C-HRの評価集

C-HRは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

アイキャッチ画像

トヨタのクロスオーバーSUV「C-HR」はスタイリッシュな外観が魅力ですが、その反面あまり運転がしやすそうには見えません。

視界が悪いという口コミも見掛けるので、購入を検討している方は気掛かりなことでしょう。

そこで、C-HRの運転しやすさ・難しさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

C-HRの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、C-HRの売れ筋グレード「ハイブリッド G」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【C-HR ハイブリッド G】
全長 4,360mm
全幅 1,795mm
全高 1,550mm

全長こそSUVとしては短い方ですが、全幅は5ナンバー枠の1.7mを大きく超え、1.8m近くに達しています。

狭い路地での取り回しやすれ違い、5ナンバー車を前提に設計された狭い駐車場への駐車などを考えると、ワイドな全幅は不安要素です。

ただ、SUVにも関わらず全高が立体駐車場への入庫が可能な高さに抑えられている点は、特に都市部に住む方にとっては嬉しいポイントでしょう。

コンパクトカーからC-HRへの乗り換えを検討している方も多いと思いますので、ここで「アクア」と大きさを比較してみましょう。

アクア G

【アクア G】
全長 4,050mm
全幅 1,695mm
全高 1,455mm

C-HRはアクアと比較すると全長が30cmほど長く、全幅も10cm広いディメンションです。

また、全高が10cmほど高い分アイポイントも高くなるので、運転感覚はかなり異なったものになります。

乗り換えた当初は、戸惑いを覚えるかもしれません。

C-HRの小回りは効くか?C-HRの最小回転半径

次に、C-HRの小回り性を検証してみましょう。

C-HR ハイブリッド Gの最小回転半径は5.2mで、アクアの4.8mと比較すると40cm大きい数値です。

小回り性と全長の差により、アクアでは切り返しなしで駐車できた駐車場で1~2回の切り返しが必要になる、といったケースもあり得えます。

しかし、同クラスのクロスオーバーSUVの中では、C-HRは小回りが効く部類に入りますし、ボディサイズも巨大というわけではないので、取り回しで泣きたくなるような事はほとんどないでしょう。

C-HRは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

C-HRは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

C-HRのフロントの見切りは良くない

C-HRのボンネットはそれほどスラントしていませんが、いざ運転席に座ってみると、ボンネットの先端部を目視することはできません。

その原因は、SUVとしてはシートポジションが低めに設定されており、視点の高さも低いからです。

運転席に上下のアジャスターが付いていますが、調整でどうにかなるレベルではありません。

また、ボンネットの長さも決して短いわけではないので、切り返しなどの際に鼻先を壁ギリギリに寄せるのは結構難しくなります。

一方、斜め前方の視界に関しては、決して悪くありません。

C-HRのAピラー部分

Aピラー(フロントピラー)はかなり傾斜しているものの、比較的細いので視界を遮らない上、三角窓が死角の軽減に役立っているからです。

交差点で右左折する時に、横断歩道上の歩行者を見落としてしまう可能性は、低いと言えるでしょう。

C-HRの車幅の感覚は掴みやすい?

C-HRの車幅感覚は?

運転席からボンネットの先端が見えると、それが車幅感覚を掴む目安になります。

しかし、C-HRはボンネット先端を目安にすることができないので、車幅の感覚は決して掴みやすいとは言えません。

また、全幅が約1.8mあるため、左右のAピラーを同時に視野に収めることができないことも、車幅を掴みにくくしている一因になっています。

慣れないうちは、すれ違いなどの際にボディ側面を擦ってしまわないよう、十分な注意が必要です。

C-HRの後方視界は悪い

C-HRの後方視界は悪い。

C-HRは外観のスタイリッシュさを優先した車なので、リアウィンドウの面積が小さくなっています。

そのため、バックの際に目視で後方の安全確認をしようとしても、見える範囲は限られています。

また、Cピラー(リアクォーターピラー)が太い上、リアドアウィンドウの面積も狭いため、斜め後方視界も劣悪です。

したがって、後退時にかなり神経を使う必要があるだけでなく、走行中も斜め後方にいる車両が死角に入ってしまうので、車線変更時も十分な注意が必要になります。

C-HRの駐車にはコツがある?

C-HRは先ほど解説したように視界が良くないので、慣れないと駐車にはそれなりに神経を使います。

駐車のコツは、「死角に障害物はないだろう」「周囲に子供はいないだろう」などと思い込まず、必要ならば一旦車から降りて周囲の状況を確認をすることです。

ただ、上級グレードのハイブリッド GとG-Tに限り、低速走行時に障害物に接近するとブザー音と表示でお知らせする「クリアランスソナー&バックソナー」が標準装備されるので、視界の欠点をある程度カバーしてくれます。

C-HRの運転で役立つアイテム

コーナーセンサー(ボイス4センサー)

C-HRのコーナーセンサー
※C-HR 出典toyota.jp

ハイブリッド SやS-Tなどの場合、先ほど紹介したクリアランスソナー&バックソナーはメーカーオプション設定さえされていません。

しかし、それに代わる安全装備として、ディーラーオプションで「コーナーセンサー(ボイス4センサー)」が用意されています。

これは、超音波センサーで障害物を検知し、接近した時に音声とアラーム音、及び表示ランプにより知らせてくれる装備です。

価格は50,760円と決して安くはありませんが、視界に難があるC-HRには必須のアイテムと言えるでしょう。

ただ、クリアランスソナー&バックソナーが前後バンパーのコーナー部と中央部にセンサーが備わるのに対し、コーナーセンサーはコーナー部にしか装備されません。

その分、障害物を検知できない可能性が高くなるので、過信は禁物です。

バックカメラ

C-HRのバックカメラ
※C-HR 出典toyota.jp

駐車をサポートするためのもう一つのアイテムとして、メーカーオプションの「バックカメラ」があります。

純正ナビを装着した場合、バックカメラで捉えた映像をナビ画面に表示できるので、後退時の安全確認がしやすくなるのがメリットです。

また、バックガイド線が表示されるので、駐車に苦手意識のある方には有難味が大きいのではないでしょうか。

価格はハイブリッド G/G-Tの場合が37,800円、それ以外のグレードの場合が27,000円とそれほど高価ではないので、ナビを付けるなら是非とも付けておきたいところです。

C-HRの運転のしやすさまとめ

C-HRは視界や見切りが悪いため、コンパクトクラスのSUVとしては運転が難しい部類に入ります。

特に小柄な女性の場合は、大柄な男性以上に視界や見切りが悪いと感じるはずなので、運転するのが怖いかもしれません。

ただ、ボディサイズが巨大ではないので、慣れれば何とかなるとも言えるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

C-HRの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのC-HR値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がC-HRを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のC-HRの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>C-HR値引き交渉マニュアル

-C-HRの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.