C-HRの値引き

総額はいくら?C-HRハイブリッド 1.8Gの値引きと総価格をシミュレーション

※C-HR:toyota.jp

前評判が高く、発売後も大人気で納車待ちに数か月かかっている人気のC-HRです。

C-HRの中でも人気のハイブリッド1.8Gが総額いくらで買えるのか?値引きも含めた総価格をシミュレーションしています。

また、他のグレードとの比較やライバル車との装備比較、C-HRハイブリッドGのリセールバリューなど、C-HRハイブリッドG購入の参考にしてみて下さい。

売れ筋人気グレードのC-HRハイブリッド 1.8Gを他のグレードと比較

グレード名C-HR ハイブリッド 1.8Gハイブリッド 1.8S
価格比較2,905,200円2,646,000円
1.8Sとの価格差+259,200円
装備比較18インチアルミホイール
18インチアルミホイール
17インチアルミホイール
17インチアルミホイール
プロジェクター式ハロゲンヘッドランプ
(LEDヘッドランプはMOP)
プロジェクター式ハロゲンヘッドランプ
プロジェクター式ハロゲンヘッドランプ
(LEDヘッドランプ設定なし)
自動ブレーキ自動ブレーキ
オートワイパー付
オートワイパー付
オートワイパーなし
クリアランスソナー&バックソナークリアランスソナー&バックソナーなし
上級ファブリック&本革シート表皮
上級ファブリック&本革シート表皮
ファブリックシート表皮
ファブリックシート表皮
電動ランバーサポート(運転席)
電動ランバーサポート(運転席)
電動ランバーサポート(運転席)なし
快適温熱シート(運転席・助手席)
快適温熱シート(運転席・助手席)
快適温熱シート(運転席・助手席)なし
照明付きバニティミラー
照明付きバニティミラー
バニティミラー
ナノイーナノイーなし
本革巻きステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール

※MOP(メーカーオプション)

C-HRハイブリッドGとSでは、価格差259,200円あります。その分、ハイブリッドGの方が装備や内装の高級感がアップしています。

具体的なところでは、ハイブリッドSでは17インチホイールですが、Gでは1インチ大きい18インチホイールが採用されています。

乗り心地では18インチの方が、タイヤの扁平率が少ないので多少乗り心地にゴツゴツ感はありますが、アルミが大きいため見た目の迫力は18インチの方があります。

また、コーナリングのステアリングレスポンスは、切り始めの初期は17インチの方が良いですが、コーナリング中から立ち上がりは18インチの方がグリップ感や安定感は高く、コーナー出口のトラクションも18インチの幅広タイヤの方がより掛かりやすくなります。

他エクステリアでは、ハイブリッドGのドアモールにピアノブラックやメッキが使われて、高級感がアップしています。

内装では、大きなところではシート表皮がハイブリッドGでは本革&高級ファブリックなのに対して、Sではファブリック生地のみとなります。またシートヒーターがハイブリッドGでは標準装備なのがうれしいですね。

内装では、センターコンソールやパワーウインドウスイッチベースにピアノブラック加飾、カップホルダーにLEDイルミネーションがハイブリッドGには付いていて、インテリア全体の質感が高くなっています。

内装の質感

ハイブリッドGとSでは価格差はまずまず大きい印象ですが、装備にも少なくない差があるので、価格差相応の装備差と言えるでしょう。

価格は高いですが、ハイブリッドGを選べば満足度も高いと思います。

C-HRハイブリッド 1.8Gのエクステリア

C-HRハイブリッド 1.8Gのエクステリア

C-HRの人気の高いエクステリアです。

低く構えたワイド&ローのフォルムが、SUVでありながらクーペチックに見えるスタイリッシュさがあります。

ヘッドラップやバンパーのガーニッシュ、ホイールデザイン、リアサイドウインドウの造形など、随所にエッジが効いたデザインとなっており、いかにスタイリッシュに見せるかを追求した形と言えるでしょう。

C-HRハイブリッドGでは、フロントLEDフォグランプや18インチアルミホイール、ドアモールなどにハイブリッドSと下げつかされており、高級感がアップしています。

ハイブリッドSのエクステリア
※ハイブリッドSのエクステリア

エクステリア後面

C-HRハイブリッドGのリア周りです。

リアのガラスが大胆に寝かされており、積載量や居住性よりもデザインを優先した事が見て取れるリアフォルムです。

リアのコンビネーションランプやリアバンパーの造形もエッジが効いてシャープなデザインとなっています。

フロントからリアにかけてのキャラクターラインもグラマラスな曲線を描きながら、深い陰影を表現して、C-HRらしいエッジの効いたメリハリのあるラインを実現しています。

個人的にはフロントよりもサイドからリア周りのデザインが好きです。よく考えて作られていてカッコいいですね!

