キャストの評価集

キャストでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

投稿日:

アイキャッチ画像

※キャスト:daihatsu.co.jp

個性的なスタイリングや路面状況を問わず発揮する優れた走行性能、トールワゴンに迫る広い室内空間などが魅力の軽クロスオーバーSUV、「ダイハツ・キャスト」で人気のオプションとナビを評価します。

デザインテイストの異なる「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3タイプがラインナップされており、それぞれにエクステリア&インテリア関係や快適装備・安全装備関係など、様々なメーカーオプションとディーラーオプションが設定されています。

キャストのおすすめメーカーオプションは?

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

アクティバとスタイルのX/X SAⅡならBi-Angle LEDヘッドランプ

Bi-Angle LEDヘッドランプ

アクティバおよびスタイルに設定されている廉価グレード「X」「X SAⅡ」を選んだ場合、ヘッドランプはマニュアルレベリング機能付のマルチリフレクターハロゲン式になります。

性能面では明るさが今ひとつである上、後ろに人を乗せたり荷物を満載した時にいちいち手動で光軸を調整しなければならない問題点があります。

そこでおススメなのが、オプションで用意されているオートレベリング機能付「Bi-Angle LEDヘッドランプ」です。

これを付けると、ハロゲンヘッドランプよりもずっと明るい上に長寿命かつ低消費電力、さらに光軸を自動で調整してくれるなどの様々な恩恵にあずかることができます。

価格は54,000円と少々高めなので、この装備が標準で付く上級グレードとの価格差が縮まってしまいますが、それでも是非とも奮発したいところです。

その他のおすすめメーカーオプションは?

比較的寒い地域に住んでいる方ならウォームパック

ウィンドシールドディアイサー

ヒーテッドドアミラー

シートヒーター

冬場に外気が氷点下まで下がるような寒い地域に住んでいる方におススメしたいオプションが、「ウォームパック」です。

その内容は、ワイパーブレード下のガラス部分に内蔵された電熱線によりフロントウィンドウガラスとフロントワイパーの凍結を防ぐ「ウインドシールドディアイサー」(全車)が付いています。

さらに短時間で背中や臀部を直接温めてくれる「運転席/助手席シートヒーター」(アクティバ/スタイルの全車)、ドアミラー鏡面の凍結を電熱線で溶かす「オート格納式ヒーテッドカラードドアミラー」(2WD全車)、後席にエアコンの温風を導く「リヤヒーターダクト」(2WD全車)などがパックとなっています。

価格はグレードと装備数により10,800円から45,360円までとまちまちですが、いずれにしても付ける価値のあるオプションであることは間違いありません。

純正ナビを付けるなら同時に純正ナビ装着用アップグレードパックも

ステアリングスイッチ

バックカメラ

後述するディーラーオプションの純正ナビを付ける場合、是非とも同時に付けておきたいパッケージオプションが、「純正ナビ装着用アップグレードパック」です。

その内容は、ナビの操作などをステアリングに手を添えたまま行える「ステアリングスイッチ」、後退時に車両背後の状況をナビ画面で確認できる「バックカメラ」、オーディオの音質と臨場感をアップできる「ツィーター+16cmリヤスピーカー」の3点からなるもので、21,600円という価格を遥かに超える満足度が得られると断言できます。

こちらはメーカーオプションであるため契約後に追加することはできないので、忘れずに付けておくようにしましょう!

ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・

男性しか乗らないならコンフォータブルパックは不要

コンフォータブルパック

キャストに標準で付くフロントドアガラスは、全車紫外線カット率が約90%の「UVカットガラス」となっています。

しかし、セットオプションの「コンフォータブルパック」選べば、紫外線を約99%カットするとともに赤外線も有効にカットする「スーパーUVカット&IRカットガラス」にアップグレードされます。

そのため、日焼けを嫌う女性の方が乗る場合にはおススメできるのですが、男性しか乗らない場合や、女性でもそこまで美白にこだわらない方の場合はオーバースペックの装備と言えます。

また、このオプションには花粉やPM2.5も除去してくれる「スーパークリーンエアフィルター」も含まれますが、どのみちドアを開閉するたびにそれらは車内に入ってしまうので、こちらもそれほど高い評価はできません。

キャストのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

スタイルとスポーツならメッキパック

メッキパック・ヘッドライト

メッキパック・フォグランプ

メッキパック・リアロアガーニッシュ

スタイルまたはスポーツを選ぶ場合、エクステリアをグレードアップするオプションとしておススメしたいのが「メッキパック」です。

メッキ仕上げの「ヘッドランプガーニッシュ」と「リヤロアランプガーニッシュ」、およびメッキ+ピアノブラック調仕上げの「フォグランプガーニッシュ」の3点がセットになったオプションで、価格はそれぞれを単独で付けた場合と比較して20%も安い69,854円となっています。

このパッケージオプションを付けると外観が上質かつ華やいだ印象になるので、他のキャストと差別化を図りたい方におススメです。

アクティバならアンダーパック

アンダーパック・フロントガーニッシュ

サイドアンダーガード

アンダーパック・リヤガーニッシュ

オフロード志向の強いエクステリアを持つアクティバにおススメのエクステリア・パーツが、「アンダーパック」です。

メッキ仕上げの「フロントガーニッシュ」と「リヤガーニッシュ」、およびシルバー仕上げの「サイドアンダーガード」の3点がセットになったオプションで、これを付けるとヘビーデューティー感溢れる雰囲気にイメージアップできます。

価格は、それぞれを単独で選んだ場合に対しこちらも20%OFFの81,648円となっています。

マッドガード

マッドガード

通常の軽自動車よりも悪路走破性に優れたキャストに乗るからには、ちょっとした不整路を走ってみたくなるユーザーも居るのではないでしょうか。

そんな場合、泥はねによりリア回りが汚れてしまうことがありますが、それを軽減してくれるオプションが「マッドガード」です。

外観面でもクロスオーバーSUVらしいムードを高めてくれますし、価格も6,653円と手頃なので広くおススメできます。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

オールウェザーマット

オールウェザーマット

クルマを新車で購入する際、多くのユーザーが選ぶオプションのひとつにフロアマットがあげられますが、キャストにも3種類のマットがオプションとして用意されています。

その中で一番おススメしたいのが、最廉価ながら最も汚れや水に強い「オールウェザーマット」です。

アウトドアでメイン使いするならこれが一番ピッタリですし、価格が14,753円と手頃なのも嬉しい点です。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

レインクリアリングミラー

レインクリアリングミラー

ミラー鏡面に親水加工が施されたドアミラーで、雨天時の後方視界確保に威力を発揮します。

撥水加工の場合、鏡面に雨滴が残ってしまい意外と視界が改善されないケースが多いものですが、雨滴を馴染ませる親水加工ならそんな心配もありません。

価格は14,386円とそこそこしますが、ケミカルの親水コート剤のようなランニングコストや塗布する手間が不要であることを考えれば、安いものです。

おススメディーラーオプションナビは?

ワイド スタンダードPlus メモリーナビ安心ドラレコプランJ9296

ワイド スタンダードPlus メモリーナビ安心ドラレコプランJ9296

ドライブレコーダー

キャストには、ディーラーオプションとして6種類のカーナビが用意されています。

もし、渋滞情報がリアルタイムで得られる通信情報取得機能や音声入力で目的地を検索できる機能が欲しいが、予算が限られているという場合におススメしたいのが、「ワイド スタンダードPlus メモリーナビ」です。

下から3番目に安い機種ですが、十分な基本性能や機能を持っているのでお得感があります。

このナビを単独で付けてもよいのですが、どうせなら万が一事故に遭った場合に証拠映像を残しておけるドライブレコーダーも付けておきたいところ。

キャストには、ナビ画面での設定や再生が可能な連動型ドライブレコーダーがセットになった「安心ドラレコプラン」が用意されているので、そちらを選んだ方がよいでしょう。

表題の型番の価格は155,304円で、ナビとドライブレコーダーを個別に付けるよりも12,474円お得になっています。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

リモコンエンジンスターターは社外品がおトク

リモコンエンジンスターター

キーフリーシステム付のグレードを選んだ場合、離れた場所からエンジンをスタートできるオプション「リモコンエンジンスターター」をチョイスすることができます。

この装備を使い、家の中から駐車場に停めてあるクルマのエンジンを事前に始動しておけば、乗り込む時には快適な室内環境が整っている(エアコンのスイッチをあらかじめONにしておくことが条件)、という便利な装備です。

しかし、この純正オプションは52,142円もするので、高過ぎると言わざるを得ません。

社外品ならばベーシックなタイプで1万円前後、高機能タイプでも2万円以下で手に入るので、そちらをおススメします。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

キャストの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのキャスト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がキャストを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のキャストの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>キャスト値引き交渉マニュアル

-キャストの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.