カローラスポーツの評価集

カローラスポーツを買うならハイブリッドかガソリン車か?販売の比率や税金、下取り額など違いをがっつり比較!

アイキャッチ画像

2018年に登場したスポーティーな外観が特徴のハッチバック車「カローラスポーツ」は実質、オーリスの後継車種という位置付けとなります。

カローラスポーツにはガソリンモデル(1.2Lターボ)とハイブリッドモデル(1.8Lハイブリッド)の2つの選択肢があります。

同じ見た目を纏いながら、中身の違う2つのカローラスポーツについて徹底的に解説していきます!

この記事の目次

カローラスポーツハイブリッドとガソリン車の外装の違い

カローラスポーツ ハイブリッドの外観・前面

toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツ ガソリン車の外観・前面

toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツの外観は、ハイブリッドとガソリン車でほとんど違いはありません。

見分けるには、ノーズのCエンブレムが青いかどうか、フロントフェンダーにハイブリッドロゴがついているかでハイブリッドかガソリン車かの判断ができます。

カローラスポーツ ハイブリッドの外観・後面

toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツ ガソリン車の外観・後面

toyota.jp/corollasport/

リアフェイスもほぼ同じで、リヤゲートのトヨタエンブレムが青いかどうか、右下にハイブリッドロゴがあるかどうかで判断できます。

カローラスポーツハイブリッドとガソリン車の内装の違い

カローラスポーツ ハイブリッドGの内装・インパネ回り

toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツ ハイブリッドGの内装・車内空間

toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツの内装は、細部の装備に若干の差があるものの、外見的には同グレード間の違いはほとんどないと言っていいでしょう。

パドルシフト(ガソリン車・CVT車)

カローラスポーツのパドルシフト

toyota.jp/corollasport/

ステアリングを握りながら指先操作での機敏なシフトチェンジを可能とし、CVTでありながらよりスポーティな走りを楽しめるパドルシフトが装備されています。

※最廉価グレードのG Xのみメーカーオプション。

iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)

スポーティーハッチバックのような車は、MTで自分の手足のように操るにはちょうど良いサイズです。

カローラスポーツの6速マニュアルシフト

toyota.jp/corollasport/

そんなカローラスポーツにはガソリンモデルにのみ、6速MTがラインナップされています。

しかも、国内トヨタ初のiMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)が採用されています。

このiMTは、発進時にクラッチ操作を検出するとエンジントルクをアップして、クラッチ操作のみでもスムーズに発進できるような制御になっています。

また、ドライブモードでSPORTモードを選択した際の変速時に、コンピュータ制御で自動的に最適なエンジン回転数に合わせることで、変速ショックの少ないスムーズな変速を実現できます。

カローラスポーツハイブリッドとガソリン車の売れ筋グレードは?

オートオークションで過去3ヶ月分のカローラスポーツの流通台数を調査したところ、ハイブリッドの売れ筋は「ハイブリッドGZ」、ガソリン車では「GZ」が人気となっていました。

どちらも最上級グレードですが、カローラスポーツの他グレードに比べて価格差以上の装備が充実しているため、多くのユーザーに選ばれたものと考えられます。

カローラスポーツ ハイブリッドの売れ筋は「ハイブリッドGZ」

カローラスポーツのハイブリッド全48台中31台が「ハイブリッドGZ」で、全体の64.5%を占めていました。続く中間グレードの「ハイブリッドG」は16台で33.3%をシェアしています。

カローラスポーツ ガソリン車の売れ筋は「GZ」

一方、ガソリン車では全31台中15台が「GZ」、流通量全体の48.3%をシェアしていました。2位の「G」は僅差の14台、45.1%を占めています。

カローラスポーツハイブリッドとガソリン車の維持費を比較

比較項目ハイブリッドGZGZ(ガソリン車)
価格2,689,200円2,419,200円
価格差+270,000円
自動車取得税
(新車購入時の税金)
0円60,400円
重量税
(新車購入時)
0円36,900円
購入時のエコカー減税を考慮した価格差+172,700円
自動車税
(翌年分)
9,800円34,500円
平均実燃費19.8km/L14.3km/L
ガソリンタンク容量43L50L
ガソリンの種類レギュラーレギュラー
満タンで走れる距離
(5リッター残し)
752.4km643.5km

