アクセラの値引き

総額はいくら?アクセラスポーツ 15Sの値引きと総価格をシミュレーション

※アクセラ:mazda.co.jp

アクセラスポーツの中でもディーゼルに負けず劣らずの根強い人気がある、ガソリン車のアクセラスポーツ15Sの値引きを含んだ総価格をシミュレーションしています。

また、他グレードとの装備比較やライバル車との比較、実燃費やリセールバリューなど、アクセラスポーツ15Sを購入するなら参考にしてみて下さい。

売れ筋人気グレードのアクセラスポーツ 15Sを他のグレードと比較

グレード名アクセラスポーツ 15Sアクセラスポーツ 15C
価格比較1,922,400円1,760,400円
15Cとの価格差+162,000円
装備比較16インチアルミホイール
16インチアルミホイール
16インチスチールホイール
(フルホイールキャップ付)
16インチスチールホイール
自動ブレーキ/AT誤発進抑制制御自動ブレーキ/AT誤発進抑制制御なし
本革巻きステアリングホイール&シフトノブ
本革巻きステアリングホイール&シフトノブ
ウレタン製ステアリングホイール
ウレタン製ステアリングホイール
6スピーカー4スピーカー
定速型クルーズコントロール(MOP)
定速型クルーズコントロール(MOP)
定速型クルーズコントロールなし
フルオートエアコン
フルオートエアコン
マニュアルエアコン
スマートキー&プッシュスタート
スマートキー&プッシュスタート
キーレス&プッシュスタート
ハロゲンヘッドランプ
(LEDヘッドランプはMOP)
ハロゲンヘッドランプ
ハロゲンヘッドランプ
(LEDヘッドランプ設定なし)
電動格納式ドアミラー電動格納式ドアミラー
皮革調メーターフードトリムカーボン調メーターフードトリム

※MOP(メーカーオプション)

アクセラスポーツ15Sと15Cとの装備比較です。

15Sの方が16.2万円高いですが、その分装備が充実しています。

16インチアルミホイールや自動ブレーキ、本革巻きステアリング、6スピーカー、オートエアコン、スマートキー、内装加飾など、価格差以上の装備がアクセラスポーツ15Sには付いています。

15Sの上には15Sプロアクティブがありますが、装備的には15Sでも十分なので、ガソリン車の中ではアクセラスポーツ15Sが売れ筋グレードと言う事が分かります。

アクセラスポーツ 15Sのエクステリア

アクセラスポーツ 15Sのエクステリア前面

アクセラスポーツ15Sのエクステリアです。

フロントノーズが長く見え、まるでFRのようなフォルムが印象的です。

フロントフェンダーが盛り上がっているように見えるキャラクターラインが、いかにも走るぞと思わせる躍動感あるイメージになっています。

サイドガラス下のベルトラインが、一旦下がりながら後ろに行くにしたがって少しずつラインが上がっています。

停車していても走っているかのようなダイナミックなデザインですね。

アクセラスポーツ 15Sのエクステリア後面

アクセラスポーツ15Sのリアデザインです。

フロントの躍動感あるデザインをリアでしっかりと受け止めて、自由自在にコントロールされていそうな、安定感を感じます。

ハッチバックスタイルですが、リアバンパーに厚みを持たせる事で重心が低く見えています。

ルーフからリアハッチに掛けてなだらかに傾斜しているラインと、競り上がったベルトライン、サイド下部のキャラクターラインと融合することで、とてもグラマラスなリアフォルムとなっています。

アクセラスポーツ 15Sのインテリア

アクセラスポーツ 15Sのインテリア

アクセラスポーツ15Sのインテリアです。

昔のマツダ車に比べて、鼓動デザインとなってからは、マツダ車の内装の質感はアップしています。

アクセラスポーツ15Sの内装も同様で、各パネル類のデザインにも凝っていて、配色も繊細かつ大胆に分けています。

スイッチ類やメーター類はオーソドックスな位置で見やすく、操作しやすくなっています。

シルバー塗装やピアノブラック加飾、クロームメッキドアハンドルなど、1つ1つの質感は高くなっています。

ダッシュボードも変に光っていません。高級感のあるソフトパッド等ではありませんが、シボ処理されていて見た目の質感は悪くありませんね。

車内空間

アクセラスポーツ15Sの内装色はブラックのみです。

シート生地もブラックで、インテリアのブラックとクロームメッキやシルバー塗装との相性もバッチリですね。ピラーからルーフに掛けてのクールグレーの内装パネルも、ブラックとのマッチングでフィットしています。

シート生地は、ファブリック

アクセラスポーツ15Sのシート生地は、ファブリックです。

座面と背面は通気性に優れており、体圧を分散する形状なので、長距離ドライブでの疲労感も少なくなるでしょう。

アクセラスポーツ 15Sの実燃費は?

