マツダ6の評価集

アテンザの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

アテンザの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

アテンザは、マツダを代表する最高位のモデルです。

安全性や燃費性能向上のため、色々な技術を採用しています。

ボディタイプはセダンとワゴンがあり、それぞれでガソリンまたはディーゼルエンジンを搭載しています。

そのアテンザの中でどのグレードを選べばいいのか?

インテリア、エクステリア、安全性やエコカー減税、リセールバリューなど様々なポイントからアテンザを紹介します。

アテンザの価格が一番安いグレードは?

アテンザ20S

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

アテンザ 20S 2,829,600円

アテンザの中で一番安いグレードは、20Sです。一つ上のグレード20S プロアクティブと比べて129,600円安い設定です。

この20Sを最低限のオプションで購入すれば、新車で一番安くアテンザを買う事が出来ます。

ではいくらで買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

購入グレードアテンザ 20S
車両本体価格2,829,600円
装着オプションフロアマット
オプション金額
33,048円
諸費用・税金
248,920円
▲200,000円
支払総額
2,911,568円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください

オプションはフロアマットのみ、ナビも付けずに車両からの目標値引きを達成したと仮定して、支払総額は約291万円となりました。

フロアマットは、通販や店舗なら半額程度で購入できますので、さらに安くなります。

ナビは、カー用品店で購入すると安くなる事が多いです。

ただし、ポータブルナビのように、オンダッシュタイプしか取り付けできません。

一つ上のグレード20S プロアクティブなら約13万円価格が上がりますし、ディーゼルなら最も下位グレードのXDでも約41万円高くなります。

20Sは、リーズナブルな価格でアテンザに乗る事が出来ます。

アテンザ 20Sの価格は安くても省かれる装備も

価格の安いアテンザ 20Sですが、上位グレードの20S プロアクティブと比べると、その分省かれる装備があります。

まず、主要な安全性の装備がありません。

オプションの設定もないので、必要な場合は20S プロアクティブより上位のグレードを選ぶことになります。

安全性の装備では、前へ走行する時は自動ブレーキが作動します。バックする時は自動ブレーキをかけてくれません。

自動ブレーキ(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)

自動ブレーキ(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

バックする時に、先行車や歩行者を検知してブレーキを自動で制御します。

20Sは装着されません。

車線キープシステム(レーンキープ・アシスト・システム、車線逸脱警報システム)

フロントガラスに設置したカメラで走行車線を検知します。

不用意に車線を越えそうな時に警報が鳴ります。

ドライバーが車線変更する場合と区別されますので、運転疲れによる事故を防ぐことができそうです。

アダプティブ・LED・ヘッドライト

アダプティブは適応するという意味で、色々な運転状況を応じて自動でヘッドライトを切り替えてくれます。

対向車が来る度にドライバーがヘッドライトスイッチを切り替えるのは、意外と面倒です。

この装備はその面倒さを少なくし、夜間の視野が広がるメリットがあります。

例えば、街中などでゆっくりと走行している時は、幅広くライトを照らして歩行者を気付きやすくします。

高速道では、対向車へ迷惑にならないようしながら上向きにヘッドライトを上げて、遠くまで照らすようにします。

アテンザのディーゼル車で一番安いグレードは?

アテンザ XD

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

アテンザのディーゼル車で一番安いグレードは、XD AT車の3,240,000円です。

一つ上のグレードXD プロアクティブと比べて129,600円安い設定です。

アテンザXD 6速MT車の場合は、3,294,000円です。

300万円を越えるフラッグシップのモデルにマニュアルトランスミッションを採用しているのは非常に珍しく、走行性を楽しめるマツダならではの設定です。

また、MT車はFF 2WD車と4WD車のどちらも設定されています。4WDは237,600円高くなります。

アテンザの一番安いグレード「20S」でも標準で付いてくる最新装備は?