※実燃費は市街地や幹線道路、高速道路を含んだ平均の実燃費数値です。

ハイブリッド・ガソリン車の価格差172,700円を燃費で埋めるにはどの位掛かる?

レギュラーガソリン140円/Lで計算

  • ハイブリッド 19.8km/L
    10000÷19.8≒505.0リッター
    505.0×140円=70,700円
  • ガソリン車 14.3km/L
    10000÷14.3≒699.3リッター
    699.3×140円=97,902円

カローラスポーツで10,000km走行すると、ハイブリッド車の燃料代はガソリン車より27,202円安くなります。

この差額でハイブリッドとガソリン車の差額172,700円の元を取るには、

172,700÷27,202≒6.34万キロの走行距離が必要となります。

多くのユーザーが週末にドライブや買い物でカローラスポーツに乗る程度だと1万キロ/年走行がいいところですから、ハイブリッドの好燃費でガソリン車との差額を埋めるには、約6年半の歳月を要することになります。

車検3回目を迎えるころにようやくペイできる計算ですが、管理人はだいたい5年以内(車検1回)でマイカーを買い替えるタイプなので、そういう方には不向きと言えます。

ちなみに、通勤や送り迎えなどでよく使う方が2万キロ/年ペース乗ればおよそ3年強なので車検1回でペイ、仕事中もガンガン使い倒すヘビーユーザーが3万キロ/年乗れるなら約2年でペイ出来ます。

こうして見ると、他車種に比べてハイブリッドの好燃費でガソリン車との差額を取り戻しやすい車種なので、長期にわたって乗る方なら、トータルコストでもハイブリッドで上回れるでしょう。

より正確なシミュレーションをするなら、自分が必要なオプションを加えた支払総額で計算するといいでしょう。

カローラスポーツハイブリッドとガソリン車の加速や静粛性、乗り心地の違いは?

静粛性、トルクのある加速はハイブリッド車

カローラスポーツの走りをハイブリッドとガソリンで乗り比べたところ、静粛性とトルク感ではやはりモーター駆動のハイブリッドが優勢でした。

高いボディ剛性とコシのある足回りで直進での安定性と、ラインを的確にトレースできるハンドリングに信頼感があり、ロールの戻しなども3次元的にコントロールされて快適な乗り心地を味わえます。

ただ、上り勾配でのパワー不足は若干感じたので、そんな時はちょっと燃費に目をつぶり、スポーツモードに切り替えれば悠々と切り抜けられるでしょう。

乗り心地は同等、自然な加速フィーリングと軽快な走りはガソリン車

一方のガソリン車もハイブリッドに負けない高品質な乗り心地と、1.2L直噴ターボで600㏄の排気量差をものともしない軽快な走りを楽しめました。

先進的なハイブリッドもいいですが、やはり多くのユーザーが親しんで来たガソリン車ならではの乗り味は、いつまでも色褪せない走りの魅力を感じさせます。

ターボラグもほとんど感じられず、路面に吸いつくような足回りと相まって自然な加速を堪能できます。

どちらを選ぶにしても、まずは両方とも試乗させてもらって自分とフィーリングの合う方に決断したいところです。

カローラスポーツハイブリッドとガソリン車どちらが売れているか?販売の比率を公開

現行型カローラスポーツは、2018年6月に発売されました。

2018年6月~2019年6月まで当サイト(クルマを買う!)で集計したカローラスポーツの販売台数を基に、ハイブリッドとガソリン車のどちらがより多く売れているのか、販売比率をまとめました。

  • カローラスポーツ ガソリン車 74,332台 69.9%
  • カローラスポーツ ハイブリッド 31,860台 30.1%

2018年6月の発売当初からガソリン車が優勢を保ちながら、約1年の集計ではガソリン車が40%近くも多く売れているのがわかります。

カローラスポーツハイブリッドとガソリン車、下取りが高いのはどっち?

