キャストの評価集

キャストの人気色ランキング!人気カラーとおすすめの内装色とマッチするカラーバリエーションも紹介

キャストの人気色ランキング!人気のカラーを紹介

キャストは、クロスオーバーSUVのキャラクターでタフネス感の色濃いキャストアクティバ、都会的なテイストで高級感・上質感を演出しているキャストスタイル、専用サスペンションなどスポーティにチューニングされたキャストスポーツの、3タイプのモデル展開です。

ユーザーはそれぞれのキャラクターに合わせて色を選んでいますが、どのモデルも個性的なボディカラーが多く(全モデルで46パターンも!)、迷ってしまう方も少なくありません。

そこでこのページでは、3タイプ別のボディカラー人気ランキングと各色の特徴や口コミなどを紹介するので、新車購入のご参考までに。

この記事の目次

キャストアクティバの人気カラーランキングを発表!カラーバリエーションは7色

1位ファイアークォーツレッドメタリック
2位スプラッシュブルーメタリック
3位ブラックマイカメタリック
4位ディープブルークリスタルマイカ
5位パールホワイトⅢ
6位レモンスカッシュクリスタルメタリック
7位オフビートカーキメタリック

※全ての色でデザインフィルムトップ(2トーンカラー)の設定があります(43,200円高)
※ディープブルークリスタルマイカ、パールホワイトⅢは21,600円高
☆ メーカー発表の販売比率や中古車市場へ出回っている台数、ディーラーへの調査など、当サイトで独自に調査した人気ボディカラーランキングです。

キャストアクティバのカラーサンプル

キャストアクティバのカラーサンプル

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストアクティバのボディカラーは、カタログと実車で違って見えることもあるため、確かめたい方はディーラーでカラーサンプル(実車と同じ塗料で塗られたミニカーやサンプル帳など)を見せてもらうといいでしょう。

キャストアクティバの各色を紹介!口コミもカラー選びの参考に

ファイアークォーツレッドメタリック

ファイアークォーツレッドメタリック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストアクティバ人気色1位のファイアークォーツレッドメタリックです。キャストスタイルでも1位の人気の色です。

ソリッドの赤と比べて派手さのない深みのある渋い赤です。女性だけでなく、男性からも人気の高いレッドですね。

光の当たる所では、メタリックの粒子の光沢が非常に高級感を高めてくれます。

デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

デザインフィルムトップ・ブラック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

デザインフィルムトップでは、カーボン調のブラックとの相性が良いですね。

フェンダーのブラックアーチとドアミラーからルーフにかけてのブラックアウトで、赤と黒のコントラストがキャストアクティバのデザインを際立たせています。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

デザインフィルムトップ・ホワイト

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

クリスタル調のホワイトルーフとの2トーンなら、カッコ良さに可愛さも加わって、また違った表情になります。

スプラッシュブルーメタリック

スプラッシュブルーメタリック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストアクティバのイメージカラーのスプラッシュブルーメタリックです。

明るいブルーにメタリック塗装のキラキラ感が、クリアなイメージを作っています。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

デザインフィルムトップ・ホワイト

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

デザインフィルムトップ・ブラック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ホワイトのデザインフィルムトップとの2トーンなら遊び心満載、カーボン調ブラックとの2トーンならどこへでも走っていけそうな、アクティブなイメージがカッコいいです。

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ブラックマイカメタリックは単なるブラックメタリックとは違った、深みと輝きが絶妙に混在する高級感の溢れるカラーとなっています。

黒系は傷が目立ちやすいので、新車のうちにコーティングなどして、普段から小マメに手入れをすると良いでしょう。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

デザインフィルムトップ・ホワイト

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ブラック色の車は世にあふれていますが、その中でより個性を主張したい方は、ホワイトルーフのデザインフィルムトップを選ぶと目立つこと間違いなしです。

