アクアの評価集

アクアの走りはどんな感じ?

トヨタから販売されているハイブリッド車の一つがアクアで、「小型化」「軽量化」「高効率化」を意識して作られました。

平成26年度における新車乗用車販売台数でナンバーワンの販売実績を得ていたのがトヨタのアクアで、プリウスを一回り小さくしたようなイメージです。

低重心でブレない走りがアクアでは期待でき、様々な走行性能を秘めております。

以下では、アクアが持ち合わせている走行性能をご紹介しているので、一度確認してみましょう。

  • 車体の重心を下げてエンジンなどの重い物を中央に寄せることで安定性のある走りが期待できる
  • 前輪と後輪のロングホイールベース化を図って高速道路でも安定して走れる
  • ドライビングポジションが低く設定されているので視界が良好になった
  • クルーズコントロールの搭載で高速道路などで一定の速度で走りたい時にペダルを踏まなくても定速走行が可能になった
  • 平らな面と動きのある面を組み合わせたアルミホイールで空力性能に優れた走りが得られる
  • サスペンションを専用チューニングして16インチのタイヤの性能を最大限に活かしてスイスイと走れるようになった
  • JC08モードで1リットル当たり37.0kmの走行が可能でハイブリッド車の中でも特に低燃費

安定性のある走りと低燃費という点がトヨタのアクアの大きな特徴かもしれません。

カタログ数値で1リットル当たり37.0kmなので実燃費はもう少し下がりますし、道路状況や個人の運転の仕方によっても変わります。

それでも、低燃費という点では一緒ですし、走行性能は増しているので圧倒的に走りやすくなっているのです。

「プリウスよりも一回り小さい自動車が欲しい」という方にアクアは適しているのではないでしょうか。

実際に、アクアの走り具合に関してどのような評判を得ているのか以下ではまとめてみたので参照してみてください。

  • 通勤する際には加速は十分だが追い越しをする際にはパワー不足を感じる
  • 高速道路は時速90km程度で走行していると最も燃費が良くなる気がする
  • 車高が低いだけあって高速中の安定性は抜群だと思った
  • コーナリングでも左右にブレることはなくスムーズにクイっと曲がってくれる
  • 電気モーターとガソリンエンジンなので当然のように走行性能は高い
  • 燃費重視のエコモードでもアクセルを強く踏めば勢い良く加速する
  • 瞬間的な加速力に関しては弱いと感じたが街中での走行に不便さは感じない
  • 軽すぎるステアリングが気になった
  • 操作性が向上していて更に運転がしやすくなった

上記のように、アクアの走り具合や走行性能で不満の意見はそこまで多くないですし、満足のいく走りをしてくれる一台なのは間違いないはずです。

アクアを安く買うなら、当サイトのアクア値引き交渉マニュアルをご参考ください!

アクアのエンジンスペック

アクアのエンジンスペック

アクア出典toyota.jp

トヨタ発表のアクアのエンジンスペックです。

排気量 1496cc ハイブリッド
最高出力 54KW[74PS]/4,800rpm
最大トルク 111N・m[11.3kgf・m]/3,600-4,400rpm
燃費 33.8-37.0km/L
モーター
最高出力 45KW[61PS]
最大トルク 169N・m[17.2kgf・m]

アクアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアクア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアクアを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のアクアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アクア値引き交渉マニュアル

-アクアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.