キャストの評価集

キャストの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

投稿日:

アイキャッチ画像

※キャスト:daihatsu.co.jp

ダイハツの軽クロスオーバーSUV「キャスト」は、好みで選べる3つのデザインラインや軽量高剛性なDモノコックボディ、加速性能をアップさせるDアシスト、最新の安全運転支援システム「スマアシⅢ」の採用など、魅力溢れるモデルとなっています。

また、クロスオーバーSUVだけあって勿論4WD車も設定されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底評価します!

キャストの4WDグレードの価格は?

売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

キャストのデザインラインは「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」の3タイプがありますが、当サイト独自の調査によると、売れ筋4WDグレードはアクティバのNAエンジン搭載上級グレード「G SAⅢ」となっています。

価格を同一グレードの2WD車と比較すると、12万4,200円高く設定されています。

キャストアクティバ G SA Ⅲ 2WD 1,414,800円

キャストアクティバ G SA Ⅲ 4WD 1,544,400円

2WD車との価格差は、軽自動車としては平均よりやや大きい程度です。

4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ボディスペック

スペック
キャストアクティバ G SA Ⅲ 2WD キャストアクティバ G SA Ⅲ 4WD
全高(mm) 1,630
1,630
最低地上高(mm) 180 180
車両重量(kg) 840
890

ボディサイズは4WD車も2WD車も違いはないものの、車両重量は4WD車の方が50kg重くなっています。

パワートレイン

CVTの最終減速比は2WD車が4.800であるのに対し、4WD車が5.105とローギアードになっています。

これは車両重量増加に対応するためと、駆動力を高めるためと思われます。

メカニズム

リア・サスペンションは、4WD車が3リンク式でスタビライザー無し、2WD車はトーションビーム式+スタビライザー付きとなっています。

装備

4WD車のみに、

  • 鏡面の凍結を溶かして視界を確保するヒーテッドドアミラー
  • ワイパーが凍結により動かなくなることを防ぐウインドシールドデアイサー
  • 後席に温風を導くリヤヒーターダクト、滑り易い下り坂でブレーキ操作無しに一定の低速を維持できる「ダウンヒルアシストコントロール」
  • タイヤのスリップを制御して滑り易い路面での発進・加速をサポートする「グリップサポート制御」

が備わります。

ウィンドシールドディアイサー

いずれも、雪国で使用する際に有難味の大きい装備です。

キャストとライバル車との価格差は?

キャスト4WDの最大のライバル車は?

スズキ ハスラー

キャストの最大のライバル車は、「スズキ・ハスラー」です。

キャストのG SAⅢと競合するグレードは、同じくNAエンジンを搭載する最上級グレード「X」が該当するでしょう。

価格は、キャスト・G SAⅢの153万9,000円に対し、ハスラー・Xは4万8,600円高い158万7,600円となっています。

 パワートレインの違いは?

エンジンの最高出力はキャスト、ハスラーとも52psですが、最大トルクはキャストが6.1kgm、ハスラーが6.4kmgと若干差があります。

スペック
キャストアクティバ G SA Ⅲ 4WD

ハスラーX 4WD

最高出力(ps) 52
52
モーター -- 2.2
最大トルク(kgm) 6.1 6.4
モーター -- 4.1
車両重量(kg) 890
850

さらに、ハスラーはモーターのアシストが付く上に車両重量が40kg軽いので、動力性能面ではキャストはやや不利になっています。

装備の差は?

キャストに付いてハスラーには付かない装備には、明るく消費電力の少ないLEDヘッドランプ&ストップランプや、ウインドシールドデアイサーなどがあります。

逆にハスラーについてキャストに付かない装備には、運転席と助手席の座面を温めるシートヒーターや、アイドリングストップ時にもエアコンから冷風が出る「エコクール」などがあります。

快適性という面では、ハスラーが一歩リードしていると言えるでしょう。

キャスト・4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費との差は?

キャスト・G SAⅢの4WD車の燃費性能は、カタログ燃費(JC08モード)が26.8km/Lであるのに対し、当サイトの調査による実燃費は16.8km/Lとなっています。

達成率は62.7%で、カタログ燃費との乖離はかなり大きい方です。

2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるキャスト・G SAⅢの2WD車の実燃費は19.5km/Lなので、4WD車は2.7km/L劣っています。

カタログ燃費の差が3.2km/Lなので、妥当な結果です。

ライバル車との実燃費の差は?

ハスラー・Xの4WD車の実燃費は、当サイトの調査によると17.4km/Lなので、キャストの方が0.6km/L劣っています。

カタログ燃費の差が3.6km/Lあることを考えると、キャストは健闘していると言えます。

キャスト・4WD車の雪道の走行性能は?

キャストの4WDはどんなシステム?

キャスト4WDの概要

キャストに採用されている4WDシステムは、他のダイハツ製軽自動車と同様、ビスカスカップリングを用いたパッシブオンデマンド式です。

2WDと4WDを切り替えるスイッチはありません。

キャスト4WDの制御

滑りにくい乾燥路などでは前輪駆動で走行し、雪道などの滑り易い路面で前輪にスリップが生じると、ビスカスカップリングの働きで後輪にトルクが配分されます。

前後輪のトルク配分は、路面の状況に応じ100:0から直結(50:50)の範囲で連続的に可変します。

キャスト・4WD車の雪道での実際の走行性能は?

キャスト4WDの発進・加速時

滑り易い雪道で発進する際も、前輪がほとんどホイールスピンすることなくスムーズに発進することができます。

ビスカスカップリング式4WDシステム特有の、前輪がホイールスピンしてから一呼吸おいて後輪にトルクが伝達される感覚がないのは、特筆できる点です。

また、深雪や轍に足を取られて発進が困難になった場合は、グリップサポート制御をオンにすれば難なく脱出することができます。

キャスト4WDの登坂・降坂時

滑り易い雪道の上り坂では、前後輪のトルク配分がほぼ直結状態になるため、力強く登って行くことができます。

また、2WD車が苦手とする、雪の坂道で一旦停車してから再発進するシチュエーションでも、キャスト4WD車なら問題なくこなします。

一方、坂を下りる時は、ダウンヒルアシストコントロールをオンにすれば、ブレーキペダルを踏むことなく約4~15km/hの速度を維持できるので(※任意に速度設定可能)、タイヤがロックすることもなく安全に下ることができます。

キャスト4WDの通常走行時

キャスト4WDの雪道走行性能は?

最低地上高が軽自動車としては大きい180mm確保されているので、深雪にも比較的強くなっています。

また、トレッドが狭く重心位置の高い軽SUVながら、コーナリングも安定しています。

なおかつ、VSC(横滑り防止装置)の働きにより、ほぼニュートラルなハンドリングを実現しているのも美点です。

ただし、スタッドレスタイヤを履くことと、コーナー進入速度を控えめにすることが大前提です。

キャスト・4WDのまとめ

キャスト・4WD車の雪道での走行性能は、軽4WD車の中では「スズキ・ジムニー」に次ぐ実力があると言えるでしょう。

いわゆる「生活4駆」のレベルを超えた能力を備えているので、豪雪地帯でも実用になりそうです。

一方、燃費性能に関しては、カタログ燃費との落差が大きいのは残念な点ですが、17km/L弱という数値自体は決して悪いものではありません。

従って、雪国での経済的な足や、ウィンタースポーツを楽しむための手頃な移動手段として、キャスト・4WD車はおススメできます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

キャストの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのキャスト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がキャストを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のキャストの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>キャスト値引き交渉マニュアル

-キャストの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.