ディープブルークリスタルマイカ

ディープブルークリスタルマイカ

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

鮮やかさの中にも落ち着いた雰囲気を醸し出すのが、ディープブルークリスタルマイカの真骨頂。

男女問わず人気があるのもうなずけます。

行動派だからコンパクトSUVのアクティバを選んだけど、そこまで目立ちたくないというあなたにぴったりのカラーです。

※デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

デザインフィルムトップ・ブラック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ブラック2トーンルーフ仕様だと、よりアクティブ感を演出できます。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

デザインフィルムトップ・ホワイト

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

一方、ホワイト2トーンルーフにすると、軽快なカジュアル感が楽しめますね。

パールホワイトⅢ

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

すべての原点にして、どんなロケーションにも輝きを与えてくれる透明なホワイトは、あちこちへ移動するアクティバに持ってこいなボディカラーです。

真珠のような光沢と、絹のような柔らかみをもった白が、幅広いユーザーの人気を集めます。

※デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

先ほどのブラックマイカメタリックの2トーン仕様と天地逆バージョンですが、こちらもクラシカルなスタイルが上品です。

レモンスカッシュクリスタルメタリック

レモンスカッシュクリスタルメタリック〈Y13〉

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

アクティバのイメージカラーにもなっている爽快なイエローは、夏の太陽にも冬の雪景色にもよく映えて存在感を全力でアピール。

どこまでも遊びにいきたくなる、そんなワクワク感たっぷりのボディカラーに仕上がっています。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

レモンスカッシュクリスタルメタリック〈Y13〉 +デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ホワイト2トーンルーフで明るさをより引き出すことで、レモンイエローの輝きが最高潮に達します。

※デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラッ

レモンスカッシュクリスタルメタリック〈Y13〉 +デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

こちらは一転、ブラック2トーンルーフで落ち着きのある大人の遊び心も感じられます。

オフビートカーキメタリック

オフビートカーキメタリック〈G55〉

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

オフビート(offbeat)とは「外したリズム・変調」を意味し、あえて正調から1トーン外したセンスで強烈なインパクトを狙った絶妙のセンスが光るボディカラーです。

その風変りなセンスが、定番に収まりたくないコアなファンからの人気を集めています。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

オフビートカーキメタリック〈G55〉 +デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ホワイト2トーンルーフにすると、若干アクが薄まってお洒落感が引き出され、老若男女を問わずに乗れる、落ち着いたカラーリングに様変わりです。

デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

オフビートカーキメタリック〈G55〉 +デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ブラック2トーンルーフでは、よりハッキリした個性が演出され、そのスタイルにコクと深みが感じられます。

迷ったら他の人の意見も参考に!キャストアクティバのカラー選びの口コミ

トニコオレンジメタリックでルーフは白のツートンを選んだ。駐車場で並んで止めている他車(軽に限らず)と見比べても艶やかで明らかにキレイ。

ツートンカラーにはしていませんが、パールなので黒白のツートンのようです。

オレンジツートンにしましたがかなり良い色と思います。ヘッドランプガーニッシュが更に良くマッチしてます。

スプラッシュブルーとホワイトのツートンカラーです。かわいい感じがしてgoodです。

オレンジとホワイトのツートン。以前のエッセは明るめで可愛い感じのオレンジで、キャストは濃いカッコイイ感じのオレンジです。SUV風なデザインなので濃いオレンジもマッチして気に入っています。