C-HRハイブリッド 1.8Gのインテリア

C-HRハイブリッド 1.8Gのインテリア

C-HRハイブリッドGのインテリアです。

エッジの効いたシャープなエクステリアとは違って、エッジ感は抑えつつ、でもシャープな雰囲気を盛り込みながらファッション性の高い大人な雰囲気を醸し出す内装デザインとなっています。

ブラウンとブラックの配色で落ち着いたインテリアとなっています。

C-HRハイブリッド 1.8Gのインテリア

シートのブラウン部分が本革、ブラック部分がファブリックとなっています。シートサイドとシートバックは合皮が使われていますが、全体の質感は高くなっています。

ピアノブラック加飾

ハイブリッドGでは光沢のあるピアノブラック加飾があしらわれていて、質感が高くなっています。曲線とマッチしていて高級感を感じますね。

パワーウィンドウスイッチベース

パワーウインドウスイッチベースにもピアノブラック加飾、ドアインナーパネルはブラウンのファブリックですが、周りのガーニッシュは金属調のソフト塗装がされており、柔らかく高級感のある色調となっています。

インパネパネル

インパネパネルにも金属調ソフト塗装で質感アップ、合皮のソフトパッド+ステッチで高級車イメージのインパネ回りとなっています。

シート表皮

座面と背面にはファブリックが使われていますが、一般的なファブリックシートの表皮よりも数段高級感のあるファブリック表皮となっています。

ブラウン本革とのマッチングもいいですね。若干ファブリック柄が古臭いとの評価もありますが、おじさんの管理人には良く見えますね(笑)。

C-HRハイブリッド 1.8Gの実燃費は?

C-HR ハイブリッド 1.8Gの平均実燃費 21.6km/L

C-HR ハイブリッド 1.8Gのカタログ燃費は30.2km/Lです。渋滞が発生するような街中の燃費は16-17km/L、流れの良い幹線道路や郊外の一般道では、ハイブリッドらしく燃費が伸びて22-24kn/Lとなります。

高速道路では、ハイブリッドシステムの恩恵が少なくなるので若干落ちて、21-23km/Lの実燃費となるケースが多いです。

平均するとC-HRハイブリッドGの実燃費は、21.6km/Lとなります。

C-HRハイブリッド 1.8Gを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

ライバル車

C-HR ハイブリッド 1.8Gヴェゼル ハイブリッド RS・Honda SENSINGCX-3 XD Lパッケージ
2,905,200円2,770,000円2,808,000円
ヴェゼルに対して
+135,200円
----
CX-3に対して
+97,200円
----
1.8ハイブリッド1.5ハイブリッド1.5ディーゼル
18インチアルミホイール18インチアルミホイール18インチアルミホイール
本革巻きステアリングホイール&シフトノブ本革巻きステアリングホイール本革巻きステアリングホイール&シフトノブ
ハロゲンヘッドライト
(LEDヘッドライトはMOP)
LEDヘッドライトLEDヘッドライト
オートワイパー機能オートワイパー機能なしオートワイパー機能なし
自動ブレーキ自動ブレーキ自動ブレーキ
レーダークルーズコントロール
(全車速追従型)
アダプティブクルーズコントロール
(全車速追従型)
レーダークルーズコントロール
(全車速追従型)
クリアランスソナー&バックソナークリアランスソナー&バックソナーなしリアパーキングセンサー
電動ランバーサポート電動ランバーサポートなし電動ランバーサポートなし
運転席・助手席シートヒーター運転席・助手席シートヒーター運転席・助手席シートヒーター
ナノイー付ナノイーなしナノイーなし
ノーマルダンパーRS専用パフォーマンスダンパーノーマルダンパー
シート表皮(上級ファブリック&本革)シート表皮(ウルトラスエード)シート表皮(レザー&スエード)
スマートエントリースマートエントリースマートエントリー
バックガイドモニター
(オプション)
バックガイドモニター
(オプション)
バックガイドモニター標準

