C-HRのレポート

トヨタ C-HR値引きレポート!ハイブリッド1.8G値引き額20.6万円-天然水さん

アイキャッチ画像

C-HR購入データ

契約日
2017年2月4日
ネーム 年齢 性別
天然水/40代後半/男性
商談地
大阪府
購入グレード
C-HR ハイブリッド1.8G
メーカー
オプション
ホワイトパールクリスタルシャイン
Bi-Beam LEDヘッドランプ
リヤクロストラフィックアラート
本革(ブラック)シート表皮
ディーラー
オプション
他装備付属品
T-Connectナビ9インチモデルDCMパッケージ
フロアマット(ラグジュアリー)
室内ハンガー
ラゲージトレイ
フロントスポイラー
LEDスタイリッシュビーム
ホイールアクセントデカール(ホワイト)
オプション総額
450,360円
車庫証明
カット
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額
200,000円
オプションからの
値引き額
0円
無料サービス品名
ガソリン満タンサービス
6,000円
値引き合計額
206,000円
購入総額
(下取り分含まず)
3,572,887円
下取り車
マツダ アクセラ 2007年式 赤
下取り車の価格
50,000円
下取り車の売却先
ディーラー (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

次の乗り換えの車として、ホンダのヴェゼルにほぼ決めていました。三度ほど商談を重ね、良い値段も出してもらい、ついに本契約しに行こうと、判子も持ってホンダに向かっていたのです。

でも妻が前からあれもいいねと言っていたトヨタのC-HRを見てから、C-HRへの思いを消してからヴェゼルの契約をしようと、トヨタのディーラーに立ち寄りました。

ショールームにはC-HRが展示されていました。さすが今一番売れている車、かなり気合いを入れて飾っていました。

「いらっしゃいませ。C-HR、いいでしょう?」

セールスさんがにこやかに近づいてきて言います。

「やっぱりカッコいいですね」

妻が思わず言いました。妻は元より、ヴェゼルよりC-HR派でした。

「ありがとうございます。ぜひ乗ってくださいよ。乗り心地も抜群にいいですよ」

「でも納期、かかるでしょ?半年待ちとか?」

私が言うと、セールスさんは首を振りました。

「そう言われていますが、実際にはそんなにかからないでしょう。うまいこといけば、3ヶ月ほどで乗れると思います」

意外と、長いと思っていた納期が圧縮され、心が若干傾きます。

「でも今買ってもねぇ。値引きもないでしょうし。次の機会でもいいかなと」

妻はそう言って、実は今からヴェゼルの契約をしに行くとこを話しました。するとセールスさんは目の色を変えて、話してきました。

「ヴェゼルと言われては、負けてられませんね。まず車をしっかり見てください。その上で、どちらが本当に乗りたい車か、判断してくださいよ」

そう言われて、私たちは試乗させてもらうことになりました。試乗なんかしちゃうと、余計に欲しくなります。妻は明らかにC-HRに傾いています。

「乗るんじゃなかったな」

私が思わず言うと、セールスさんは笑いました。

「そんなこと言わないでくださいよ。気に入って頂けて嬉しいです」

そして見積もりも出してもらいました。もちろん値引きは無し。

セールスさんは聞いてきました。

「正直、ヴェゼルの値引きはいくらですか?」

単刀直入に聞かれ、私は正直に答えました。

「20万円です。今日、もう一粘りしようとは思っていますが」

セールスさんはしばらく黙って考えた後、言いました。

「同じ値引き、C-HRでします。ですのでヴェゼルはやめて、C-HRに乗って頂けませんか?」

まさかの値引き提案に私たちはびっくりしました。しかもヴェゼルと同額値引きです。

「納期は多少待っていてもらわなければなりません。でも待つ価値がある車だと思います」

妻は何も言わず、頷きます。

「ぜひお願い致します」

セールスさんが頭を下げてきます。

私も頭を下げて、言いました。

「こちらこそ、ぜひお願い致します」

「乗ってくれますか?」

「はい。まさかそんなにしてくれるとは。そこまでされたら、C-HRにしない手はありません」

「良かったです。ありがとうございます」

こうして急展開で、C-HRへの乗り換えが決まりました。

でもこうしてトヨタに来てなければ、普通にヴェゼルを購入していたでしょう。来て良かったですね!

こちらも参考に!C-HRを安く買う値引き交渉マニュアル!

-C-HRのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.