アクアの評価集

アクアは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

先代アクアは見切りや視界が悪く、コンパクトカーの中では運転が難しい部類でした。

新型アクアでは、そんな欠点が解消されたのかどうか気がかりではないでしょうか?

ここでは新型アクアは運転しやすいのかどうかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入時の参考にどうぞ。

アクアの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、アクアのボディサイズをチェックしてみましょう。

【アクア G (2WD)】
全長 4,050mm
全幅 1,695mm
全高 1,485mm

全長は先代と変わらず、全幅は3ナンバーのクロスオーバーが廃止されたため、全車5ナンバーサイズになりました。

一方、全高は若干高められています。

新型アクアは基本的に日本の狭い道路でも扱いやすいサイズです。

軽自動車からの乗り換えを検討している人もいるはずなので、同じトヨタの「ピクシスエポック」(ダイハツ・ミライースのOEM) と大きさを比較してみましょう。

 

【ピクシスエポック G SAⅢ (2WD)】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,500mm

アクアはピクシスエポックと比較すると全長が約65cm長く、全幅も22cm広いので、乗り換えた直後は大きく感じるはずです。

軽自動車のサイズ感に慣れている人にとって、暫くの間戸惑いを感じるかもしれません。

アクアの小回りは効くか?アクアの最小回転半径

ここではアクアの小回り性を検証します。

アクア Gの最小回転半径は5.2mで、コンパクトカーとしては小回りが利かない方です。

ピクシスエポックの4.4mと比較すると80cm大きいため、乗り換えた場合は取り回しで不便を感じるケースも出てくるでしょう。

特に片側一車線の道路でのUターンや、狭い駐車場の切り替えしで小回り性の悪さを実感するはずです。

もしアクアに小回り性を求めるなら、装備の貧弱さには目を瞑り、最小回転半径が4.9mに縮小されるBの2WD車を選ぶしかありません。

アクアは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

アクアのフロントの見切りは良くない

アクアは燃費を向上させるためモノフォルムボディを採用していますが、フロントの見切りの点では不利に働きます。

運転席からボンネットがほとんど見えないので、壁や障害物ギリギリに寄せるのは慣れが必要です。

ただし、パーキングサポートブレーキ (前後方静止物) が標準装備されるZ / Gなら静止物に接近すると警報と表示で知らせてくれ、更に自動ブレーキを掛ける機能も付くので心配ありません。

問題はパーキングサポートブレーキが標準装備されないX / Bで (オプションで付けることは可能)、狭い場所での取り回しに気を使うことになるでしょう。

また前方視界に関しても、フロントウィンドウの傾斜が強く、ルームミラーが眼前に迫っていることもあり良い方ではありません。

斜め前方視界も傾斜の強いAピラーに遮られるのが難点ですが、先代アクアよりはピラーが細くなり、三角窓も大きくなったので及第点があげられます。

アクアの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットの先端が見えないアクアは、車幅の掴みやすさもイマイチです。

ボンネットがしっかり視界に入るパッソなどと比べると、狭い路地での離合は気を使います。

オプションでコーナーポールも用意されていないので、慣れるしかないでしょう。

アクアの後方視界は良くない

アクア運転しやすさ

toyota.jp/aqua

アクアはリアウィンドウの面積が小さいので、後方視界は良くありません。

またリアドアウィンドウがキックアップしているため、斜め後方の死角も大きめです。

バックする際は死角に障害物がないか、歩行者がいないかどうかを十分確認することが求められます。

アクアの駐車にはコツがある?

アクアは後方視界や斜め後方視界に難があるので、バックで駐車する時は注意が必要です。

特に縦列駐車の際は、運転席から見えないフロントバンパーのコーナー部をぶつけてしまう可能性もあるので、前後に気を使わないとなりません。

パーキングサポートブレーキ装着車なら安心感が高まりますが、全て機械任せにせず、自分の目で周囲を確認することも必要です。

またベルトラインが後方に向け跳ね上がっていくデザインなので、ベルトラインを目安に白線枠内に停めようとすると車体が斜めになってしまいます。

アクア運転しやすさ

toyota.jp/aqua

慣れるまでは、窓を開けて白線を目視した方が良いでしょう。

アクアの運転で役立つアイテム

トヨタチームメイト (アドバンストパーク)

アクアには駐車の難易度を大幅に下げる「トヨタチームメイト」というオプションが用意されています。

このトヨタチームメイトの肝になるのが、自動駐車システムの「アドバンストパーク」です。

駐車したい場所でスイッチを押すだけで、ステアリング・シフト・アクセル・ブレーキの全ての操作を車が自動で行ってくれます。

アクアは見切りや視界が良い車ではないだけに、アドバンストパークのメリットは絶大です。

特に駐車が苦手ではなくても、付けておくと有難みを感じるに違いありません。

アクアの運転のしやすさまとめ

アクアは5ナンバーサイズのコンパクトな車ですが、軽自動車から乗り換えた場合は大きさを感じるはずです。

また、視界や見切りがあまり良くないことや、小回りが意外と利かないことからコンパクトカーの中では運転がしにくい車になっています。

アクアをストレスなく運転したい場合は、少なくともパーキングサポートブレーキ装着車を選ぶべきです。

予算が許すなら、トヨタチームメイトを付ければ万全でしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

アクアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアクア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアクアを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のアクアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アクア値引き交渉マニュアル

-アクアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.