アクセラスポーツ 15Sの平均実燃費 13.9km/L

アクセラスポーツ 15Sのカタログ燃費は20.4km/Lです。

渋滞が発生する市街地での実燃費は、8-10km/L辺りまで落ちてしまうでしょう。

信号の少ない郊外の道や流れの良い国道などでは、14-16km/Lまで伸びてきます。高速道路では、15-17km/Lまで実燃費が伸びるでしょう。

アクセラスポーツ 15Sを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

アクセラスポーツ 15Sを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

アクセラスポーツ 15Sインプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイトカローラフィールダー 1.5G
1,922,400円1,922,400円1,922,400円
インプレッサスポーツに対して
+-0円
----
カローラフィールダーに対して
+-0円
----
1500cc1600cc1500cc
16インチアルミホイール16インチアルミホイール15インチスチールホイール
定速型クルーズコントロール
(MOP)
追従型クルーズコントロール定速型クルーズコントロールなし
本革巻きステアリングホイール&シフトノブウレタン製ステアリングホイールウレタン製ステアリングホイール(シルバー塗装)
6スピーカー4スピーカー4スピーカー
助手席シートバックポケット
(DOP)
助手席シートバックポケット助手席シートバックポケット
フルオートエアコンフルオートエアコンオートエアコン&プッシュ式ヒーターコントロール
ナノイーなしナノイーなしナノイー
電動格納式ドアミラー電動格納式ドアミラーオート電動格納式ドアミラー(ヒーター付)
スマートキー&プッシュスタートキーレスエントリー
(スマートキー&プッシュスタートはMOP)
キーレスエントリー
(スマートキー&プッシュスタートはMOP)
ハロゲンヘッドランプ
(LEDヘッドランプはMOP)
ハロゲンヘッドランプ
(LEDヘッドランプはMOP)
ハロゲンヘッドランプ
(LEDヘッドランプはMOP)
自動ブレーキ自動ブレーキ自動ブレーキ

※MOP(メーカーオプション)

※DOP(ディーラーオプション)

アクセラスポーツ15Sの他社の最大のライバル車は、スバルのインプレッサスポーツ1.6i-Lアイサイトと言っても過言ではないでしょう。アクセラスポーツ15Sの値引き交渉でライバル車を引き合いに出すなら、インプレッサスポーツが適役です。

新車価格はアクセラスポーツ15Sとインプレッサスポーツ1.6i-Lと全く同じです。

しかし標準装備に限ってみると、アイサイトが標準装備の分、追従型クルーズコントロールや車線逸脱警報、オートハイビームが付いてくるインプレッサスポーツの方に分があると言えます。

「アイサイトが標準のインプレッサスポーツの方が装備が良い。アクセラを同等の装備にしてインプレッサよりも安くなるなら、アクセラスポーツに決めたい」とやると効果的でしょう。

メーカーオプションやディーラーオプションでインプレッサスポーツよりも少し高くなるように調整するのがコツです。値引きを含んだインプレッサスポーツの総支払額をマツダのセールスさんにぶつけましょう。

ステーションワゴンのカローラフィールダーとは、少し系統が違いますが価格帯が同じことからアクセラスポーツ15Sと競合出来ます。

アルミホイールや本革巻きステアリングなどアクセラスポーツ15Sの方が装備が良いですが、カローラフィールダー1.5Gにはキーレスエントリーが標準で付いています。大きな差は無いので、使用用途で迷っていると商談しましょう。

「デザイン的にはアクセラスポーツだが、荷物の積めるフィールダーも捨てがたくて迷っている。ただ、予算的に出来るだけ安く買いたいので、安くしてくれた方から買いたい」とやって、フィールダーの総額をマツダにぶつけてアクセラスポーツ15Sの値引きを引き出しましょう。

アクセラスポーツ 15Sのリセールバリューは?

