マツダ3の評価集

マツダ アクセラの乗り心地と静粛性は?

アクセラスポーツやアクセラ15Sの乗り心地が悪いのか改善されたのか、気になる方は多いかもしれません。

そこで、以下ではアクセラの乗り心地や走行安定性に関する口コミをまとめてみたので、一度参考にしてみてください。

  • 穏やかなアクセル特性で軽快に走り出してくれるところが気に入っている
  • 初代アテンザの突き上げ感を少し軽減したような感じだった
  • サスペンションは少々固めだけど乗り心地はそれなりに良かった
  • 粗さはなく密度感を持たせているから乗りやすい
  • 路面の凸凹を意外と拾うから気になる人は多いような気がする
  • 素直なハンドリングなので「人馬一体」と販売されているのに嘘は無い
  • 段差のショックは特に気にならないがロードノイズをどうにかして対策したい
  • 足回りが柔らかくこの車種の性格にはピッタリな気がした

乗り心地に関する意見は分かれておりますが、著しく悪いと感じている方は少ないようです。

ゆっくりと加速を繰り返してスピードを上げられますし、街乗りでも高速道路でも満足度は高いかもしれません。

アクセラの後部座席の乗り心地は向上したの?

アクセラは後部座席が少々狭いという口コミがありました。

乗り心地は全体的に向上していても後部座席に関しては少々微妙なようで、ファミリー用として使う際には不満を抱えるかもしれません。

しかし、「長時間に渡って乗っていても疲れない」「後部座席に乗っている人から評判」という意見もあったので、個人の感覚によって異なるようです。

「ミニバンのような広さの自動車に乗りたい」という方には、マツダのアクセラは適していないような気がします。

新型アクセラの静粛性について

新型アクセラになった走行性能がアップし、より乗りやすくて使いやすい一台となりました。

そこで、「静粛性の方はどのように変化したのか?」という疑問を抱えている方は多いはずです。

以下では、新型アクセラの静粛性に関する口コミをまとめてみたので、是非一度参考にしてみてください。

  • エンジン音もロードノイズもそれなりにあるような気がする
  • アクセラに試乗してみたがつまらないくらい静かだった
  • デザインの素晴らしさは分かるが静粛性に関してはイマイチだった
  • ノーマル20Sもそれなりに静かになっている感じはある
  • 静音シート系を使用してもそこまで大きな効果はない
  • 静粛性は先代よりも凌駕しているが他の車種と比べると微妙かもしれない

アクセラは旧型よりも新型の方が静かという意見が多かったものの、ロードノイズが気になっているという方はいらっしゃいました。

エンジン音が煩いわけではありませんが、全ての人が静かで快適だと感じているわけではなさそうです。

アクセラを安く買うなら、当サイトのアクセラ値引き交渉マニュアルをご参考ください!

アクセラの乗り心地に効く足回り

アクセラの乗り心地に効く足回り

※アクセラ 出典mazda.co.jp

メーカー発表のアクセラ足回りのスペックです。

Fブレーキ ベンチレーテッドディスク
Rブレーキ ディスク
Fサスペンション マクファーソンストラット式
Rサスペンション マルチリンク式
Fスタビライザー --
タイヤサイズ 215/45R18 205/60R16

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

マツダ3の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのマツダ3値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がマツダ3を限界値引きで購入しています。

今月のマツダ3の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>マツダ3値引き交渉マニュアル

-マツダ3の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.