ツートンカラーがラッピングなので、淡色のスプラシュブルーを選びました。

購入したのはディープブルークリスタルマイカのモノトーン。2トーンも検討しましたがラッピングに不安があり、モノトーンに決めました。

ブラックにしましたが、メッキパーツとの相性がよく品があります。

オレンジのホワイトトップです。天井が白いので、オレンジがそれほど主張せず、いい感じです。

※上記引用元:価格.com

また、Twitterではこんな口コミも。

キャストアクティバのカラー選びは家族や友人と相談したり、口コミを調べたりしながら、自分の満足できる色に決めたいですね。

キャストスタイルの人気カラーランキングを発表!カラーバリエーションは7色

キャストスタイルの人気カラーランキング

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

1位ファイアークォーツレッドメタリック
2位ブラックマイカメタリック
3位ディープブルークリスタルマイカ
4位プラムブラウンクリスタルマイカ
5位パールホワイトⅢ
6位ライトローズマイカメタリック
7位ダークエメラルドマイカ

※全ての色でデザインフィルムトップ(2トーンカラー)の設定があります(43,200円高)
※プラムブラウンクリスタルマイカ、パールホワイトⅢ、ディープブルークリスタルマイカは21,600円高

キャストスタイルのカラーサンプル

キャストスタイルのカラーサンプル

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストスタイルのボディカラーは、デザインフィルムトップを含めて全15パターン。カタログの写真や実車で見え具合が異なることもあるので、確かめたい方はディーラーでカラーサンプル(実車と同じ塗装がしてあるミニカーや、サンプル帳など)を見せてもらうといいでしょう。

キャストスタイルの各色を紹介!口コミもカラー選びの参考に

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストスタイルでは2位のブラックマイカメタリックです。

薄暗い所ではブラックの重厚感が車をどっしりと見せてくれます。

明るい所ではメタリック塗装の粒子が光って、なお一層の高級感を与えてくれます。

キャストスタイルを重厚に見せる、非常に高級感あふれるブラックです。

※デザインフィルムトップ(カーボン調/ワインレッド)

デザインフィルムトップ・ワインレッド

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

デザインフィルムトップ・ホワイト

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

遊び心のあるワインレッドのデザインフルムトップや、文句なしに相性の合うホワイトルーフとの2トーンは、どちらを選んでもブラックカラーの満足度をさらに高めてくれますね。

傷が目立ちやすい色ですが、洗車後の満足感はキャストスタイルのカラーの中では一番かもしれません!

ディープブルークリスタルマイカ

ディープブルークリスタルマイカ

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

スタイルでは3位に入る人気カラーです。

どちらかと言うと紺に近いブルーで、重厚なイメージもあります。

光の当たる所ではマイカ塗装が輝き、重厚なイメージからスポーティなイメージへと変化します。

ホワイトルーフとの相性もバッチリですね。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

デザインフィルムトップ・ホワイト

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

プラムブラウンクリスタルマイカ

プラムブラウンクリスタルマイカ

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

茶系の色ですが、光の当たり加減では紫にも見える、非常に良い色です。

パステルカラーはちょっと遠慮したい、ベテラン女性にとても良く似合う大人のカラーです。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

デザインフィルムトップ・ホワイト

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ホワイトのデザインフィルムトップを合わせれば、可愛さが加わり若い女性にも人気の色となります。

ライトローズマイカメタリック

ライトローズマイカメタリック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

女性に人気のライトローズマイカメタリックです。

ピンクは敬遠したい層でも、この薄いピンクのライトローズマイカなら、抵抗感なく乗れるのではないでしょうか。

さりげないピンクが絵になりますね。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

デザインフィルムトップ・ホワイト

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ホワイトのルーフとの組み合わせも自然な感じでよく似合っていますね。

パールホワイトⅢ

パールホワイトⅢ〈W24〉

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

定番中の定番となるホワイトパールですが、同じ色でもフォルムの異なるキャストアクティバとでは、随分と印象が違って見えますね。

どんなユーザーが乗ってもよく映える、文句なしの上質感が魅力です。

※デザインフィルムトップ(カーボン調/ワインレッド

パールホワイトⅢ〈W24〉 +デザインフィルムトップ(カーボン調/ワインレッド)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