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

C-HRハイブリッドGと同クラスのライバル車のホンダヴェゼル、マツダCX-3との装備比較です。

価格はC-HRハイブリッドGが一番高いですが、エンジンの排気量が大きいのでその部分が主に価格差となっています。

装備別では、C-HRは標準ではハロゲンヘッドランプなのに対して、ライバル車はみなLEDヘッドランプが標準装備となっています。

C-HRで勝っている装備は、車庫入れ等で障害物を検知して知らせてくれる「クリアランスソナー&バックソナー」、シートの腰部分のクッションを調整する「電動ランバーサポート」、雨を感知して自動でワイパーを動かす「オートワイパー機能」、「ナノイー」などがライバル車と比べて標準装備となっています。

C-HRハイブリッドGの値引き交渉では、

「装備的にはほぼ同等のヴェゼルハイブリッドがC-HRより安く買えるので迷っている。C-HRもヴェゼルハイブリッドの価格に近づけて欲しい」

「燃料代も安くトルクのある走りが出来るCX-3と迷っている。○○万円のCX-3より安くなるならC-HRを検討したい」

などと、ライバル車と競合させると効果的でしょう。

ライバル車と競合させた後は、トヨタ全店扱いを利用して、系列が異なるトヨタディーラー同士で競合させると、C-HRハイブリッドGの値引きの上乗せが期待できます。

C-HRハイブリッド 1.8Gのリセールバリューは?

C-HRハイブリッドGのリセールバリューは、まだ出たばかりなのでリセールのデータがありませんが、直近の2017年3月のオークション相場では、ハイブリッドGとハイブリッドSでは、ハイブリッドGの方がリセールバリューが高いです。

これはターボでも当てはまるので、S-TよりもG-Tの方がリセールは良いですね。

現状では上級グレードの「G」のリセールバリューが強くなっています。

ターボとハイブリッドでは、現状では「ハイブリッド1.8G」と「1.2G-T」の買取相場は同等となっています。

同じ買取相場であれば、新車価格が約13万円安いターボの「1.2GT」の方がリセールが良いと言う事になります。

今後、1年後や3年後、5年後になるとこの傾向も変わるかと思いますが、C-HRの車のキャラクターから装備が落ちるSグレードよりも高級感のある「ハイブリッドG」の方が、リセールバリューは高い傾向が続くでしょう。

モデリスタのエアロキットは、付いていれば10万円ほどプラス査定になります。

ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインとブラックマイカ以外の色では、20万円ほど安くなってしまうので、リセールに期待するなら前出の2色にしておく方が無難です。

C-HRハイブリッド 1.8Gの値引き後の総支払額は?

C-HRハイブリッド 1.8Gの値引き後の総支払額は?

C-HR ハイブリッド 1.8Gの値引き後の総価格をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのC-HR ハイブリッド 1.8G新車値引き見積もり

グレード名C-HR ハイブリッド 1.8G
車両本体価格2,905,200円
(MOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(DOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用117,127円
目標値引き▲150,000円
オプション値引き--
支払総額2,872,327円

オプションを全く付けない状態のC-HR ハイブリッド 1.8Gの見積もりは、値引きを含んで2,872,327円でした。

ハイブリッドなので税金の免税があるので諸費用が安くなっています。目標値引きを達成できれば、車両本体価格よりも安く買う事が可能です。

オプションなしで購入しても、付属品を全く付けないのは現実的ではないので、純正オプションより安いネット通販で買える社外品で揃えた場合はいくらになるのか、出してみました。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット9,720円(14カラー)31,320円(ラグジュアリータイプ)
ドアバイザー8,010円(送料別)12,960円(ベーシックタイプ)
ナビゲーション99,251円(イクリプスAVN-D7W)260,280円(9インチ)
シートカバー28,691円~58,320円(革調)

社外品で上記のパーツを購入すれば、純正オプションで揃えるよりもかなり安く済むでしょう。

一番お手軽なのはフロアマットです。自分で簡単に取り付けできる上に、純正品の半額以下で購入できて金額を抑えることが出来ます。14カラーから選べるので、自分好みの内装に仕上げる事も出来ます。

