キャストの評価集

キャストの内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック

更新日:

キャストの内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック

2015年に登場したダイハツの軽トールワゴン『キャスト』

「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに3つのモデルが発売されています。

スポーツテイストやクロスオーバーSUVタイプなどライフスタイルに合わせて選択することができます。

キャストは外観が個性的で発売当初から人気の車種となっています。

では、人気のキャストの内装はどのようになっているのでしょうか。

スタイル/スポーツ/アクティバ3つのモデルを一つずつ見ていきましょう。

キャストの内装の質感は?

キャストの内装色

キャストには、3種類のモデルが用意されています。

それぞれのモデルによって内装色が異なり、車内の雰囲気が異なっています。

キャスト スタイル

※スタイルG”プライムセレクションSAⅢ”、Gターボ”プライムセレクションSAⅢ”

※スタイルG”SAⅢ”、Gターボ”SAⅢ”、X”SAⅢ”、X

キャストスタイルの内装色には、「ベージュ」「ブラック」「ライトグレー」の3色が使用されています。

ベージュを基調とした内装は、シートやドアパネル部分に使用されています。

また、ダッシュボードやドア上部にはブラックが施され、インパネやシートの一部分はライトグレーになっているなど、非常に特徴的な内装となっています。

モノトーンでまとめられた内装ですが、車内の目立つ部分にベージュが使用されているため、明るく開放的な印象を受けます。

キャスト スポーツ

キャストスポーツは、「ブラック」と「レッド」の2色が使われた内装となっています。

内装全体はブラックでまとめられており、インパネ部分のみレッドが使用されています。

画像のようにシックに仕上がった内装のアクセントになっています。

キャスト スポーツの外観とも非常にマッチしており、ボディに施されたレッドのラインと内装のレッドパネルとの相性がいいですね。

外装と内装とのイメージが合っており、スポーティでカッコいいです。

シートやドアトリム部分には、レザー調表皮が使用されているため、質感も良く上質な仕上がりとなっています。

キャスト アクティバ

キャスト アクティバの内装は、「ブラック」と「ライトグレー」の2色となっています。

※アクティバG”プライムセレクションSAⅢ”、Gターボ”プライムセレクションSAⅢ”

※アクティバG”SAⅢ”、Gターボ”SAⅢ”、X”SAⅢ”、X

内装全体はブラックを基調とした、飽きのこない落ち着いたものとなっており、ドアトリムやシートサイドに施されたライトグレーが車内に明るさを与えています。

ブラックだけでは、暗い内装となってしまいますが、ライトグレーを加えることによって明るさと解放感が感じられます。

インパネやステアリングに施されたシルバーパネルとの相性も非常にいいですね。

キャストのシート表皮・デザイン

キャスト スタイル

※ファブリックシート

キャスト スタイルのシート表皮は、スエード調のものが採用されています。

シート全体がスエード調になっており、非常に手触りの良いシートになっています。

また、アクセントとしてシートサイドにはシライトグレーの切り返しが施され、おしゃれな配色のシートで内装色と合いますね。

ただ、ベージュカラーのシートとなっていますので汚れが目立ちやすいです。

また、シート素材もスエード調ですから、食べこぼしなどの汚れが染み込みやすく、なかなか取れないのが欠点です。

小さなお子さんがいる場合は、注意が必要ですね。

キャスト スポーツ

キャスト スポーツには、レザー調のシートが採用されています。

非常に質感の良いシート表皮になっているため、内装の雰囲気がアップし高級感を感じます。

また、シート座面と背面の中央部分には、ブラックステッチが入り、細かい部分にもこだわりが感じられるシートになっているのもいいですね。

キャスト アクティバ

※ファブリックシート

滑らかで手触りの良い素材となっているため、非常に好印象です。

シートサイドには、画像のようにシルバーの切り返しが施され、良いアクセントとなっています。

また、シート座面と背面の中央部分はボーダー柄となっており、かっこいい仕上がりです。

アウトドアでもガシガシ使えそうな、アクティブなデザインとなっています。

キャストは、どのモデルのシートも同じ形状になっています。

シートの厚みも程よく、それほど不快に感じることはありません。

ただ、サイドサポートの張り出しが弱いため、カーブを曲がる際に体が横に流れやすいです。

特にレザー調のシートを採用しているキャスト スポーツは、この現象がより大きくなります。

サイドサポートの張り出しが弱い分、助手席への移動がスムーズにできる点はメリットですね。

キャスト スタイル/ アクティバのインパネ

ステアリング

スタイル、アクティバ共にGターボ”SAⅢ”、Gターボ”プライムセレクションSAⅢ”、G”SAⅢ”、G”プライムセレクションSAⅢ”には、メッキオーナメント・シルバー加飾付の革巻きステアリングが装備されています。

