C-HRの評価集

C-HRを買うならハイブリッドかガソリン車か?徹底比較してみました

アイキャッチ画像

独特なスタイルで人気を得ているC-HR。

そのC-HRでハイブリット車にするか、ガソリン車にするか、どちらを買おうかと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

燃費が良いハイブリッド車にするか、それともハイブリッドよりも価格が安いガソリン車にするか、それぞれの装備や燃料費などについてメリットやデメリットなど色々と比較してみました。

C-HRハイブリッドとガソリン車の外装の違い

まずC-HRハイブリッドとガソリン車の外装に違いがあるのか見てみましょう。

上の画像がC-HRハイブリッドで、下がガソリン車です。

C-HR G

※C-HR:toyota.jp
C-HR G

C-HR G-T

C-HR G-T

ハイブリッドでは左右サイドミラーの下側付近にHYBRIDと表示されたエンブレムが付いています。

また、フロントグリルに付いているトヨタのシンボルマークが、ブルーに加飾されています。

C-HR G

C-HR G

C-HR G-T

C-HR G-T

リヤ側では、バックドアにHYBRID SYNERGY DRIVEと表示されたハイブリッド専用のエンブレムが付いています。

また、ハイブリッド車ではバックドアのシンボルマークがブルーに加飾されています。

外装では、エンブレムとシンボルマークの違いのみで大きな差はありません。

外装とは直接関係ありませんが、ハイブリット専用の装備として車両接近通報装置が装着されます。

約25km/hまでの速度でゆっくりとモーター走行しているときは、自動で音が鳴るようになっています。

ハイブリットでは、モーター走行中はエンジンの音が出ないので、歩行者が気付かないことがあります。

走行しながら模擬的な音を出すことで、歩行者に車両の接近を知らせます。

スイッチを押すことで、音が鳴らないようにすることも可能です。

C-HRハイブリッドとガソリン車の内装の違い

内装の装備を見てみましょう。ここでは、C-HRハイブリッド専用の装備を紹介します。

オプティトロンメーター

ハイブリッド専用オプティトロンメーター

ハイブリッド専用オプティトロンメーター

右側に速度計、左側にハイブリッドシステムインジケーター、中央にマルチインフォメーションディスプレイが配置されます。

ハイブリッドシステムインジケーターは、ハイブリットのシステム状況を分かりやすく表示します。

「ECO」と表示された付近の緑色から青色の範囲で走行すると、燃費の向上が期待できます。

燃料代を抑えたい場合は、この範囲で運転することを意識すると良いでしょう。

マルチインフォメーションディスプレイは、平均燃費や走行状況などを表示します。

ガソリン車専用オプティトロンメーター

ガソリン車専用オプティトロンメーター

ガソリン車では、ハイブリッドシステムインジケーターに代わり左側にはエンジン回転計が配置されます。

ガソリン車では、4輪駆動車のみの設定になっています。

このため、マルチインフォメーションディスプレイは平均燃費や走行状況に加え、4輪の駆動状況の変化も表示します。

シフトレバー

ハイブリッド専用シフトレバー

ハイブリッド専用シフトレバー

ハイブリッドのシフトレバーは、オーソドックスな前後方向にボタンを押して移動させるタイプです。

「B」レンジの位置では、ガソリン車のエンジンブレーキのような働きがあります。

ガソリン車シフトレバー

ガソリン車シフトレバー

ガソリン車も前後方向に移動させますが、マニュアルモード付きです。

「D」の位置から右側へレバーを倒して「M」ポジションに入れると、ドライバーの意思に沿ったシフトアップ、シフトダウン操作が行えるようになります。

AC100Vコンセント

AC100Vコンセント

標準装備ではなくオプションとなりますが、ハイブリッド専用のオプション装備で価格は43,200円です。

家庭と同じコンセントが、コンソールボックスに付いています。

家庭で使う掃除機などを、そのまま車内で使えるため車内掃除のときは便利ですね。

ガソリン車ではオプション設定がないため装備できません。

EVドライブモードスイッチ

EVドライブモードスイッチ

スイッチを押すと、モーターだけを使って静かに走行できるようになります。

ハイブリット、ガソリン車ともにスポーツやエコモードを切り換えるドライブモードセレクトが装備されていますが、このEVドライブモードはハイブリット専用です。

早朝や屋内駐車場など、静かに走行したい場合に有効です。エンジンを使わないため、燃料費に効果がありそうです。

以上のように、ガソリン車との違いはハイブリッド専用の装備に差があります。

この他の加飾や装備は、グレードの違いによって差別化されています。

C-HRハイブリッドとガソリン車のメリットは?

グッド

C-HRハイブリッドのメリットは?

  • ガソリン車よりも燃費が優れる
  • EV走行中はモーターで走行するので静か
  • 発進するときは、ほとんどモーターだけで走行するので、静寂性に優れる
  • モーターとエンジンの切り替えが分からないくらいスムーズ
  • アイドリングストップ中でもエアコンの効きが良い

C-HRガソリン車のメリットは?