ドアバイザーやナビは自分でお手軽に付けられるパーツではないので、おススメは新車購入時にディーラーで持ち込みで付けてもらう事です。

C-HRの新車契約の時に、「工賃無料か工賃割引」を条件にして契約して、ディーラーで付けてもらうと良いでしょう。

上記の社外品は、楽天市場で購入できます。

おすすめオプションを含んだC-HR ハイブリッド 1.8G値引き見積もり

おすすめオプションを含んだC-HR ハイブリッド 1.8G値引き見積もり

グレード名C-HR ハイブリッド 1.8G
車両本体価格2,905,200円
(MOP品名)ホワイトパールクリスタルシャイン、LEDヘッドランプ他、寒冷地仕様
メーカーオプション価格211,680円
(DOP品名)サイドバイザー(ベーシックタイプ)、フロアマット(デラックス)、Tコネクトナビ9インチモデル、マルチビューバックガイドモニター、ドライブレコーダー(カメラ一体型)、ETC2.0ユニット(ナビ連動タイプ)
ディーラーオプション価格428,630円(工賃込み)
諸費用117,127円
目標値引き▲150,000円
オプション値引き▲85,700円
支払総額3,426,937円

C-HRハイブリッドGのおすすめオプションを含んだ値引き見積もりシミュレーションです。

メーカーオプションには、売る時にプラス査定が見込めるホワイトパールクリスタルシャインを選んで、LEDヘッドライト・LEDクリアランスランプ、LEDシーケンシャルターンランプ、LEDデイライト、LEDコンビネーションランプがセットになったオプションを選びました。

C-HRのキャラクターからLEDランプ類は、少し高いですが欲しい装備ですね。満足感が得られるでしょう。

寒い日にエンジンが温まる前からすぐに温風が出てくるPTCヒーターが付いている寒冷地仕様も付けました。価格も28,080円とそこまで高くないので、あれば便利な機能です。売却時には輸出に該当すれば、プラス査定になる部分です。

ディーラーオプションには、9インチナビのほか、定番のオプションを選んでいます。

以上のオプションを付けて、オプション値引きも含んでC-HRハイブリッドGの総価格は、3,426,937円となりました。

モデリスタエアロを含んだC-HR ハイブリッド 1.8G値引き見積もり

モデリスタエアロを含んだC-HR ハイブリッド 1.8G値引き見積もり

グレード名C-HR ハイブリッド 1.8G
車両本体価格2,905,200円
(MOP品名)ホワイトパールクリスタルシャイン、LEDヘッドランプ他、寒冷地仕様
メーカーオプション価格211,680円
(DOP品名)サイドバイザー(ベーシックタイプ)、フロアマット(デラックス)、Tコネクトナビ9インチモデル、マルチビューバックガイドモニター、ドライブレコーダー(カメラ一体型)、ETC2.0ユニット(ナビ連動タイプ)

モデリスタELEGANT ICE STYLEキット(163,593円工賃込)

ディーラーオプション価格592,223円(工賃込み)
諸費用117,127円
目標値引き▲150,000円
オプション値引き▲118,400円
支払総額3,557,830円

C-HRハイブリッドGのおすすめオプションにモデリスタエアロを加えた値引き見積もりシミュレーションです。

モデリスタ単体の割引率は通常のディーラーオプションより低く、5~9%の値引きが一般的です。

ただ、C-HRの新車購入時なら他のオプションの値引きや決算キャンペーン、メーカー奨励金など他の要素も含んでくるので、モデリスタも含めた総額で交渉すればトータルから値引きを引き出せるでしょう。

C-HRハイブリッド 1.8Gの値引き実例は?

C-HRハイブリッド 1.8Gの値引き実例は?

現行型C-HR ハイブリッド 1.8Gは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

購入時期グレード名値引き額
2017年3月C-HR ハイブリッド 1.8G18.4万円
2017年2月C-HR ハイブリッド 1.8G19.4万円
2016年12月C-HR ハイブリッド 1.8G16.3万円
2016年12月C-HR ハイブリッド 1.8G10.0万円
2016年12月C-HR ハイブリッド 1.8G12.6万円
2016年11月C-HR ハイブリッド 1.8G18.5万円
2016年11月C-HR ハイブリッド 1.8G13.5万円
2016年10月C-HR ハイブリッド 1.8G18.0万円
2016年10月C-HR ハイブリッド 1.8G18.2万円
2016年10月C-HR ハイブリッド 1.8G12.0万円

C-HRハイブリッドGの実例値引きは、2016年12月発売以前の予約段階では、10万円台の値引きが目立っています。

ただ、値引きの総額20万円以上の実例も出ているので、今後C-HRの値引きは拡大していくでしょう。

トヨタ全チャンネルでの販売なので、トヨペット店、トヨタ店、ネッツ店、カローラ店との競合でC-HRハイブリッドGから値引きを引き出せるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

C-HRの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのC-HR値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がC-HRを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のC-HRの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>C-HR値引き交渉マニュアル

-C-HRの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.