプレミアムサウンドシステム

toyota.jp/alphard/

アメリカの名門オーディオメーカー、JBL社が開発したオーディオシステムを搭載。

車内に17個設置されたスピーカーを高性能12チャンネルアンプでドライブし、車内を高音質の音楽で満たします。

音源のディテールを漏れなく再現するグリーンエッジテクノロジーを採用し、5.1チャンネルサラウンドにも対応するなど、機能も万全です。

読書灯

LED仕様の読書灯が車内6個設置されています。

様々なシーンで使え、夜間でもスイッチの場所がわかるようスイッチも光る設定になっています。

なくても問題ないですが、あると意外と便利ですよね。

このように最上級グレードのエグゼクティブラウンジは、他のグレードではメーカーオプションの物が多く標準で付いています。

オプションを考えるのが面倒な方にはオススメですが、かなり金額が高くなってしまうので本当に必要な装備なのか検討する必要がありますね。

ではアルファードの最上級グレードの見積もりシミュレーションを見てみましょう。

購入グレードアルファードハイブリッド エグゼクティブラウンジS
車両本体価格7,752,000円
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、ツインムーンルーフ
メーカーオプション価格154,000円
装着オプションドライブレコーダー、フロアマットセット(エグゼクティブ)、サイドバイザー
ディーラーオプション金額189,750円
諸費用・税金125,819円
車両値引き▲350,000円
ディーラーオプション値引き(20%)▲38,000円
支払総額7,833,569円

※車両値引き金額については、最新の値引き金額をご確認下さい。

アルファードの最も高いグレードのエグゼクティブラウンジSは、上記のオプションと値引きを含んで、約783万円で購入できることが分かりました。

アルファードで燃費の一番いいグレードは?

アルファードの燃費イメージ

アルファードで燃費のいいグレードは、ハイブリッド全車です。

カタログ燃費は、JC08モードよりも実燃費に近いと言われるWLTCモードで、14.8km/Lとなっています。

アルファードハイブリッドの気になる実燃費は、平均で約11.8km/Lです。

WLTCモード燃費の80%程の数値ですが、ハイブリッド車の平均値をクリアしています。

街乗りでは約9~10km/L 高速では約13km/L、幹線道路では14.5km/Lまで燃費が伸びます。

また、アイドリングストップ機能をうまく使うことで、燃費が向上します。

アルファードの車両重量や走行性を考えると、この燃費であれば及第点ではないでしょうか?

アルファードハイブリッドはガソリン満タンで何キロ走る?

ハイブリッドモデルのタンク容量は65Lです。

ガソリン残量が残り約10Lで警告が点灯します。ガソリンが残り10Lまで走行したと仮定して

65-10=55L
55×11.8=649㎞

平均実燃費で約650km走行できます。高速では、もう少し燃費が良くなるので、東京から岡山ぐらいまでは一回の給油で行けそうですね。

アルファードのガソリン車の実燃費は?

ガソリン車のアルファード2.5S Cパッケージの実燃費は、平均して約11.3km/Lです。

市街地では、10キロに届かない7.7km/Lの実燃費ですが、高速道路では12km/L前後の実燃費を記録します。

アルファードで一番燃費の悪いグレードは?

  • アルファード 3.5エグゼクティブラウンジS(4WD) 9.6㎞/L

アルファードで一番カタログ燃費が悪いグレードは、こちらでした。

実燃費はカタログ値の約88%の8.5㎞/Lで、達成率は決して悪くありません。

とは言え大排気量ガソリン車の4WDなので、ハイブリッドと比較すると実燃費自体は悪い数値です。

排気量が大きければそれだけエンジンや車体も大きく、動くために燃料消費が多くなり、4つのタイヤすべてに動力を伝達する4WDは、機械的な摩擦や抵抗の大きさから、やはり燃料消費が多くなってしまうからです。

当然それだけのパワーがあるので、悪路や雪道など需要のある方は、燃費よりも安全運転を選んで欲しいと思います。

アルファード3.5 ガソリン車(4WD)は満タンで何キロ走れる?

アルファード 3.5エグゼクティブラウンジS(4WD)のガソリンタンク容量は65L、残量警告灯がつく残量10Lからガソリンスタンドまで5L分走ったと仮定して

タンク容量65L-ガソリン残量5L=消費量60L
消費量60L×実燃費8.5㎞/L=510㎞

アルファード 3.5エグゼクティブラウンジSの航続距離は、平均実燃費で約510㎞となります。

アルファードで自動ブレーキシステムがあるグレードは?

アルファードのプリクラッシュセーフティ

toyota.jp/alphard/

アルファードには、ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車や歩行者、自転車運転者を検知し、衝突の危険性を判断した場合に警報とブレーキ制御で衝突回避を支援する「プリクラッシュセーフティシステム」が全グレードに標準装備されています。

万が一の時、衝突回避システムがあると、より安全・安心なドライビングが楽しめます。

アルファードのインテリジェントクリアランスソナー

toyota.jp/alphard/

また、アクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突を緩和してくれる「インテリジェントクリアランスソナー」も、全車に標準装備されています。

車両全体に8個のセンサーが配置され、車庫入れの時など壁や障害物を検知している場合、障害物との距離が縮まると自動的にブレーキをかけてくれます。

アルファードのスポーツ/エアログレードは?