2トーンルーフにはカーボン調のワインレッドを採用。単なるベタ塗りでないところに、絶妙なハイセンスが光ります。

ファイアークォーツレッドメタリック

ファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

燃え上がる炎と水晶(クォーツ)の組み合わせを表現したレッドが、キャストスタイルのシルエットによく映えますね。

高級なアンティーク感が、ベテランユーザーはもちろん、若年ユーザーからも注目を集めています。

デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

ファイアークォーツレッドメタリック〈R67〉 +デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

クリスタル調のホワイト2トーンルーフをあしらうことで、レッドのキツさが和らぎ、より親しみやすくなります。

ダークエメラルドマイカ

ダークエメラルドマイカ〈G58〉

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

深緑と一言で片づけるには奥が深すぎる、透明度の高いエメラルドの彩りは、キャストスタイルのエレガンスを表現するのに最適なボディカラーの一つと言えるでしょう。

それでいながら幅広いユーザーに対してフレンドリーで、自然とボディカラーに調和していくのが本当に不思議。

キャストスタイルを選ぶなら、管理人的にイチ推しボディカラーの一つです。

※デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト

ダークエメラルドマイカ〈G58〉 +デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ホワイト2トーンルーフをあしらうことで、エメラルドの明るさが引き出され、よりカジュアルで親しみやすくなります。

迷ったら他の人の意見も参考に!キャストスタイルのカラー選びの口コミ

色は、ファイアークオーツレッドメタリックの単色にしました。落ち着いていて飽きがこないいい色だと思います。

目立ちにくい茶色にしましたが,本当にシックです。

カラーはディープブルークリスタルマイカ+デザインフィルムトップのツートーン。ブルーの色合いはカタログのそれとは違って、深い感じがします。

プラムブラウンですが落ち着いていて良い色です。もうちょっと赤みがあるかと思いましたが案外赤みがありません。

色は深緑色を選びました。(珍しい色なのか、街中でまだ1台しか同じ色を見かけてません)

※上記引用元:価格.com

また、Twitterではこんな口コミもありました。

 

カラー選びの決め手は人それぞれですが、家族や友人と相談したり、口コミを調べたりして、満足できるカラーを見つけ出したいですね。

キャストスポーツの人気カラーランキングを発表!カラーバリエーションは3色

キャストスポーツの人気カラーランキング

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

1位パールホワイトⅢ
2位ブラックマイカメタリック
3位ブライトシルバーメタリック

※全ての色でデザインフィルムトップ(2トーンカラー)の設定があります(43,200円高)
※パールホワイトⅢは21,600円高

キャストスポーツのカラーサンプル

キャストスポーツのカラーサンプル

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストスポーツのボディカラーは3色が基本ですが、2トーンルーフやミラー&ピラーパネルのワンポイントなど、その組み合わせは12パターンと、豊富な選択肢が用意されています。

カタログやウェイブサイトの画像と実車で色加減が違うこともあるため、気になる方はディーラーでカラーサンプル(実際の塗料を塗ったミニカーやサンプル帳など)を確認させてもらいましょう。

キャストスポーツの各色を紹介!口コミもカラー選びの参考に

パールホワイトⅢ

パールホワイトⅢ

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストスポーツのイメージカラーであるパールホワイトⅢです。

ボディ下部を一周する赤いラインとのマッチングも良好で、スポーツ感満載のカラーです。

ミラーパネル&ピラーパネル(シャイニングレッド)

ミラーパネル&ピラーパネル(シャイニングレッド)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

デザインフィルムトップ・ブラック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

黒いデザインフィルムトップと合わせれば、正統派のスポーツカーのイメージ、リヤクォーターとドアミラーを赤にすれば、じゃじゃ馬的なヨーロッパスポーツのイメージになります。

好みでどれを選択してもカッコいいです!