手馴染みの良いグリップ力のあるステアリングは、握り心地も良く好印象です。

また、スポーク部分に施されたシルバー加飾も高級感があり、とても上質に感じます。

ステアリングを上下に動かすことができるチルトステアリングとなっているため、身長や体型に合わせて調節できるので、使い勝手がいいですね。

スタイル、アクティバともにX”SAⅢ”とXには、ウレタン素材のステアリングが装備されます。

ウレタン素材のステアリングは、本革巻きのものと比べてやや滑りやすいので、使ってみて気になるなら、ハンドルカバーなどで対策を取ることをオススメします。

ドアアームレスト

※G”プライムセレクションSAⅢ”、Gターボ”プライムセレクションSAⅢ”(プレミアムシャインブラック)

※Gターボ”SAⅢ”、”SAⅢ”(プレミアムシャインシルバー)

X、XSAⅢはオプションで選択可能

ドアアームレストにはシルバー加飾が施されています。

Gターボ”SAⅢ”とG”SAⅢ”には、光沢のあるプレミアムシャインシルバーが使われ、さらっとした手触りが特徴です。

ドアトリム部分のカラーともマッチして内装の質感がアップしていいですね。

X”SAⅢ”とXには、樹脂製のパネルとなっているので、やや質感は劣ってしまいます。

オーディオパネル

ナビ周りに施されたパネルに違いがあります。

Gターボ”プライムコレクションSAⅢ”、Gターボ”SAⅢ”、G”プライムセレクションSAⅢ”、G”SAⅢ”には光沢のあるパネルが使用され、内装の質感ともマッチし、非常に高級感があります。

X”SAⅢ”とXには、マットな質感のパネルが使用されているので、ややプラスチック感があります。

細かいパーツですが、このような部分から内装の質感に違いが出てきますね。

メーター

キャスト スタイルとアクティバのメーターは、画像のようにブラックを基調とした2眼メーターとなっています。

シルバーリングが施され、運転席から見て右側にはスピードメーター、左側にはタコメーターが装備されています。

フロントパネル(インテリアアクセントカラー)

スタイル

アクティバ

助手席から運転席にかけて施されているパネルは、メーカーオプションで様々なカラーに変更することができます。

選択するボディカラーと連動させて、好みのカラーにするのもいいですね。

フロントパネルに加えてドアトリム部分のカラーも変わるため、内装の雰囲気も大きく変わります。

キャスト スポーツのインパネ

ステアリング

キャスト スポーツは上記2つのモデルとは違い、MOMO製の本革巻きステアリングとなっています。

MOMOはイタリアのステアリングメーカーでレースカーやスーパーカーなどに採用されています。

軽量でデザインが良く、グリップ力も高いため多くのファンが居ます。

一度使うと純正ステアリングには戻れないと言われるほど人気です。

キャスト スポーツのステアリングもこのMOMO製が採用されており、軽自動車に標準装備されているのは珍しいです。

ステアリング操作がしやすいようデザインされ、さらにはアクセントカラーであるレッドステッチが施されるなど、こだわりが感じられます。

また、パドルシフトも装備され、スムーズなシフトチェンジが可能となります。

メーター

キャスト スポーツのメーターはレッドを基調としたデザインとなっています。

アクセントカラーであるレッドをメーターに使用して、よりスポーティな雰囲気に仕上がっています。

赤い文字盤にホワイト文字列が採用されているので、車内が明るい昼間でも白い文字がメーターに映えて見やすくなっています。

運転席と助手席周りに施された「レッド」と相まって、スポーツドライビングを盛り上げてくれます。

キャストの収納・荷室の使い勝手は?