  • ハイブリッドに比べて、車両価格がおよそ13万円安い
  • アクセルを踏んだときの自然な吹き上がりが良い
  • 前輪と4輪駆動を自動的に切り換えてくれる4WDシステム
  • 排気量が小さくてもターボによるトルクで走りに不満はない
  • 1200ccのため毎年の自動車税が安い

C-HRハイブリッドとガソリン車の欠点・デメリットは?

バッド

C-HRハイブリッドの欠点・弱点は?

  • ガソリン車に比べて約32万円価格が高い
  • EVで走行中は静かなので、車両接近通報装置をオフにしていると歩行者が気づかない場合がある
  • 高速での加速は鈍く、苦手
  • 前輪駆動車しかない(4輪駆動車が設定されていない)

C-HRガソリン車の欠点・弱点は?

  • ハイブリッドに比べて静寂性が劣る
  • 1.2リットルエンジンの割に燃費が良くない
  • エンジンの力強さがない
  • エコカー減税が対象外

C-HRハイブリッドとガソリン車の価格とコストを比較!

ここでは、C-HRハイブリッドの燃費の良さでガソリン車との価格差を埋めるには、どの位の距離と時間が掛かるのか計算してみました。

ハイブリッドとガソリン車の価格差と実燃費は?

C-HR G(ハイブリッド車・FF)

車両価格:2,929,200円
平均実燃費:21.3km/L

C-HR G-T(ガソリン車・4WD)

車両価格:2,605,600円
平均実燃費:12.2km/L

ハイブリッドとガソリン車との価格差は323,600円、平均実燃費の差は約9km/Lとなっています。

ここで平均実燃費とは、市街地や幹線道路、高速道路を走行した時の燃費を平均した実燃費数値です。

価格差323,600円を埋めるにはどの位掛かる?

ハイブリッドとガソリン車の燃料代はどのくらい違うのか、実燃費から試算してみましょう。

1年間に10,000キロ走行するとします。レギュラーガソリンの1リットル当たりの単価を145円とします。

  • ハイブリッド 実燃費1リットル当たり21.3kmで10,000km走行した時の燃料代は、
    10,000km÷21.3km =469.5リットル、469.5リットル×145円=68,077円
  • ガソリン車 実燃費1リットル当たり12.2kmで10,000km走行した時の燃料代は、
    10,000km÷12.2km =819.7リットル、819.7リットル×145円=118,856円

1年間で10,000キロ走行した場合、ガソリン車の燃料代がハイブリッドより50,779円高くなる計算です。

ハイブリッドとガソリン車の価格差323,600円の元を取るには、

323,600円÷50,779円≒約6.37万㎞の走行距離が必要となります。

一般的な走行距離は、年間10,000キロと言われることが多いようです。

これは、週末に買い物やドライブで使うことを想定しています。

ハイブリッドの燃費の良さでガソリン車との価格差を埋めるのは、年間10,000キロ平均では約6年半で元が取れる計算です。

上記は車両価格の差のみで計算しています。

購入するときには、対象車にエコカー減税が適用されますので、さらに差は縮まります。

ハイブリッドは自動車取得税・自動車重量税ともに免税され、減税額はハイブリッドGの場合、約125,200円です。

ガソリン車はエコカー減税の対象となっていません。

ハイブリッドとガソリン車の車両価格差は323,600円ですが、減税分を引くと198,400円まで差が少なくなります。

10,000キロメートル走行すれば、燃費の差で約50,000円分は回収される計算です。

選択するオプションによっても価格差が変わってきますが、減税分を入れればハイブリッドとガソリン車の価格差はそこまで気にならないでしょう。

買うならC-HRハイブリッドとガソリン車どっち?

4輪駆動車が購入の必須条件でなければ、ハイブリットを選ぶと良いでしょう。

トータルコストの面でも走行性の面でもハイブリッドがオススメです。

ハイブリットのC-HR Gは、車両価格が、2,929,200円です。

1つ下のグレードS LEDパッケージより約25万円車両価格が高いですが、運転を支援する装備などが充実しています。

車両価格からエコカー減税分を引いた購入価格は、他車種ではガソリン車よりもかなり高くなることが多いハイブリッドですが、C-HRは該当しませんでした。

ハイブリッドなら購入後は、ガソリン代が安く済むのも魅力の一つです。

燃料代は、1年間で10,000km走行した場合、ハイブリッドシステムの低燃費性能を生かして50,779円安くなる計算です。

ハイブリッドならではの静かで力強い加速性は大きな魅力です。また、ハイブリッドを所有する満足感も得られます。

ガソリン車は、エコカー減税が対象外であること、1.2リットルガソリンターボエンジンの燃費が良くないことがネックとなっています。

実際に実車を運転すると、印象が変わってくる場合もあります。

まずはディーラーでC-HRのハイブリッドとガソリン車の両方に試乗して、じっくりと比較検討すると良いでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

C-HRの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのC-HR値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がC-HRを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のC-HRの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>C-HR値引き交渉マニュアル

-C-HRの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.