ブラックマイカメタリック

ブラックマイカメタリック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ブラックマイカもキャストスポーツのスポーティなイメージによく似合う色ですね。

ホワイトルーフのデザインフィルムトップの赤バージョンでも黒バージョンでも、どちらを選んでもスポーティなイメージを崩さず、運転するのが楽しくなるカラーです。

スポーツドライブ好きなら、たまらないカラーでしょう。

ミラーパネル&ピラーパネル(シャイニングレッド)

ミラーパネル&ピラーパネル(シャイニングレッド)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

デザインフィルムトップ(カーボン調/ホワイト)

デザインフィルムトップ・ホワイト

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ドライブして、自販機で買った缶コーヒーを飲みながら、ブラックに輝くキャストスポーツを眺めて休憩する、管理人のような車好きのオッサン思考にはたまらない時間です(笑)

ブライトシルバーメタリック

ブライトシルバーメタリック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストスポーツのブライトシルバーメタリックは透明感があり、美しい色合いのボディカラーです。

他の色とは一味違う気品あるキャストスポーツを選択するのも一考です。

デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

デザインフィルムトップの赤バージョンは、赤がいいアクセントとなって、よりスポーティさを感じさせます。

迷ったら他の人の意見も参考に!キャストスポーツのカラー選びの口コミ

ホワイト・パール ノーマル・モノトーン仕様で、バッチリです。

パールホワイトとブラックマイカメタリックなら映えていいと思います

個人的にはキャストスポーツのツートンではないブラックが気に入っています。

レッドのさしの入ったカラーリングは、あか抜けていてよく目立ちます。

オーソドックスな単色を選びましたが、意外とこれがかっこ良く見えました。

※上記引用元:価格.com

また、Twitterでこんな口コミも見つけました。

どのボディカラーを選ぶか最後は自分の決断ですが、家族や友人のアドバイスや口コミも参考に、しっかりと考えたいですね。

キャストのおすすめカラーは?

キャストは個性豊かな3モデルが設定されているので、ここではそれぞれのモードによく似合うおすすめカラーを紹介していきます。

キャストアクティバにおすすめのカラーは?

キャストアクティバにおすすめのカラーは?

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

  • レモンスカッシュクリスタルメタリック+デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)
  • ファイアークォーツレッドメタリック

小粒だけど元気いっぱいなコンパクトSUVのアクティバには、そのイメージカラーでもあるレモンイエロー&ブラック2トーンルーフか、単色であれば深紅に燃えるレッドがよく似合います。

これ以外にも、ガチなアウトドア勢には多少の汚れや小傷が比較的目立ちにくいオフビートカーキメタリックや、同じく淡い目なスプラッシュブルーメタリックもおすすめです。

キャストスタイルにおすすめのカラーは?

キャストスタイルにおすすめのカラーは?

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ブラックマイカメタリック+デザインフィルムトップ(カーボン調/ワインレッド)

エレガンスなキャストスタイルには、シックでハイセンスな味わいが好評なプラムブラウンクリスタルマイカか、ブラック&ワインレッドのコンビネーションをリコメンド(推薦)します。

又は、カワイイ路線を突き進みたい方向けには、キャストスタイルならではのライトローズマイカメタリックもピックアップしておきます。

キャストスポーツにおすすめのカラーは?

キャストスポーツにおすすめのカラーは?

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

  • ブラックマイカメタリック(モノトーン)
  • ブライトシルバーメタリック+デザインフィルムトップ&シャイニングレッド

シンプルに厳選されたキャストスポーツのラインナップからは、モノトーンのブラックでスカート回りのレッドラインを最大限に引き立てるか、2トーンであればシルバー&ブラック+シャイニングレッドでインパクト重視のスタイリングはいかがでしょうか。

限られた色彩をミニマムorマキシマムそれぞれ両極端に活かすセンスが、スポーティなドライビングセンスを輝かせてくれるでしょう。

リセールから見るキャストのおすすめのカラーは?

