カローラスポーツの評価集

カローラスポーツでみんなが選ぶオプションとナビは?コレがおススメ!

アイキャッチ画像

トヨタ自動車は2018年6月26日、「オーリス」の後継モデルとなる「カローラスポーツ」を発売しました。

全車に通信モジュールを搭載、「コネクティッドサービス」と呼ばれるサービスが受けられる点が最大の特徴になっています。

メーカーオプションとしては内装や安全装備、走行性能関連のパッケージオプションなどが、ディーラーオプションとしては内外装パーツや安全・快適装備、ナビなど用意されていますが、その中でも特に人気のあるアイテムを紹介します。

カローラスポーツのおすすめメーカーオプションは?

エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

LEDリヤフォグランプ

霧などの悪天候時は後続車から追突される危険性がありますが、オプションのLEDリヤフォグランプを点灯すればそのリスクを軽減できます。

価格も10,800円と手頃なので、付けておいて損はありません。

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

カラーヘッドアップディスプレイ

上級グレードのハイブリッドZ/Zにオプション設定されているカラーヘッドアップディスプレイは、車速やナビのルート案内など運転に必要な情報を表示する装備です。

メーターやナビ画面で確認するよりも視線移動量が少なくて済むので、安全運転に繋がります。

価格は43,200円で安価とは言えませんが、出費に見合った価値は十分あるでしょう。

ハイブリッドZ/Zなら本革&ウルトラスエードシート+運転席電動ランバーサポート&シートバックポケット+運転席・助手席シートヒーター

ハイブリッドZ/Zのみに設定されているセットオプションで、これを選ぶとシート表皮が標準仕様のファブリックから、遥かに上質で肌触りの良い本革+ウルトラスエード表皮になります。

また、腰痛対策に効果的な運転席電動ランバーサポートや、雑誌や書類などの収納に役立つ運転席シートバックポケット、運転席・助手席の座面とシートバックを暖め、寒い冬の日のドライブを快適にするシートヒーターも大変有効な装備です。

価格は175,500円と高価ですが、出費以上の価値があると言えるでしょう。

ハイブリッドG/ハイブリッドX/G/Xなら運転席・助手席シートヒーター

中級グレードのハイブリッドG/Gと廉価グレードのハイブリッドX/Xの場合、運転席・助手席シートヒーターのみを選ぶことができます。

価格は16,200円と手頃ながら、出費以上の快適性を提供してくれるので、是非とも付けたいところです。

安全装備のおすすめメーカーオプションは?

インテリジェントクリアランスソナー+リヤクロストラフィックオートブレーキ&ブラインドスポットモニター+オート電動格納式ドアミラー

全車に設定されているセットオプションです。「インテリジェントクリアランスソナー」は、駐車時に障害物を検知すると表示とブザーで知らせるクリアランスソナーに、自動ブレーキなどにより障害物との接触回避を支援する機能を付加したものです。

また、「リヤクロストラフィックオートブレーキ」は、後退時に接近する車両を検知すると自動ブレーキにより衝突被害軽減を支援する装備、「ブラインドスポットモニター」は後側方の死角に車両が接近するとインジケーターの点灯・点滅で知らせる装備になります。

標準装備される「トヨタセーフティセンス」にこのセットオプションを追加すれば、予防安全対策は万全と言えるでしょう。

価格は、この3つの安全装備の他にイグニッションをオフにすると自動でミラーが格納されるオート電動式ドアミラーが付いて125,280円です。

走行性能関連のおすすめメーカーオプションは?

AVS+5段階ドライブモードセレクト

ハイブリッドZ/Zに設定されているセットオプションです。

AVS(アクティブ・コーナリング・アシスト)は、路面状況や運転操作などに応じて4本のショックアブソーバーを独立して制御し、コーナリング時のロールを軽減するほか、不整路での乗り心地を向上させる装備になります。

また、このオプションを選ぶと、ドライブモードセレクトがエコ/ノーマル/スポーツの3段階からコンフォート/スポーツS+を追加した5段階にアップグレードされるのもメリットです。