運転席側の収納

カップホルダー

運転席の右側に固定式のカップホルダーが装備されています。

カップホルダーのデザインは丸い形状をしており、ペットボトルなどを置くことができます。

インパネセンタートレイ

エアコンの吹き出し口の下にトレイがあります。

スマホやちょっとした小物を置くには丁度良いスペースです。

あまり高さのあるものは入れられませんが、トレイ自体が上を向いているので走行中に落下する心配もありません。

インパネロアボックス

センターパネルの下に大きな収納ボックスが装備されています。

ペットボトルを2本入れることができる大きさがあり、開口部分が大きいので背の高いものも収納でき、使い勝手が非常にいいです。

インパネアンダートレイ/サイドトレイ

ステアリングの下に収納スペースがあります。

横長のトレイは折りたたみ傘や窓拭き用のタオルなどを入れることができます。

その右側にある小さなトレイにはガムなどの小物を収納できますが、小さすぎるため他に使い道がなさそうですね。

フロントアームレスト

アームレストのフタを開けると収納スペースがあります。

仕切りがないので、アームレストを動かすと中の物が動いてしまいます。

キャストはベンチシートタイプになっているので、アームレストを動かすことが多いと思います。

アームレストの中身が動かない工夫をしてほしかったですね。

オーバーヘッドコンソール

マップランプ付近にサングラスやメガネを収納できるスペースがあります。

置き場所に困るサングラスやメガネを収納でき、非常に重宝します。

ドアサイドポケット

ドアサイドに収納スペースがあります。

ドアポケットにはボトルホルダーが装備されている車種が多いですが、キャストにはそのようなスペースがなく、横長の収納スペースしかありません。

ペットボトルはカップホルダーに収納するしかなさそうです。

助手席の収納

カップホルダー

運転席側とは違い、助手席には格納式のカップホルダーが装備されています。

固定式ではないため、使用しない時は格納でき、乗り降りする際の邪魔になることがありません。

デザイン的にもすっきりとしていいですね。

インパネアッパーボックス/インパネトレイ

キャスト スタイルには、フタ付きのアッパーボックスが装備されています。

ボックスティッシュなどの少し大きなものも置くことができるので、重宝する収納です。

キャスト アクティバとキャスト スポーツは、オープントレイとなっています。

キャスト スタイルとは違い、フタがないので小物などをさっとおくことができます。

この2つの収納力に違いはなく奥行きや深さなどは同じで、デザインが異なるだけです。

グローブボックス

定番のグローブボックスが装備されています。

車検証や取り扱い説明書を収納することができますが、奥行きがあまりないので、その他のものを収納することができません。

ドアサイドポケット

運転席と同じドアポケットが装備されています。

シートアンダーボックス

助手席の下には引き出すタイプのトレイが装備されています。

替え靴や汚れたものなどを収納しておけます。

トレイは取り外しができるので、汚れてしまった時は丸洗いできるのもいいですね。

後部座席の収納

リアドアポケット

リアドアには、ボトルホルダーと収納スペースがあります。

後部座席のメイン収納はドアポケットだけになるので、このような収納スペースがあると非常に重宝します。

ボトルホルダーと収納スペースが分かれているのも好印象です。

シートバックポケット

助手席のシートバックに地図や雑誌を収納できるポケットが装備されています。

キャストの荷室のサイズは?どれぐらい積める?

キャストの荷室サイズは高さ790mm・幅890mm・奥行き330mmとなっています。

330mmの奥行きでも買い物袋などを2、3個積むことができます。

また、後部座席を前方にスライドさせて少し荷室を広くすることができます。

後部座席をスライドさせると荷室の奥行きが570mmとなるので、より多くの荷物を積むことができます。

キャストは後部座席の背もたれを倒すことができ、長い荷物や大きな荷物を積むことも可能です。

後部座席を倒すと奥行きが1300mmまで拡大します。

非常に大きなスペースを確保することができますが、後部座席と荷室に段差ができてしまうのが残念です。

後部座席がスライド式になっているため、どうしてもこのような段差ができます。

また、荷室全体が後ろ下がりになってしまうので、荷物の積み方に工夫が必要ですね。

キャストの荷室には床下収納も装備されています。

深さも十分にあり洗車グッズや背の高い荷物も積むことができるので、非常に使い勝手が良く重宝します。

キャストの内装まとめ

キャストには3つのモデルが用意されており、ライフスタイルに合わせて選択できます。

また、フロントパネルのカラーやシートカラーもメーカーオプションで変更することができ、自分だけのオリジナルな一台にできます。

収納に関して、決して多い収納スペースとは言えませんが、必要最低限のスペースは確保されているので、使い勝手が悪く感じることはありません。

ただ、後部座席の収納がドアポケット部分とシートバックポケットだけなのは少し残念です。

荷室はこのクラスの車種では大きく使い勝手も良いので、街乗りなどにはオススメです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

キャストの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのキャスト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がキャストを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のキャストの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>キャスト値引き交渉マニュアル

-キャストの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.