ボディカラー選びもまだなのに、買ってもいないキャストを売ることを考えるなんて気が早すぎるようにも思えますが、いざ売るor買い替える時に有利かどうかを知っておけば、ボディカラー選びの基準になります。

なので、以下に1年落ちキャストのリセールバリューをボディカラー別に算出、3タイプそれぞれのランキングを作成しました。

キャストアクティバ

順位カラー名1年後の下取り相場
(グレードはG SAⅢ)
1位パールホワイトⅢ115.3万円
2位ブラックマイカメタリック109.9万円
3位ディープブルークリスタルマイカ108.9万円
4位ファイアークォーツレッドメタリック107.7万円
5位レモンスカッシュクリスタルメタリック105.6万円
6位スプラッシュブルーメタリックデータなし
6位オフビートカーキメタリックデータなし

※1年落ち・走行1万キロ前後・修復歴なし(評価点4点以上)・下取り相場は平均値

グレードは最も流通台数の多いG SAⅢで算出しています。

定番のパールホワイトⅢがリセール1位で、2位のブラックマイカメタリックに5万円以上の差をつけている他、全体的に他カラーより5~10万円前後有利となっているのがわかります。

アクティバの傾向として定番のホワイト&ブラック以外は濃い目のハッキリしたボディカラーが好まれる傾向が出ているため、流通台数ゼロのためデータなしとなったスプラッシュブルーメタリックとオフビートカーキメタリックのリセールバリューは、レモンスカッシュクリスタルメタリックと概ね横並びになるでしょう。

リセールバリューでキャストアクティバのボディカラーを選ぶなら、パールホワイトⅢが無難です。

キャストスタイル

順位カラー名1年後の下取り相場
(グレードはG SAⅢ)
1位ディープブルークリスタルマイカ113.8万円
2位プラムブラウンクリスタルマイカ113.0万円
3位ブラックマイカメタリック111.8万円
4位パールホワイトⅢ111.6万円
5位ダークエメラルドマイカ110.9万円
6位ファイアークォーツレッドメタリック107.1万円
7位ライトローズマイカメタリック105.1万円

※1年落ち・走行1万キロ前後・修復歴なし(評価点4点以上)・下取り相場は平均値

グレードは流通台数が最多となっているG SAⅢでリセールバリューを算出しています。

キャストスタイルでは定番のホワイトパール&ブラックを抜いてディープブルークリスタルマイカがトップに躍り出ており、続くプラムブラウンクリスタルマイカが僅差で2位でとなっています。

これは女性ユーザーからも人気が高いキャストスタイルではお洒落なボディカラーが好まれる傾向が強く、かつ彼氏や夫などパートナーの意向(あまり可愛すぎるのは困る、等)も尊重しながら歩み寄ったブルーやブラウンが選ばれたためと考えられます。

とは言え、全体的なリセールバリューの差は10万円以内に収まっているため、基本的には好きなボディカラーを選んで問題ないでしょう(ただ、優雅なフォルムのキャストスタイルでは、レッドやピンクだといかにも女性っぽいため、男性ユーザーには敬遠されやすいようです)。

キャストスポーツ

順位カラー名1年後の下取り相場
(グレードはスポーツSAⅢ)
1位パールホワイトⅢ132.8万円
2位ブラックマイカメタリック132.7万円
3位ブライトシルバーメタリック124.1万円

※1年落ち・走行1万キロ前後・修復歴なし(評価点4点以上)・下取り相場は平均値

キャストスポーツのグレードはスポーツSAⅢのみです。

リセールはパールホワイトⅢブラックマイカメタリックがハナ差で1・2フィニッシュ、少し遅れてブライトシルバーメタリックと、定番通りの展開となっています。

その差額はおよそ5~10万円程度、シルバーに対するこだわりが特になければ、ホワイトパールかブラックが有利となります。

下取り車があるなら相場を調べておく

新車購入のためにディーラーを周るなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るはずです。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高査定が期待できます。1分程度の入力の後、画面上に買取店の概算価格がすぐに表示されます。