G ベクタリング コントロール

G ベクタリング コントロール

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

量産車としては世界初の技術です。

カーブを走行中に、車が外側へ膨らみにくくします。

姿勢もカーブの時に傾きにくいので安定感があります。

ドライバーよりも同乗している人の方が横揺れを少ないと感じやすく、疲労感が軽くなります。

交通標識認識システム

交通標識認識システム

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

速度や止まれの道路標識をカメラでとらえます。

この情報を、ドライバーの前方にあるディスプレイに表示して知らせてくれます。

うっかりミスの防止に役立ちます。

電動パーキングブレーキ

足で踏み込む、または手で上げ下げするレバー式とは違って、指先で軽く操作できる電動式です。

誤った操作にならないようにも配慮されています。

エネルギー回生システム (アイ・イーループ)

従来のニッケル水素電池やリチウムイオン電池と違って、キャパシターと呼ばれる蓄電装置を採用しています。

瞬時に電力を充電したり、エアコンなどにその電力を使える特徴を持ち、高燃費に効果的です。

アテンザの最上位グレードは?

アテンザ XD Lパッケージ 3,952,800円

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

アテンザ XD Lパッケージ 3,952,800円

アテンザの中で一番高いグレードは、XD Lパッケージです。

実際に値引きも含めてXD Lパッケージがいくらで買えるのか?

一般的なオプションを付けてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードアテンザ XD Lパッケージ
車両本体価格3,952,800円
メーカーオプションジェットブラックマイカ
CD/DVDプレーヤー
地上デジタルTVチューナー
メーカーオプション価格32,400円
ディーラーオプションアクリルバイザー
フロアマット(ラグジュアリー)
ナビゲーション用SDカードPLUS
ETC車載器
ディーラーオプション金額166,843円
諸費用・税金152,320円
車両値引き▲200,000円
オプション値引き(20%)▲33,000円
支払総額4,071,363円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください

選択するオプションによって総額は変わりますが、上記の仕様でアテンザ XD Lパッケージの総支払額は約407万円となりました。

オプションがフロアマットのみのアテンザ 20Sの総支払額と比べて、約116万円高くなりました。

アテンザXD Lパッケージで人気の装備は?

一つ下のXD プロアクティブとの差額は583,200円です。この差となっている装備を見てみましょう。

XD Lパッケージには以下の専用装備が付いてきます。

ナッパレザーシート

ナッパレザーシート

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

革製のシートです。一般的な本革より比較的柔らかく、肌触りが良いのでさらに質感が高くなります。

色は、ピュアホワイトとオリエンタルブラウンがあります。

電動リアウインドーサンシェード

電動リアウインドーサンシェード

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

真夏など、リアウインドーから入ってくる日射で後席が暑苦しくなる場面があります。

このような日射を少なくしてくれます。

このサンシェードは、ドライバーの後方視界を妨げません。

助手席6ウェイパワーシート

電動でシート位置を設定できます。

運転席は10ウェイパワーシートが標準装備されます。

リヤシートヒーター

後席の、中央を除く左右側を温めるヒーターです。

温度を3段階に調整できる機能も付いています。

寒い時期に同乗者にもやさしい装備です。

アルミホイール(高輝度塗装)

アルミホイール(高輝度塗装)

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

デザインはXD プロアクティブと同じですが、輝度を高くなるように加工したアルミホイールです。

他のグレードより重厚で上質なイメージになります。

続いて、XD Lパッケージに標準で装着される主な装備を見てみましょう。

XD プロアクティブではオプション設定なので、この装備でも差が出ています。

ステアリングヒーター

ステアリングヒーター

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

ステアリングホイールの内部にヒーターを内蔵しています。

素早く温めてくれますので、寒い季節では重宝します。

運転席10ウェイパワーシート

運転席10ウェイパワーシート

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

電動で細かくシート位置を設定できます。

メモリー機能がついていますので、一度セットしたシート位置へボタン一つで動かしてくれます。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイの角度調節も連動します。

