クラウンの評価集

クラウン クロスオーバーの4WD性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

歴代クラウンのイメージを覆すコンセプトでデビューしたクラウン クロスオーバー。

2WD車の設定はなく、全車4WD車という思い切ったラインナップが特徴です。

ここではクラウン クロスオーバー4WDの雪道走行性能や燃費を徹底評価します!

クラウン クロスオーバーのライバル車との価格差は?

クラウン クロスオーバーの最大のライバル車は?

クラウン クロスオーバーは独立したトランクルームを持つクロスオーバーSUVというユニークなカテゴリーに属するため、直接的に競合するライバルは存在しません。

そこで価格帯が重複し、比較の対象になり得る「ハリアー4WD」と比較します。

クラウン クロスオーバーの売れ筋グレード「G」(4,750,000円) と競合するハリアー4WDのグレードは、「Z ハイブリッド・E-Four」(4,740,000円) です。

価格差は僅か1万円で、車のコンセプトは異なるものの、現実味のある比較ではないでしょうか?

スペックの違いは?

スペック
クラウン クロスオーバー G

ハリアー Z ハイブリッド・E-Four

システム最高出力 (ps)234
222
車両重量(kg)1,760
1,740

クラウン クロスオーバーはシステム最高出力で12psハリアーより高い一方、車両重量は20kg重いスペックです。

車両重量を最高出力で割った馬力荷重はクラウン クロスオーバーが7.52kg/ps、ハリアーが7.83kg/psで、動力性能はクラウン クロスオーバーが若干有利と言えます。

装備の違いは?

クラウンクロス オーバーだけの標準装備

  • ドライバー異常時対応システム
  • プロアクティブドライビングアシスト
  • 除電スタビライジングプラスシート

ハリアーだけの標準装備

  • アダプティブハイビームシステム
  • パーキングサポートブレーキ (後方接近車両)+ブラインドスポットモニター
  • デジタルインナーミラー
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • パワーバックドア
  • T-コネクトSDナビ+JBLプレミアムサウンドシステム

クラウン クロスオーバーとハリアーの装備を比較すると、ハリアーの方がコストの掛かった装備が沢山付いています。

クラウン クロスオーバーのGは廉価グレード、ハリアーのZは上級グレードという違いが装備の差に表れたと言えるでしょう。

クラウン クロスオーバー4WD車の実燃費は?

実燃費はどのくらい?

クラウン クロスオーバー Gのカタログ燃は22.4km/Lです。

実燃費のデータがまだないのでカタログ燃費×0.8で試算すると、

22.4×0.8≒17.9km/L

クラウン クロスオーバーの実燃費は18km/L程度と推測できます。

ライバル車との実燃費の差は?

ハリアー4WDの実燃費は18km/Lです。

クラウン クロスオーバーの実燃費は推測値ですが、ハリアー4WDとほぼ同等の燃費性能と考えられます。

クラウン クロスオーバー4WD車の雪道の走行性能は?

クラウン クロスオーバーの4WDはどんなシステム?

クラウン クロスオーバー4WDの概要

クラウン クロスオーバーの4WDシステムは、前輪をエンジン+モーターのハイブリッドシステムで、後輪を専用モーターで駆動する電気式4WD「E-Four」を採用しています。

機械式4WDのようなセンターデフは持ちません。

クラウン クロスオーバー4WDの制御

走行状態に応じ、前後輪のトルク配分を100:0~80:20まで自動かつ連続的に可変します。

クラウン クロスオーバーの雪道性能は?

クラウン クロスオーバー4WDの発進時

滑りやすい雪道ではスリップ量に応じて後輪にもトルクを配分、スムーズな発進を可能にしています。

ただし、本来の性能を発揮させるにはスタッドレスタイヤまたはタイヤチェーンの装着が大前提です。

クラウン クロスオーバー4WDの定常走行時

通常は燃費の良いFFで走行、雪道でスリップを検知すると素早く4WD走行に切り替えます。

クラウン クロスオーバー4WDの旋回時

ステアリングの操舵角に応じて4輪に適正なトルクを配分し、アンダーステアを抑えた正確なライントレースを実現します。

新型クラウン クロスオーバー4WDのまとめ

クラウン クロスオーバーは、レスポンスの優れた電気式4WDならではのスムーズな雪上走行性能を備えています。

ただしFF走行をベースにした4WD車なので、常時4輪駆動方式の走破性には及びません。

また最低地上高は145mmとSUVとしては小さく、深雪ではスタックする可能性もあるので、豪雪地帯の足としてはいまひとつです。

とは言え、それほど雪が積もらない地域なら十分な雪上性能と言えるでしょう。

また車格の割に燃費性能も優れているので、走行性能と燃費が両立した高級4WD車を望むなら良い選択肢になります。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

クラウン クロスオーバーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのクラウン クロスオーバー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がクラウン クロスオーバーを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のクラウン クロスオーバーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>クラウン クロスオーバー値引き交渉マニュアル

-クラウンの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.