かんたん車査定ガイドの概算相場

キャストのカラーナンバー(カラーコード)はこちら

カラー名カラーナンバー(コード)
ディープブルークリスタルマイカB79
レモンスカッシュクリスタルメタリックY13
スプラッシュブルーメタリックB80
ファイアークォーツレッドメタリックR67
パールホワイトⅢW24
ブラックマイカメタリックX07
オフビートカーキメタリックG55
プラムブラウンクリスタルマイカR59
ライトローズマイカメタリックT22
ダークエメラルドマイカG58
ブライトシルバーメタリックS28
シャイニングレッド(※)R40

(※)シャイニングレッドはキャストスポーツのミラーとピラーのみに塗装されるカラーです。

カラーナンバーが記載されている場所はココ

キャストのカラーナンバーは、コーションプレートを見ると確認できます。

コーションプレートには、一般的に以下の車両情報が刻印されています。

  • モデル型式
  • エンジン形式
  • 車体番号
  • 外装色(カラーナンバー)
  • 内装色
  • トランスミッション形式
  • 製造工場
ダイハツ車のコーションプレート

daihatsu.co.jp

キャストのコーションプレートの位置は、助手席側のセンターピラーになります。

キャストのコーションプレートの位置

助手席のドアを開けた右下(黄色く囲っている部分)にコーションプレートが貼付してあるので、これを見てカラーナンバーが確認できます。

キャストの内装色に合うボディカラーはコレ

キャストの内装カラーはアクティバ/スタイル/スポーツそれぞれに設定され、豊かな個性を表現しています。

キャストアクティバの内装カラーは8通り

キャストアクティバの内装カラーは、基本色(グレードによってブラック/シルバーが標準装備)又はボディカラーと同じ色(標準グレードではメーカーオプション)のいずれかが選択可能です。

イエロー内装

イエロー内装・インパネ回り

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

イエロー内装・車内空間

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストアクティバのイメージカラーとなるイエローが、ブラック基調とマッチしてアグレッシブなドライブを期待させます。

ここは外装もコンセプトを徹底して、レモンスカッシュクリスタルメタリックとブラックのデザインフィルムトップがイチ推しです。

カーキ内装

カーキ内装・インパネ回り

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

カーキ内装・車内空間

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストアクティバのタフネス感を引き出すオフビートカーキがブラックとシートサイドのホワイトに調和して、絶妙なバランス感覚を表現しています。

モノトーンでもいいのですが、ここはオフビートカーキメタリックとホワイトのデザインフィルムトップで締めたいところです。

ネイビー内装

ネイビー内装・インパネ回り

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ネイビー内装・車内空間

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

インパネ回りとドアトリムの深いブルーが涼やかなアクアリウム感を演出。洗練されたドライブを楽しめそうです。

デザインフィルムトップで決めてもいいのですが、ここではあえてモノトーンのディープブルークリスタルマイカで行きましょう。

レッド内装

レッド内装・インパネ回り

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

レッド内装・車内空間

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ボディカラーの燃え上がるようなレッドとは趣を異にする落ち着いたレッドが、車内空間を瀟洒に彩り、シートサイドのホワイトとマイルドに調和しています。

ここでは外装もルーフを抑えめに、ファイアークォーツレッドメタリックとブラックのデザインフィルムトップにあつらえるのはどうでしょうか。

ホワイト内装

ホワイト内装・インパネ回り

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ホワイト内装・車内空間

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

インパネ回りとドアトリム、そしてシートサイドをホワイトで統一した爽やかなモノトーンスタイルがお洒落ですね。

ルーフをブラックにするかどうかで迷いますが、ここではモノトーンのパールホワイトⅢでハイセンスにまとめましょう。

ブルー内装

ブルー内装・インパネ回り

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ブルー内装・車内空間

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ネイビー内装より更に明るく快活な車内空間を演出する、晴れかやなカラーリングが魅力的です。