XD プロアクティブでは、レバーを使ったマニュアル式です。

運転席&助手席シートヒーター

シートクッションとシートバックの部分を素早く温めます。

冬場は、一度使うと手放せなくなりそうです。

エアコンと違って体に直接触れますので、すぐに温まります。

サウンドシステム

サウンドシステム

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

音響メーカーのボーズ社と共同開発された専用システムです。

サラウンド再生できるアンプと11チャンネルのスピーカーによって臨場感ある音を体感できます。

このように、専用装備に加えて標準で装着される装備が盛りだくさんです。

最上位の上質なアテンザに乗る場合に、プラス58万円分の価値は十分にあると思います。

XD Lパッケージでもオプションの装備とは?

アテンザの最上位グレードでもオプションとなる装備があります。

電動スライドガラスサンルーフ

電動スライドガラスサンルーフ

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

チルトアップ機能が付いていますので、室内を換気する時は便利です。

特に高速で走行している時は、サイドガラスを開けるより風切り音が非常に少なく、会話を妨げません。

360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)

自分のクルマを上空から見下ろしたような視界が得られ、縦列駐車や狭い路地の通行などに役立ちます。

フロントパーキングセンサーとセットのメーカーオプション設定です。

DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー

マツダ純正のセンターディスプレイを使って、DVDやテレビを見るために必要となります。

ガソリン車で一番高いグレードは?

アテンザ25S Lパッケージ

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

アテンザ 25S Lパッケージ 3,542,400円

ガソリン車で一番高いグレードは、25S Lパッケージです。

一つ下のグレードの20S プロアクティブよりも583,200円高くなっています。

エンジンの2.0リットルと2.5リットルの差と、バックする時の自動ブレーキやクルーズコントロールなどの装備によるものです。

アテンザの燃費が一番良いグレードは?

アテンザXD / XD プロアクティブ / XD Lパッケージ セダン 6速 MT車 19.6km/L

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

アテンザXD / XD プロアクティブ / XD Lパッケージ セダン 6速 MT車 19.6km/L

アテンザで一番燃費が良いグレードは、セダンのディーゼル車 XD / XD プロアクティブ / XD Lパッケージです。

6速マニュアルトランスミッションでカタログ燃費はいずれも19.6km/Lとなっています。

メーカー発表のカタログ燃費は、実際にユーザーが走行した燃費と異なる場合があります。

ユーザーが燃費性能でまず気になるのは、実際に走行した実燃費でしょう。

アテンザ XD / XD プロアクティブ / XD Lパッケージ セダン 6速 MT車の平均実燃費は、約17.6km/Lです。

街中のゴーストップが多い場面では13.0km/L、流れの良いバイパス道や信号の少ない郊外の幹線道路は19.4km/Lです。

高速道路などでは、20km/Lを超える実燃費が可能です。

なお、AT車の平均実燃費は15.4km/Lです。

軽油ですので燃料費がガソリンより1リットル当たり約15円安く、維持費が比較的抑えられます。

アテンザ ディーゼル車 MTは軽油満タンで何キロ走る?

アテンザ ディーゼル車の燃料タンクは62Lです。

アテンザの取り扱い説明書では残り9Lになると残量警告灯が点灯するので、ガソリン残量5Lまで走行したと仮定します。

すると、57Lで走行できる距離は、

57L×実燃費17.6km/L=1003km

アテンザ ディーゼル車 MTは、満タンでおよそ1003km走る計算になります。

高速道路なら20km/Lを超えるくらいまで実燃費が上がるので、無給油で東京~京都間を往復できる計算です。

AT車では、満タンで走行できる距離は878kmです。

ガソリン車で一番燃費が良いグレードは?

