カローラツーリングの評価集

カローラツーリングでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

スタイリッシュなカローラツーリングをさらにカッコよくしたい、もっと安全で快適なクルマにしたい思っている人も多いことでしょう。

そんなニーズに応えるため、カローラツーリングには安全・快適性を高めるメーカーオプションや、エアロパーツなどのディーラーオプションが多数用意されています。

ここではカローラツーリングで人気のオプション、おススメのオプションを紹介していきますので、新車購入時の参考にどうぞ。

カローラツーリングのおすすめメーカーオプションは?

車線変更時や後退時の安全性を高めるブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ

カローラツーリングは全車に安全運転支援システムのトヨタセーフティセンスが標準装備されますが、さらに安全性を高めるオプションが用意されています。

それが、ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ です。

ブラインドスポットモニターは後側方の死角から接近する車両を検知し、ドアミラーインジケーターの点灯・点滅でお知らせする装備になります。

一方リヤクロストラフィックオートブレーキは、後退時に後方左右から接近する車両を検知すると、ドアミラーインジケーターの点灯やブザーで注意喚起、それでも衝突の可能性があると自動ブレーキを掛ける装備です。

価格はW×BとSの場合は66,000円ですが、G-Xの場合はインテリジェントクリアランスソナー等とセットで133,100円となります。

高価に感じるかもしれませんが、安全をお金で買えると思えば納得できるはずです。

なおW×Bの6MT車の場合は、リヤクロストラフィックオートブレーキの代わりに、自動ブレーキ機能を省いたリヤクロストラフィックアラートが付きます。

W×B、Sなら冬場の快適性を高めるシートヒーター+ステアリングヒーター

 

カローラツーリングのステアリングヒーター

toyota.jp/corollatouring/

W×BとSには、運転席・助手席の座面とシートバックを暖めるシートヒーターと、ステアリングホイールを暖めるステアリングヒーターがセットオプション設定されています。

シートヒーターはエアコン暖房よりも暖まるのが早く、しかも体が直接温まるのでとても快適です。

またステアリングヒーターも、かじかむ手を暖めてくれるので有難みがあります。

価格は27,500円とそれほど高くないので、付けておいて損はありません。

なおW×Bの場合は、メーカーオプションのホワイト内装 (28,600円) を選ぶと、セットでシートヒーターとステアリングヒーターが付いてきます。

カローラツーリングのホワイト内装

toyota.jp/corollatouring/

 

ハイブリッドなら非常時にも役立つアクセサリーコンセント

カローラツーリングのアクセサリーコンセント

toyota.jp/corollatouring/

カローラツーリングのアクセサリーコンセント

toyota.jp/corollatouring/

ハイブリッドの全車に、コンソールボックス背面とデッキサイド左側に付くアクセサリーコンセントがオプション設定されています。

1500Wまでの家電品が使えるので、キャンプや車中泊の際などに便利です。

さらにエンジン停止時でも使用できる非常時給電システムも備わるので、停電時の電源としても役立ちます。

44,000円の価格は安いとは言えませんが、付けておいて良かった!と思うことがあるでしょう。

スマホユーザーにおススメしたい、置くだけ充電

カローラツーリングの置くだけ充電

toyota.jp/corollatouring/

スマホをコンソールトレイ内の充電エリアに置くだけで、充電ができる装備です。

13,200円というお手頃価格もあって人気の高いオプションで、スマホユーザーには是非ともおススメします。

カローラツーリングのおすすめディーラーオプションは?