アクセラスポーツ15Sを購入したら、売る時にはいくらになるのか、気になる部分ではないでしょうか。

ここでは新車から3年経過後のアクセラスポーツ15Sのリセールバリューを調べてみました。

新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名新車価格買取相場新車価格に対してのリセールバリュー差額
15C176.0万円120万円68.1%56.0万円
15S192.2万円143万円74.4%49.2万円
15S(4WD)213.8万円155万円72.4%58.8万円
2.2XDディーゼル306.7万円178万円58.0%128.7万円

3年落ちアクセラスポーツ15Sのリセールバリューは、当時の新車価格に対して74.4%となっています。

アクセラスポーツのグレードの中でも、高いリセールとなっています。

2.2XDのリセールが低いですが、新車価格が高いため思ったのほどのリセールにはなっていません。新車価格が安い現行の1.5XDならもう少し高いリセールバリューとなるでしょう。

アクセラスポーツ15Sの5年後のリセールバリューは、途中でフルモデルチェンジが入れば40~50%、現行モデルのままなら、50~60%で推移していくでしょう。

アクセラスポーツ 15Sの値引き後の総支払額は?

アクセラスポーツ 15Sの値引き後の総支払額は?

アクセラスポーツ 15Sの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのアクセラスポーツ 15S新車値引き見積もり

グレード名アクセラスポーツ 15S
車両本体価格1,922,400円
(メーカーOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(ディーラーOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用198,530円
目標値引き▲180,000円
オプション値引き--
支払総額1,940,930円

オプションを全く付けない状態のアクセラスポーツ 15Sの見積もりは、値引きを含んで1,940,930円でした。

オプションを付けないのは現実的ではないので、純正オプションよりも安く収まる社外品の価格を調べてみました。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット9,980円(スタンダード)25,714円(デラックスタイプ)
ドアバイザー7,344円22,629円(標準タイプ)
ナビゲーション90,010円(ケンウッド彩速 9型)48,600円(ナビ用SDカードプラス)
革調シートカバー25,000円~なし

フロアマットやドアバイザーなら、純正オプションの半額以下で購入できますね。

フロアマットは自分でも簡単に取り付けられるので、ネット通販で安く購入して付ければ、オプション代金を節約できます。

自分で付けられない物なら、ディーラーで持ち込みで付けてもらうと良いでしょう。

おススメは新車契約時に、工賃サービスか割引を条件にして契約する事です。

新車の値引き交渉に、持ち込みでの取り付けと工賃をサービス又は割引を条件に入れて、契約できれば、アクセラスポーツ15Sのオプションをかなり割安で付ける事が出来るでしょう。

上記の社外品は、楽天市場で購入できます。

おすすめオプションを含んだアクセラスポーツ 15S新車値引き見積もり

おすすめオプションを含んだアクセラスポーツ 15S新車値引き見積もり

グレード名アクセラスポーツ 15S
車両本体価格1,922,400円
(メーカーOP品名)スノーフレイクホワイトパールマイカ、LEDパッケージ&CD・DVDプレーヤー&地デジチューナー
メーカーオプション価格129,600円
(ディーラーOP品名)ナビ用SDカードプラス、ETC2.0ユニット(ナビ連動タイプ)、バックガイドモニター、ドライブレコーダー、サイドバイザー、フロアマット(デラックスタイプ)、オートリトラミラー
ディーラーオプション価格236,654円(工賃込み)
諸費用201,730円
目標値引き▲180,000円
オプション値引き▲47,330円
支払総額2,263,054円

メーカーオプションには、売却時にプラス査定が見込めるホワイトパールと、クルーズコントロールやブラインドスポットモニタリング、オートライトシステムなどがセットになったLEDパッケージCD/DVDプレーヤー+地デジチューナーを選んでいます。

ディーラーオプションには、ナビ用SDカードプラス、交通情報と高速代が若干安くなるETC2.0、駐車時に便利なバックモニター、もしもの時に映像を残せるドライブレコーダー、ドアの施錠開錠でドアミラーが自動で開閉するオートリトラミラーなどおすすめオプションを選んでいます。

以上のオプションと諸費用、車両値引きとオプション値引きをすべて含んだアクセラスポーツ15Sの総価格は、2,263,054円となりました。

アクセラスポーツ 15Sの値引き実例は?

アクセラスポーツ 15Sの値引き実例は?

現行型アクセラスポーツ 15Sは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

購入時期グレード名値引き額
2016年12月アクセラセダン 15S29.9万円
2015年9月アクセラ 15S32.0万円
2014年6月アクセラスポーツ 15S18.6万円
2014年3月アクセラスポーツ 15S 4WD23.0万円
2013年12月アクセラスポーツ 15S19.9万円

フルモデルチェンジ後しばらくは10万円台~20万円を超える位の値引きでしたが、最近では20万円台後半から30万円を超える値引きが出ています。

上記は、付属品からの値引きを含んだ値引きの総額です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

マツダ3の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのマツダ3値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がマツダ3を限界値引きで購入しています。

今月のマツダ3の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>マツダ3値引き交渉マニュアル

-アクセラの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.