アテンザ 20S / 20S プロアクティブ AT車 16.6km/L

アテンザのガソリン車で、一番燃費の良いグレードは20S / 20S プロアクティブ AT車で、その平均実燃費は13.8km/Lです。

ディーゼル車より劣りますが、フラッグシップのモデルとしても十分優秀な実燃費と言っていいでしょう。

アテンザの燃費が一番悪いグレードは?

アテンザ 25S Lパッケージ AT車 14.8km/L

アテンザの中で一番燃費の悪いグレードは、25S Lパッケージ AT車です。

エンジンの排気量が2.5リットルと大きいため、燃費が落ちるようです。

アテンザ 25S Lパッケージのガソリン満タンで走れる走行距離は?

アテンザ 25S Lパッケージの平均実燃費は、11.1km/Lです。

ガソリンタンクは62Lなので、タンク内に5L残すまで走行した場合、57Lで走れる距離632㎞が満タンで走れる走行距離となります。

57L×11.1km/L=632㎞

自動ブレーキのあるグレードは?

すべてのグレードに標準装備

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

すべてのグレードに標準装備となっています。

AT車の誤発進を抑制する装備とセットになります。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
※ディーゼルのMT車には、夜間歩行者検知機能が付いていません。

約4~80km/hの走行中に検知します。

カメラがフロントガラスに設置されていて、車や歩行者を検知し自動でブレーキを制御します。

AT車 誤発進抑制(前進&後進時)

AT車では、超音波センサーやカメラを使ってペダルの踏み間違いなど誤って発進することを抑制してくれます。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール

※XD、20Sにはついていません。

※ディーゼル車のMT車には、全車速追従機能が付いていません。

ミリ波レーダーを使って、前の車との車間距離をキープしながら追従して走行します。

約30~100km/hの範囲で作動します。車間距離を保つので、疲労が少なくなります。

スマート・ブレーキ・サポート

※XD、20Sにはついていません。

カメラとミリ波レーダーを搭載しています。

前方の障害物を検知して、自動ブレーキを作動します。

ドライバー・アテンション・アラート

ドライバーのフラツキなどがあると、警報を鳴らします。

安全運転に役立ちます。

スマート・シティ・ブレーキ・サポート (後進時)

ゆっくりとバックする時に、超音波センサーで検知して、自動ブレーキをかけてくれます。

駐車する時に便利です。

アテンザのスポーツ/エアロタイプのグレードは?

おススメはMAZDA SPEED のエアロパーツ

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

アテンザには、スポーツグレードや標準でエアロパーツが付いているグレードの設定はありません。

スポーティな外観としたい場合は、オプションを装着する事になります。

おススメはMAZDA SPEED のエアロパーツです。

よりスポーツ感が強くなり、見た目の印象がガラリと変わります。

さらに純正以外にも、ケンスタイルからエアロパーツが発売されています。

フロントアンダースカート、リアアンダースカートなど、様々なパーツが揃っています。

他にもケンスタイルやダムドのアクセサリーが、マツダのディーラーで買うことができます。

アテンザのエコカー減税額が一番多いグレードは?

アテンザのグレードの中で一番エコカー減税額が多いのは、アテンザ XD Lパッケージの4WD車です。

  • 自動車重量税 免税(▲30,000円)
  • 自動車取得税 免税(▲104,700円)
    エコカー減税合計 134,700円

アテンザ XD Lパッケージ 4WD車では、134,700円が減税されます。

ガソリン車はグレードや装着オプションによって減税額が変わったり、対象外となったりする場合があります。

また、ガソリン車はエコカー減税の対象外となっても、経過措置として本則税率が適用されます。

クリーンディーゼル補助金(平成28年度クリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金)は、アテンザのディーゼル車全グレードが対象です。

アテンザの売れ筋のグレードは?