アルファードのモデリスタ

toyota.jp/alphard/

アルファードにはエアロパーツが標準装備されているS系(S、S“Aパッケージ”、S“Cパッケージ”、SR、SR“Cパッケージ”、 SC、エグゼクティブラウンジS)グレードが用意されており、よりスポーティなドライビングを楽しみたい方におススメです。

更にモデリスタTRDなどからエアロキットも出ており、フロント/リアスポイラーやアルミホイールはじめ、アルファードをよりスタイリッシュに演出するパーツが揃っています。

また、人気の高いアルファードは売却時のことを考えて、フロント&リア&サイドのフルセットで「走り感」を出すと、買取査定アップの可能性も高まります。

買取相場から見るアルファードのおすすめグレードは?

アルファードを買うなら、売る時に高く売れるグレードを選ぶのも一つの方法でしょう。

ここでは、アルファードのリセールバリューから見るオススメのグレードを紹介します。

新車から3年落ちのアルファードのリセールバリューは?

新車登録から3年が経過したアルファードのグレード別リセールバリューを一覧表にまとめました。

グレード名買取相場新車時価格リセールバリュー
2.5 X260万円3,520,00073.8%
2.5 G320万円4,539,00070.5%
2.5 S297万円3,864,00076.9%
2.5 S "Cパッケージ"365万円4,664,00078.3%
3.5 SC--5,260,000--
3.5 GF--5,185,000--
3.5 エグゼクティブラウンジ410万円7,269,00056.4%
3.5 エグゼクティブラウンジ S--7,421,000--
2.5 X 4WD290万円3,774,00076.9%
2.5 G 4WD--4,793,000--
2.5 S 4WD342万円4,163,00082.2%
2.5 S "Cパッケージ" 4WD350万円4,918,00071.1%
2.5 ハイブリッド X 4WD316万円4,547,00069.4%
2.5 ハイブリッド G 4WD358万円5,344,00067.0%
2.5 ハイブリッド G "Fパッケージ" 4WD412万円5,507,00074.7%
2.5 ハイブリッド S 4WD--4,799,000--
2.5 ハイブリッド SR 4WD377万円5,491,00068.6%
2.5 ハイブリッド SR "Cパッケージ" 4WD412万円5,654,00072.9%
2.5 ハイブリッド エグゼクティブラウンジ 4WD449万円7,599,00059.0%
2.5 ハイブリッド エグゼクティブラウンジ S 4WD--7,752,000--
3.5 SC 4WD--5,475,000--
3.5 GF 4WD--5,383,000--
3.5 エグゼクティブラウンジ 4WD416万円7,466,00055.6%
3.5 エグゼクティブラウンジ S 4WD--7,619,000--

アルファードのリセールバリューは50~80%台で、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値(50~55%)を大きく上回っているので、アルファードは買い替えに有利なクルマと言えます。

その中で、一番の高リセールを維持しているのは、「2.5S」の4WD車です。

その他の傾向としては、ハイブリッドよりはガソリン車、排気量は3,500㏄よりも2,500㏄の方が、アルファードのリセールバリューは高くなっています。

買い替えを視野に入れてアルファードを購入する時は、リセールバリューも参考にしながらグレード選びをすると良いでしょう。

新車から3年経過したアルファードのリセールバリューから見るおすすめのグレードは?

前項で紹介した3年落ちアルファードのリセールバリュー傾向を大きくまとめると、

ガソリン2,500㏄>ハイブリッド>ガソリン3,500㏄

となりますが、これを踏まえて、リセールバリューから見たアルファードのおすすめグレードは、
「アルファード S 4WD」
「アルファード S“Cパッケージ”」
になります。

雪国や悪路が多いなど、必要な方は4WDを選択してもいいと思いますが、FFの方が海外市場でニーズがあり、輸出買取相場によって底値が安定しているため、安全策をとるならFFをおススメします。

また、燃費や静粛性などの環境性能を重視したい方には、最もハイブリッドでリセールバリューの高かった「アルファード ハイブリッドG“Fパッケージ”」がおススメです。

アルファードが高く売れるボディカラーと装備は?

アルファードを高く売りたいなら、ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインか、ブラックを選びましょう。他の色と比較して、5年以内の売却で20~30万円以上高く売れます。

他にもラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークやグラファイトメタリックなど、白黒系の色がありますが、今後安定して高値が見込めるのは前出の2色です。

シルバー等よりは高いですが、確実に高リセールを狙うなら、ホワイトパールクリスタルシャインか、ブラックがおススメです。

付いていると高く売れる装備は、両側電動スライドドア電動ムーンルーフ本革シートモデリスタエアロです。

特に両側電動スライドドアムーンルーフは、オプションで付けても元以上の買取金額も見込める装備です。

両側電動スライドドアがオプションのグレードは、付けておきましょう。ムーンルーフが付けられるグレードは付けて損はありません。

本革シートやモデリスタエアロは、掛けた金額の元が取れるほど高くは売れませんが、他の装備と比較してプラス査定になるポイントが高いです。

お好みで付けても良いでしょうね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


アルファードの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアルファード値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアルファードを限界値引きで購入しています。

今月のアルファードの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アルファード値引き交渉マニュアル

-アルファードの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.