いつかカローラスポーツを売却・買い替えする時、ハイブリッドとガソリン車ではどっちが高く下取りしてもらえるのでしょうか。

2019年8月現在の業者オークション相場から、1年落ちカローラスポーツの下取り相場を比較してみました(年間1万キロ走行前後で算出)。

比較項目ハイブリッドG ZG Z(ガソリン車)
1年後の下取り価格239.6万円(89.1%)209.1万円(87.6%)

※カッコ内は当時の新車価格に対しての残価率です

これを見ると、ハイブリッドの方がガソリン車よりも高いリセールとなっていますが、その差は2%以内と小さなものなので、リセールはあまり気にせず好きな方を買えるでしょう。

カローラスポーツハイブリッドとガソリン車のメリットは?

グッド

カローラスポーツ ハイブリッドのメリットは?

  • 燃費がよく、給油の手間やランニングコストに優れる
  • モーター駆動ならではの静粛性と、低速域での太いトルクが魅力
  • ガソリン車との価格差は、長く乗れば好燃費で取り戻しやすい
  • CO2排出が少なく、環境にやさしい
  • 購入時のエコカー減税でお得感がある

カローラスポーツ ガソリン車のメリットは?

  • 車両価格が約27~30万円安い
  • 1.2Lターボエンジンで、ハイブリッドに負けないパワフルな走りが可能
  • 4WD設定が選べる
  • iMT(6速マニュアル)が選べて、スポーティな走りが楽しめる
  • 排気量が小さいため、自動車税がハイブリッドより安い

カローラスポーツハイブリッドとガソリン車の欠点・弱点は?

バッド

カローラスポーツ ハイブリッドのデメリットは?

  • 車両価格がガソリン車よりも高い
  • 短期の買い替えだと、好燃費でもガソリン車との差額を取り戻しにくい
  • ガソリン車に比べて高速域での非力さを感じる場面も
  • 4WDの設定がないため、必要な地域では困ることも

カローラスポーツ ガソリン車のデメリットは?

  • ハイブリッドの価格差が小さく、割安感が薄め
  • ハイブリッドに慣れていると、静粛性に難を感じる方も
  • エコカー減税の適用がないため、少しお得感が損なわれる
  • CO2排出が比較的多く、環境にやさしくない

買うならカローラスポーツハイブリッドとガソリン車どっち?

以上、カローラスポーツのハイブリッドとガソリン車についてそれぞれの個性や魅力について比較してきましたが、結局どっちを買えばいいの?とまだ迷っている方もいると思います。

わかりやすくまとめると、街乗りメインでまったり乗るならハイブリッド、バイパスや高速道路などでスポーティに走りたいならガソリン車がおすすめです。

経済面では長期(車検3回≒7年程度が目安)でじっくり乗るならハイブリッド、短期で乗り換えるスタイルならガソリン車が、トータルコスト的にお得となるでしょう。

もし管理人が買うなら、ガソリン車のGZを6速マニュアルでガンガン楽しみたいと思います。買い替え周期もマックス5年くらいなので、コスパ面でも有利です。

とは言え、実際に乗ってみると予習した理屈とは違った相性を感じることもあるため、後悔しない車選びのためには、頭から決めつけないでハイブリッドとガソリン車の両方とも試乗させてもらうのがおすすめです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

カローラスポーツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のカローラスポーツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がカローラスポーツを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のカローラスポーツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>カローラスポーツ値引き交渉マニュアル

-カローラスポーツの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.