マツダ6の評価集

マツダ アテンザの走りはどんな感じ?

アテンザの走りはどんな感じ?

マツダから製造されている中型乗用車がアテンザで、欧州車的なテイストが大きな特徴となっております。

大型化したボディを持ちながら走行性能が非常に高く、使い勝手の良い一台なのではないでしょうか。

以下では、アテンザが持ち合わせている走行性能についてまとめてみたので、一度確認してみてください。

  • 理想的な空気の流れを維持するために空力グランドラインで空力性能を造り込んでいる
  • アンダーボディで気流をスムーズに後方へと導くことで走行安定性や燃費性能が向上している
  • フロントタイヤの位置を前方に移動させることでアクセルとブレーキの両方を正確に操作できる
  • i-ELOOP(アイ・イーループ)の搭載によってエンジン動力が少なくなり、走りの性能が格段に向上している
  • ガソリンエンジン車は約0.35秒、ディーゼルエンジン車は約0.40秒とスムーズな加速が可能
  • インテリジェントドライブマスターの搭載で運転中の無駄をできる限り抑えて快適な走りが実現できる
  • 「SPORTモード」へと切り替えることで俊敏に加速できる

上記のように、マツダのアテンザは卓越した走行性能を持っており、試乗した方の評価も非常に高くなっております。

ボディが大きいので使い勝手が悪いのではないかと感じる方は多いものの、見た目とは違ってコンパクトな走りを見せてくれるのがアテンザのメリットです。

アテンザの走り具合はどのように評価されているの?

アテンザの走り具合や走行性能に関してどのように評価されているのか、以下では口コミをまとめてみました。

  • 格好良さだけではなく低燃費や快適さを考慮しているところが気に入っている
  • エンジンもハンドリングも素晴らしいと感じた
  • 新型アテンザは走りの安定性にも気を配っている一台だと思った
  • 無駄な動きがなく300万円台とコストパフォーマンスはそれなりに良い
  • コーナーは程良くロールして踏ん張ってくれる
  • 次のアテンザは積載量を落としてもFR化して欲しいと思った
  • 高速道路では1リットル当たり平均して16kmだったから満足
  • 雨の日でも特に問題なく走れると思う

マツダのアテンザは上記のような評価を得ており、走り具合に不満を覚えている方は少ないのではないでしょうか。

新型になって空力性能や走行性能など全てが進化しており、どんな用途でも満足できる一台になりました。

高級感のある見た目も人気を得ている理由の一つで、アテンザに乗っていれば楽しく毎日の運転ができるはずです。

アテンザを安く買うなら、当サイトのアテンザ値引き交渉マニュアルをご参考ください!

アテンザのエンジンスペック

アテンザのエンジン・ガソリン/ディーゼル

※アテンザ 出典mazda.co.jp

マツダ発表のアテンザのエンジンスペックです。

【スカイアクティブD2.2】
型式:SH-VPTR(ディーゼル)
排気量:2,188㏄
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
ボア×ストローク:86.0㎜×94.2㎜
圧縮比:14.4最高出力:140kw(190ps)/4,500rpm
最大トルク450N・m(45.9kgf・m)/2,000rpm
燃料供給装置:電子式(コモンレール)
使用燃料/タンク容量:軽油/FF62ℓ・4WD52ℓ
燃費:17.0~19.6㎞/ℓ(カタログ値・WLTCモード)

【スカイアクティブG2.0】
型式:PE-VPR(ガソリン)
排気量:1,997㏄
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
ボア×ストローク:83.5㎜×91.2㎜
圧縮比:13.0
最高出力:115kw(156ps)/6,000rpm
最大トルク199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpm
燃料供給装置:筒内直接噴射(DI)
使用燃料/タンク容量:無鉛レギュラーガソリン/62ℓ
燃費:15.0㎞/ℓ(カタログ値・WLTCモード)

【スカイアクティブG2.5】
型式:PY-RPR(ガソリン)
排気量:2,4887㏄
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
ボア×ストローク:89.0㎜×100.0㎜
圧縮比:13.0
最高出力:140kw(190ps)/6,000rpm
最大トルク:252N・m(25.7kgf・m)/4,000rpm
燃料供給装置:筒内直接噴射(DI)
使用燃料/タンク容量:無鉛レギュラーガソリン/62ℓ
燃費:14.2㎞/ℓ(カタログ値・WLTCモード)

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

アテンザの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのアテンザ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がアテンザを限界値引きで購入しています。

今月のアテンザの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>アテンザ値引き交渉マニュアル

-マツダ6の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.