外装のボディカラーも、透き通る青空を体現するようなスプラッシュブルーメタリックとホワイトのデザインフィルムトップで、そのポテンシャルを最大限に解放して欲しいと思います。

ブラック内装

ブラック内装・インパネ回り

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ブラック内装・車内空間

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

プライムコレクション限定の標準内装カラーは、ほぼブラック一色に染め上げたカラーリングにグレード感も高まります。

ベーシックなカラーなのでどのボディカラーとも調和しますが、ここは中途半端に迷うことなく、自信を持ってブラックマイカメタリック1択で行きましょう。

シルバー内装

シルバー内装・インパネ回り

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

シルバー内装・車内空間

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

標準グレードの基本的な内装カラーです。無難な色でどのボディカラーとも合わせられます。

なので好きなボディカラーを選んでもらって大丈夫ですが、どうしても迷ってしまう方は管理人の好きなオフビートカーキメタリックをモノトーンでおすすめします。

キャストスタイルの内装カラーは3通り

キャストスタイルの内装カラーは標準色(グレードによってシルバー/ブラウン)と、グレードによってはメーカーオプションでバーガンディ内装を選択できます。

シルバー内装

キャストスタイルのインパネ回り・シルバー

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストスタイルの車内空間・シルバー

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

標準グレードの基本的な内装カラーとなります。インパネとドアトリム、そしてシートサイドのシルバーが、ベージュとブラックの仲立ちとして上品な調和を見せています。

この色展開を外装でいきなり崩すのはもったいないので、ボディカラーには淡めのライトローズマイカメタリックがよく似合いますが、さすがにピンクは恥ずかしいという方には、マイルドなプラムブラウンクリスタルマイカ&ホワイトのデザインフィルムトップをおすすめします。

ブラウン内装

キャストスタイルのインパネ回り・ブラウン

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストスタイルの車内空間・ブラウン

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

プライムコレクション限定の内装カラーです。ブラックに統一された基調にブラウンのアクセントが、これまたシックで美しいたたずまいを演出しています。

ボディカラーにはダークエメラルドマイカにホワイトのデザインフィルムトップをあしらって、よりクラシカルなムードを引き立てるのはいかがでしょうか。

バーガンディ内装

キャストスタイルのインパネ回り・バーガンディ

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストスタイルの車内空間・バーガンディ

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

標準グレードではメーカーオプションでパネルをシルバーからバーガンディに換えることも可能です。

他の色をソフィスティケートに牽引し、ゴージャスなグレード感を引き出すワインレッドの内装には、同じくワインレッドのデザインフィルムトップをあつらえたブラックマイカメタリックが最適でしょう。

キャストスポーツの内装カラーは1通り

キャストスポーツの内装カラーはレッド&ブラックの1パターンのみ標準装備されています。

レッド&ブラック内装

キャストスポーツのインパネ回り

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

キャストスポーツの車内空間

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

ブラック基調の車内空間に、インパネ回りのレッド加飾がスポーティのボルテージを最高潮まで引き上げるスピードスタイルは、他の選択肢につけ入る隙など与えません。

ここは走りへのひたむきさと遊び心を併せ持つブラックマイカメタリック+ホワイトのデザインフィルムトップ&シャイニングレッドで決まりです。

モデルチェンジで廃止されたボディカラー

2017年10月4日の一部改良で廃止されたカラー

廃止されたボディカラー・シャイニングレッド

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

シャイニングレッド

廃止されたボディカラー・トニコオレンジメタリック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

トニコオレンジメタリック

2016年6月20日の一部改良で廃止されたカラー

廃止されたボディカラー・フレッシュグリーンメタリック

daihatsu.co.jp/lineup/cast/

フレッシュグリーンメタリック

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

キャストの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのキャスト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がキャストを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のキャストの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>キャスト値引き交渉マニュアル

 

-キャストの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.