キャストの評価集

キャストの乗り心地と静粛性は?

キャストの乗り心地と静粛性は?

キャストの乗り心地はモデルによって大きな違いが生じており、比較する上での参考になるはずです。

キャストは「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3種類に大きく分けられ、乗り心地に関しては以下のような特徴があります。

キャストアクティバ:乗り心地は少し硬めなもののあまり気にならず、足回りが深く柔軟に動いてバランスが良い
キャストスタイル:ムーヴと比較すれば車内は少々狭いものの、操縦性は向上しているのでカーブではタイヤが踏ん張っているような感覚に陥る
キャストスポーツ:段差などでのショックが抑えられており、スポーツタイヤを履いているのにも関わらず不快感のない乗り心地が特徴

アクティバやスタイルと比べて、スポーツが最も乗り心地が良いという印象を受けました。

もちろん、見栄えや乗り心地とともにアクティバは劣っておらず、サスペンションセッティングが可能になったのでフラット感が強く快適な走りが手に入れられます。

右側にあるパワースイッチの搭載も特徴的で、加速が更に鋭くなって一段と活発な走りを披露してくれるのです。

日常生活ではアクセルを踏み込んでから一瞬のタメの後に加速するノーマルモードで十分ですが、時と場合に応じてパワースイッチを使い分けるのがベストかもしれません。

ボディの傾き方やタイヤの接地性で乗り心地のバランスが取れているキャストアクティバに対して、キャストスポーツは更に爽快感ある走りを強く実感できるようになりました。

「乗り心地は相当硬い」という意見もあったものの、走り方によっては心地良さを手に入れられるはずです。

キャストの静粛性について

ダイハツから製造されているキャストの中でも、アクティバが最も静粛性が高いと評判を得ておりました。

速度が出る首都高速や郊外路ではノイズが高まるものの、これはどの車でも同じように言えることかもしれません。

それでも、静粛性の高さはダイハツ車の中でトップクラスなのは間違いなく、「他のメーカーの軽自動車と比べても静粛性は上位にランクインするのではないか」という意見もあります。

恐らく、室内に侵入する音の通路となる小穴を徹底的に塞ぎ、ターボのゆとりでエンジンの回転数を低く維持したまま走れるのが静かな理由なのではないでしょうか。

音関係に関してキャストが優れているのは間違いなく、「騒音で会話がかき消される」という心配はないはずです。

他のモデルに関しても静粛性は高くなっているので、運転中の環境を一番に考えているのならばダイハツのキャストを購入してみてください。

キャストの乗り心地に効く足回り

メーカー発表のキャスト足回りのスペックです。

Fブレーキ ベンチレーテッドディスク
Rブレーキ リーディング・トレーリング
Fサスペンション マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
Rサスペンション トーションビーム式コイルスプリング/3リンク式コイルスプリング
Fスタビライザー --
タイヤサイズ (アクティバ165/60R15)(スタイル165/55R15)(キャストスポーツ 前165/50R16 後165/55R15)

キャストは、モデルによってタイヤサイズが異なります。

それぞれのキャラクターや特性を活かしたサスペンションセッティングがなされているので、それに一番合うタイヤサイズが選択されています。キャストのこだわりが伺える部分ですね。

キャストの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのキャスト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がキャストを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のキャストの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>キャスト値引き交渉マニュアル

-キャストの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.