価格は108,000円と少々高価ですが、ワインディングロード走行が好きな方なら付ける価値ありです。

カローラスポーツのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

バンパープロテクター

前後バンパーのコーナー部分は擦りやすいものですが、このプロテクターを装着すればバンパー本体が傷付くのを防ぐことができます。

価格は9,720円と手頃なので、特に後ほど紹介する「コーナーセンサー」を装着しない場合は付けておきたいところです。

レインクリアリングブルーミラー

ドアミラー表面の親水処理により雨滴を馴染ませ、後方視界を確保するアイテムです。

価格は12,960円と親水コート剤より遥かに高価ですが、効果が半永久的に持続するため、結果として安い買い物になります。

ドアエッジプロテクター

ドア開閉時にエッジを保護する樹脂製のプロテクターで、価格は1台分で5,400円です。

メーカー純正オプションとしては安価なので、あえて社外品を選ぶ必要もないでしょう。

モデリスタエアロキット

カローラスポーツには、トヨタ純正アクセサリーとTRD、そしてモデリスタからエアロキットが出ていますが、カローラスポーツの大きなフロント開口部にバランスよくマッチしたモデリスタエアロをおすすめします。

若干ガンダムチックでゴテゴテ感が目立ちますが、派手なフロント開口部に負けない存在感のあるエアロデザインが、フロントからサイド、リアに掛けてスタイリングを引き締めています。

もちろん好みによりますが、もう少し派手さを抑えスポーツチックに見せたいなら、TRDがおすすめです。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

フロアマット(デラックスタイプ)

足元の高級感を演出し、汚れた場合は取り外して清掃できるフロアマットは人気アイテムのひとつです。

カローラスポーツには3種類のフロアマットがオプション設定されていますが、当サイトではオーソドックスなデラックスタイプ(20,520円)をおススメします。

上級のラグジュアリータイプ(28,080円)と異なり抗ウィルス/抗アレルゲン/抗菌/防ダニ/消臭機能はありませんが、それらは絶対必要な機能でもないので、デラックスタイプで十分でしょう。

ラゲージソフトトレイ

カローラスポーツのようなハッチバック車は、荷室にレジャーの道具を積む機会もあるはずですが、マリンスポーツやウィンタースポーツの用具を積むと荷室フロアが濡れてしまいます。

そんな場合に重宝するのが、撥水・防水機能を備えたラゲージソフトトレイです。

価格は9,720円とお手頃になっています。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

電子インナーミラー

バックドアガラス内側に装着されたカメラの画像をルームミラーに映し出す装備で、どんな状況でもクリアな後方視界を提供します。

価格は59,400円と結構高額ですが、後席に人を乗せたり荷室に大きな荷物を積む機会が多いなら、付けておいて損はありません。

快適装備のおすすめディーラーオプションは?

コーナーセンサー

前後バンパーのコーナー部分に設置された超音波センサーで障害物を検知し、接近すると音声や表示ランプなどでお知らせする装備です。

価格は50,760円とそれなりに張りますが、ぶつけて修理代が掛かることを考えれば、むしろ安いとも言えます。

リバース連動ミラー

シフトレバーを「R」に入れると助手席側のドアミラーが自動で下向きになる装備で、バックでの駐車時に白線や低い障害物などが確認しやすくなるメリットがあります。

価格も16,200円と手頃なので、かなりおススメです。

カローラスポーツのおすすめナビは?

カローラスポーツに設定されているディーラーオプションナビは、高い順から「T-コネクト9インチモデル」「T-コネクトナビ」「エントリーナビ」の3種類があります。

このうち、トヨタスマートセンターからの様々な情報提供を受けられるT-コネクト機能がないエントリーナビは、安価だからといっておススメはできません。

当サイトのイチオシは、高精細で見易いHD画面が備わるほか、マルチインフォメーションディスプレイなどにナビ情報を表示できる「T-コネクト9インチモデル」です。

価格は260,280円と高価ですが、2~3割の値引きは期待できますし出費に見合った満足感が得られることでしょう。

また、人気の点でもこの機種がナンバーワンになっています。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

オートアラームは社外品の方が安い

カローラスポーツには、盗難防止に役立つ「オートアラーム」がオプション設定されていますが、価格は37,800円と結構高価です。

社外品なら一流メーカーのユピテル製でも1万2千円ほどで手に入るので、純正オプションにこだわる必要はないでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

カローラスポーツの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのカローラスポーツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がカローラスポーツを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のカローラスポーツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>カローラスポーツ値引き交渉マニュアル

-カローラスポーツの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.