アルファードの評価集

アルファードは運転しやすい?大きさ、車庫入れをチェック!

更新日:

アルファードは運転しやすい?大きさ、車庫入れをチェック!

Lクラスミニバンと言われるアルファードは、まず目に付くのがその大柄なボディです。

大柄なボディから、「運転しにくいのでは?」「車庫入れ大変じゃないの?」と想像してしまいます。

実際のところアルファードは運転しやすいのか、しにくいのか?車庫入れは?管理人がチェックしてみました!

アルファード試乗グレード
2.5X 2WD 8人乗り
走行距離 21,000㎞

アルファードのボディサイズは?

全長 4915mm
全幅 1850mm
全高 1880mm

今回試乗したアルファード2.5Xのボディサイズです。

全長は5メートルに届く勢い、横幅は1800mmを超えています。

これを5ナンバーサイズのノアと比較すると、

ノア ハイブリッドX
全長 4695mm
全幅 1695mm
全高 1825mm

となります。

実際売れ筋の2.0Siになると全長で4710mm、全幅で1730mmとなり、3ナンバーとなってしまいますが。

それでもアルファードとノアを比較すれば、全長で22㎝、全幅で15.5㎝アルファードが大きい事が分かります。

これは、見た目も実際に運転しても分かるほどの違いでしょう。

アルファードの車両感覚はどうか?

ノアと比べると、大きさを実感してしまうアルファードですが、実際に運転してみての車両感覚はどうでしょうか?

アルファードはミニバンらしい非常にスクエアなボディ形状をしています。

車両感覚が掴みやすく、狭い道で意外にも運転しやすいスクエアなボディ形状

この四角いスクエアな形状が、実は車両感覚が掴みやすく、狭い道で意外にも運転しやすいのです。

左右のドアミラーの幅さえクリアすれば、後方にはそれ以上の出っ張りがないので、余計にハンドルを切りさえしなければ、そのままクリアできます。

左右のドアミラーの幅さえクリアすれば、後方にはそれ以上の出っ張りがない

さらに左前方に、補助ミラーがあります。これは死角となる左前方を写しだすため、アルファードクラスのミニバンでは装着が義務付けられているミラーです。

見た目のバランス的にカッコ悪いと評判にもなっている補助ミラーですが、このミラーのおかげで車幅感覚が掴みやすくなっています。

補助ミラー

この補助ミラーのおかげで、左側に幅よせする時も目印となり、ボディをぶつけることなく幅寄せする事が出来ます。

狭い道でのすれ違いでも、威力を発揮してくれるでしょう。肝心のミラーは、映り込みが小さすぎてほとんど使えませんけどね(笑)法規で決まっているので、仕方なく付いてる感じでしょうか・・・

アルファードの前方の視界は?

アルファードの前方の視界

渋滞中に撮ったアルファードの前方の視界です。

画像では分かりづらいですが、実際にはアイポイントが高く見晴らし感があって、非常に見やすいです。

高いアイポイントのため運転中は自然と周囲の状況が見やすくなって、状況変化にも素早く対応できるでしょう。

ボンネットの先は見えない

ちなみにどんなに前方に乗り出してもボンネットの先は見えません。

前方駐車の時に、前にギリギリに付けたい時は、感覚で付けるかインテリジェントクリアランスソナーを頼りに徐々に詰めていくかですね。。

アルファードの後方視界は?車庫入れはしやすい?

アルファードの後方視界

ではアルファードの後方視界はどうでしょうか。

真後ろはナビのバックカメラとクリアランスソナーがあれば、最強です。

特にバックカメラは、アルファードのような大柄なミニバンにはもはや必須ですね。

後方確認は運転席からの距離が長く、多人数が乗っていれば目視による確認も厳しいので、バックカメラは是非付けたい装備です。

バックカメラ

ディスプレイ

バックカメラがあれば、車庫入れの時の後方確認が容易ですね。

後方の駐車スペースぎりぎりに付ける時でも、バックカメラがあれば楽勝です。

それなりに視界は確保

左後方も人や荷物が載っていなかったり、サードシートを跳ね上げていなければ、それなりに視界は確保できます。

ただ、自分もそうですが、バックの時はサイドミラーに頼ってしまうのではないでしょうか。

車庫入れなどで、最初の下がり始めの時は、大まかな距離感を確認するために一度後方を目視しますが、その後は両サイドのミラーとナビのバックカメラで確認しながら、バックしていきます。

これがセダンとかなら、窓から顔を出してバックする事も見やすくて容易ですが、アルファードのような大柄なミニバンは、窓から顔を出し入れするのも大変ですし、1方向の目視だけではボディ全体の距離感が掴み辛いです。

それなら視界良好な両サイドのミラーとバックカメラで確認した方が、車庫入れしやすいですね。

ドアミラーとバックカメラは非常に見やすいので、女性でもアルファードの車庫入れは難しくはないと思います。

真ん中に座高の高い人が乗ろうものなら、後方視界は絶望

真ん中に座高の高い人が乗ろうものなら、後方視界は絶望ですね(笑)

やはりバックカメラは必須です。アルファード購入時には、ほとんど付けられる装備ではないでしょうか。

アルファードの使い勝手のまとめ

今回アルファードに乗ってみて、実際の使い勝手は全然悪くないと思いました。

普通に運転している間は、高いアイポイントと四角いボディのおかげで、セダンやSUVよりも車両感覚は掴みやすいです。

アルファードの視界は広いので、運転もしやすいでしょう。

狭い路地でのすれ違いは、軽自動車やコンパクトカー、5ナンバーサイズのミニバンよりは正直不安感がありますが、実際にその場面に遭遇すると、意外に難しくなかったりします。

やはりスクエアなボディが車両感覚を掴みやすくさせて、左前方の補助ミラーが良い仕事をしてくれます。本来のミラーの機能ではなく、ボディ左端の目安としてですが(笑)

スーパーの駐車場など、スペースが若干狭い所では、大柄なボディを実感してしまいますが、サイドミラーとバックカメラ、インテリジェントクリアランスソナーがあれば、車庫入れも全然難しくありません。

車庫入れが苦手な女性でも、慣れれば問題ないでしょう。

もし大柄なボディでアルファードの購入をためらっているなら、是非一度試乗して使い勝手を試してもらいたいですね。一度だけではなく2、3度試乗して慣れてから購入しても良いかもしれません(^^)

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

アルファードの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアルファード値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアルファードを限界値引きで購入しています。

今月のアルファードの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アルファード値引き交渉マニュアル

-アルファードの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.