雨の日に役立つサイドバイザー

カローラツーリングのサイドバイザー

toyota.jp/corollatouring/

フロントドア&リアドアウィンドウの上部に装着するサイドバイザーは、ディーラーオプションの中では人気の高いアイテムです。

サイドバイザーが付いていれば、雨の日に窓を少しだけ開け、雨水の侵入を防ぎながら換気ができます。

特にタバコを吸う人やペットを乗せる人などには、必須のオプションと言えるでしょう。

サイドバイザーを付けると高速走行時に風切音が気になることがありますが、その対策もしっかり施されています。

価格は24,200円です。

親水コート剤が不要になるレインクリアリングブルーミラー

カローラツーリングのレインクリアリングブルーミラー

toyota.jp/corollatouring/

雨天時はドアミラー鏡面に水滴が付き、後方視界が悪くなります。

それを防ぐには親水コート剤を塗る方法もありますが、小まめに塗る手間やランニングコストが掛かるのが難点。

その点オプションのレインクリアリングブルーミラーなら、鏡面に親水コーティングが施されているため、手間いらずでランニングコストも掛かりません。

価格は13,200円とケミカルよりずっと高価ですが、長い目で見ればむしろ安上がりです。

フロアマットを敷くなら、安価なデラックスタイプ

カローラツーリングのフロアマット

toyota.jp/corollatouring/

フロアマットはインテリア関連のディーラーオプションで一番人気のアイテムで、これを付けない人はほとんどいないでしょう。

カローラツーリングには4種類のフロアマットが用意されていますが、おススメはデラックスタイプ (20,900円) です。

もっと高価なフロアマットのような抗菌、防止ダニなどの機能はありませんが、そもそも細菌やダニなどはシート表皮などにも付着してしまうので、フロアマットだけ対策してあってもあまり意味がありません。

ですから、割り切ってデラックスタイプで十分と言えるのです。

アウトドアを楽しむならラゲージソフトトレイセット

カローラツーリングのラゲージソフトトレイセット

toyota.jp/corollatouring/

カローラツーリングでキャンプやサーフィン、ウインタースポーツなどのアウトドアを楽しむなら、荷室フロア用とセカンドシートバック用のソフトトレイをセットにしたラゲージソフトトレイセット (24,200円) がおススメです。

撥水・防水機能付なので、濡れたレジャー用品を無造作に載せられるメリットがあります。

後ろに人を乗せたり大きな荷物を積む機会が多いなら電子インナーミラー

カローラツーリングの電子インナーミラー

toyota.jp/corollatouring/

後席に人を乗せたり、荷室に大きな荷物を積んだ場合、標準のインナーミラーでは後方視界が悪化してしまいます。

しかしバックカメラの映像を映し出す電子インナーミラーなら、そんな状況でも後方視界はバッチリです。

また上下・左右の視界がワイドなので、死角が減るメリットもあります。

価格は60,500円と高価ですが、付けておいて良かったと思うはずです。

カローラツーリングのおすすめ純正ナビは?

T-コネクトナビキット

カローラツーリングのT-コネクトナビキット

toyota.jp/corollatouring/

カローラツーリングは全車に7インチディスプレイオーディオが標準装備され、スマホのナビアプリを7インチ画面に表示できます。

しかし、中にはスマホを持っていない人もいるでしょうし、やっぱり性能・機能の優れた車載ナビを使いたい、という人もいるでしょう。

そんな人におススメなのが、ディスプレイオーディオにナビ機能をプラスするT-コネクトナビキット (110,000円) です。

便利なトヨタのコネクティッドサービスに対応するので、利便性はスマホのナビアプリを上回ります。

カローラツーリングのオプションでエアロを付けるならコレ

カローラツーリングのフロントスポイラー

toyota.jp/corollatouring/

カローラツーリングのサイドスカート

カローラツーリングのリヤスパッツ

toyota.jp/corollatouring/

カローラツーリングには3種類のエアロキットが用意されていますが、おススメはフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスパッツがセットになったモデリスタエアロキット です。

価格は塗装済が148,500円、未塗装が126,500円で3種類の中で一番安く、外観も万人受けするものとなっています。

純正ディーラーオプションは後付けできるがメーカーオプションはダメ

オプションはカローラツーリングの契約時に注文する人がほとんどだと思いますが、ディーラーオプションなら納車後に注文して後付けすることもできます。

一方、メーカーオプションは工場のライン上で装着されるため、必ず契約時に注文しなければなりません。

カローラツーリングのメーカーオプションは、先ほど紹介した以外にはスペアタイヤやルーフレールなどがあります。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・・

純正ドライブレコーダーは割高

ライズのカメラ一体型ドライブレコーダー

toyota.jp/corollatouring/

ライズのカメラ別体型ドライブレコーダー

toyota.jp/corollatouring/

煽り運転対策としてドライブレコーダーを付ける人が増えていますが、ディーラーオプション品はコストパフォーマンスがイマイチです。

カメラ一体型は21,450円と手頃な一方、前方しか録画できないので煽り運転の証拠を残せません。

一方カメラ別体型は、前後が録画できるので機能に不満はないものの、いかんせん63,250円は高過ぎです。

その点社外品のドライブレコーダーなら、前後録画可能なモデルがディーラーオプション品より安く入手できます。

ネットで安く買って、新車契約時に「持ち込みで付けてくれませんか?」と工賃サービスや割引で交渉してお願いして見るといいでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

カローラツーリングの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのカローラツーリング値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がカローラツーリングを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のカローラツーリングの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>カローラツーリング値引き交渉マニュアル

-カローラツーリングの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.