アテンザの売れ筋のグレード

※アテンザの画像 出典mazda.co.jp

アテンザ XD Lパッケージ 3,952,800円

アテンザ XD 3,240,000円

アテンザの売れ筋グレードは、最上位グレードのXD Lパッケージです。

すべてのグレードのうち、およそ半分を占めています。

安全性システムや快適装備を満載していますので、満足感と充実感があります。

上記に購入シミュレーションがあります。

次に人気のあるグレードは、XDです。

XDは約20%を占めています。

XD Lパッケージと合わせると、約70%になります。

マツダは、ディーゼルエンジンをより身近な車へ普及させてきたためか、さすが売れ筋になっています。

エンジンはXD Lパッケージと同じなので、ディーゼルならではの加速性と高い燃費を合わせ持っています。

XDにオプション装備を付ければ、自分に合ったアテンザを購入することができます。

アテンザ XDはいくらで買える?

では、アテンザ XDはいくらで買えるのか?

値引きも含めてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードアテンザ XD
車両本体価格3,175,200円
メーカーオプションソウルレッドクリスタルメタリック
CD/DVDプレーヤー
地上デジタルTVチューナー
メーカーオプション価格108,000円
ディーラーオプションアクリルバイザー
フロアマット(ラグジュアリー)
ナビゲーション用SDカードPLUS
ETC2.0車載器
ディーラーオプション金額168,117円
諸費用・税金152,320円
車両値引き▲200,000円
オプション値引き(20%)▲34,000円
支払総額3,369,637円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください

選択するオプションによって総額は変わりますが、上記の仕様でアテンザ XDの総支払額は約337万円となりました。

ソウルレッドクリスタルメタリックは特別色です。メーカーオプション価格に75,600円が含まれています。

ディーゼル車のXDとガソリン車の20Sの価格差は410,400円で、装備はほぼ同じです。

ディーゼルの加速感がいいか、購入価格を抑えガソリン車にするか、どちらを優先するかによってくるでしょう。

加速などの走行性をあまりポイントとしない場合は、ガソリン車の方が購入額と維持費のトータルで安くなります。

買取相場から見るアテンザのおすすめのグレードは?

グレードによって、アテンザの買取相場の割合(リセールバリュー)は変わってきます。

ここでは、アテンザの各グレードのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

新車から3年経過後のアテンザのリセールバリューは?

新車から3年落ちのアテンザの各グレードのリセールバリューです。

グレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー
20S161万円282.9万円56.9%
20Sプロアクティブ163万円295.9万円55.1%
25S Lパッケージ188万円354.2万円53.0%
XD198万円324.0万円61.1%
XDプロアクティブ198万円336.9万円58.7%
XD Lパッケージ218万円395.2万円55.1%

アテンザのリセールは、ガソリン車もディーゼルもほぼ同等のリセール割合となりました。

どちらも価格の安いグレードの方が、リセール割合が高くなっています。

3年後のリセールバリューから見るアテンザのおすすめグレードは?

リセールバリューから見るアテンザのおすすめグレードは、ガソリン車なら「20S」、ディーゼルなら「XD」がおススメです。

必要であればプロアクティブを選んでもリセールは変わらないでしょう。

価格の高いグレードよりも、低いグレードの方がリセールバリューが良いので、売却時の損失金額がさらに少なくなります。

2500ccモデルは、2000ccモデルやディーゼルよりもリセールは下がってしまいます。

売却時に高く売れるアテンザのボディカラーと装備は?

売却時にアテンザを高く売りたいなら、ボディカラーは「スノーフレイクホワイトパールマイカ」、「ジェットブラックマイカ」、「ソウルレッドクリスタルメタリック」がおすすめです。

これら3色は他の色と比べて、15~20万円以上高く売れるでしょう。

メーカーオプションで電動スライドガラスサンルーフが付けられるグレードなら、付けておいて損はありません。

場合によっては、オプション価格以上のプラス査定が期待できます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

アテンザの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアテンザ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアテンザを限界値引きで購入しています。

今月のアテンザの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アテンザ値引き交渉マニュアル

-マツダ6の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.