クラウンの評価集

クラウンアスリートの人気色ランキング!人気のカラーを紹介(2012年12月~2018年5月生産モデル)

更新日:

クラウンアスリートの人気色ランキング!人気のカラーを紹介

「堂々と力強く構える。日本の高級セダンの先駆者として。」

キャッチコピー通りの佇まいのクラウンアスリート。

伝統と革新を映す迫力満点のフロントグリルが車全体のイメージを引き締めています。

ボディカラーはスタンダードカラー6色と「四つの世界観からなる時の遷り変わりを表す日本の色」がコンセプトのジャパンカラー12色。

合計18色の展開となっています。

トヨタ クラウンアスリートの人気色ランキングを発表!

トヨタ クラウンアスリートの人気カラー ランキングはコチラ!

1位 ブラック
2位 ホワイトパールクリスタルシャイン ※
3位 シルバーメタリック
4位 プレシャスブラックパール ※
5位 プレシャスシルバー ※
6位 ダークレッドマイカメタリック

※ メーカーオプションカラーの為、有料となります。
☆ ジャパンカラーは有料となります。
☆ 今回のランキングは、メーカー発表の販売比率や中古車市場へ出回っている台数、ディーラーへの調査など、当サイトで独自に調査した2018年の人気ボディカラーランキングです。

トヨタ クラウンアスリートの人気カラーを解説!

ブラック

ブラック

このブラックは特別な意味を持っています。

トヨタファンにとっては黒といえば、このブラック(202)。

見た瞬間に美しいと感じさせてくれる、鏡の様に景色を映り込ませる透明感のあるこのブラックは、トヨタファンでなくとも惚れ込んでしまうことでしょう。

高級感と溢れんばかりの迫力を持ち合わせたソリッドなブラック。

その印象は、まるで高級な漆塗りの和食器の様です。クラウンアスリートによく似合います。

この「黒ソリ」を乗りこなすには少しコツが必要です。

その印象とは裏腹に傷が目立ちやすいボディカラー。

洗車の時には上質なセーム革を使うなどの気遣いが欲しい所です。

ホワイトパールクリスタルシャイン

ホワイトパールクリスタルシャイン

とても上品なホワイトパールです。

クラウンアスリートでは2位という結果ですが、トヨタでは一番人気のボディカラー。

すでに語り尽くされてはいますが、このボディカラーは美しいです。

その輝きは天然の真珠そのもの。

光を受けるととても明るくハイライトして硬質な輝きを放ち、影になるところは深みのあるホワイトを見せてくれます。

膨張色ですので車自体を大きく見せてくれ、さらに高級感を強く感じさせてくれます。

シルバーメタリック

シルバーメタリック

まるで削り出しのアルミニウムのような金属感の高いシルバーカラー。

光が当たるととても高い陰影感を表現してくれます。

そのおかげでボディラインがとても強調され、クラウンアスリートのデザインの良さが際立ちます。

落ち着いた印象の大人のカラー。

プレシャスブラックパール

プレシャスブラックパール

2つの顔を持つボディカラーです。

暗いところでは完全にブラックです。

疑う余地もなく綺麗です。

しかし光が当たると色調を変えます。

かなり深いダークグレーとブラックの中間といえば解りやすいでしょうか。

そのカラーの表面にはパールが輝きます。

これはオシャレなボディカラーですね。

プレシャスシルバー

プレシャスシルバー

落ち着いたトーンのシルバーなのですが、光が当たると表情を変えます。

これは面白いカラーですね。

まるで金色のヴェールを纏った様な色調を見せ、えっ?ゴールド?と思わせてしまうほど。

とても上品な印象を与えてくれます。

ダークレッドマイカメタリック

ダークレッドマイカメタリック

個人的にはクラウンアスリートのボディカラーの中でいちばん好きなカラーです。

その美しさは別格。

鮮やかさと深みを同時に表現してくれます。

光が当たる部分は透明感の高い超ビビッドな「レッド」を。

そして陰になる部分はどこまでも深く艶やかな「赤」を見せてくれるのです。

そこにマイカメタリックのキラキラ感が加わるのですから、その鮮やかな輝きはこの上なく美しいです。

車庫にしまい込んでしまうのは勿体ない。

一見おしとやかで美しく、でも実はとても元気でじゃじゃ馬なイメージのあるボディカラー。

カリフォルニアの太陽の下が似合うセレブリティーなカラーです。

ジャパンカラーで特に人気のカラーは?

茜色(アカネイロ)

茜色(アカネイロ)

不思議なトーンのオレンジです。

光の当たる部分から影になる部分への色の変化がとても綺麗にグラデーションしており、とても自然にトーンを落としていきます。

ハイライトしている場所は新鮮なバレンシアオレンジの様な輝度の高いオレンジで、影になる部分は沈む夕日が見せる深い色合いのダークオレンジです。

全体の印象としてはとてもスポーティ。

どこまでも駆け抜けていきそうな印象を与えてくれます。

天空(ソラ)

天空(ソラ)

クラウンアスリートのイメージカラーにもなっているカラー。

雲ひとつない青空を連想させるスカイブルーです。

光の当たる部分はかなり明るめのスカイブルー。

影になる場所は深い海の底のような深みのあるブルーへ変化します。

また、直接光の当たらない場所で見るとソリッド感のある厚みのあるパステル調のスカイブルーさえ表現してくれます。

トヨタの思い入れがよく解る美しいボディカラーとなっています。

常盤色(トキワイロ)

常盤色(トキワイロ)

松や杉などの常緑樹の葉のような茶みのある深い緑色です。

ソリッドカラーのような厚みのあるカラーではなく、透明感のある色調です。

落ち着いた上品さを表現してくれています。

しかし、LEDの光の下ではその表情を一変させます。

ハイライトする部分からは、ライムグリーンが顔を出します。

どのような仕組みになっているのでしょうか?

その鮮やかさは息をのむほどです。

黒曜(コクヨウ)

黒曜(コクヨウ)

限りなく黒に近いダークブラウンです。

パール系の塗装なのでしょうか。

とても輝度が高く、とても深いカラーにも関わらず、ハイライトしている部分は周りの景色を映し込み様々な表情を見せてくれます。

一見地味なカラーですが、実際に見た印象としては地味派手。

とても自己主張の強いカラーです。

渋い選択です。

クラウンアスリートのカラー選びのポイント

リセールバリューを重視するならこのカラー

今回のクラウンはボディカラーが18色もあるため選びごたえがある反面、とてもカラー選択が難しいのではないでしょうか?

自由な発想で自分の好き色を選ぶとなると、これは大変です。

ただし、リセールバリューを最優先にした場合、その選択の幅は一気に狭くなります。

流行や売却時のクラウンアスリート自体の人気がどのくらいあるかによっても相場は若干変わります。

しかし、いつの時代にもホワイトパールクリスタルシャインブラックは不動の人気カラー。

高査定を期待しても構わないと思います。

リセールバリューに関して、SUVがもてはやされる現代においてはセダン系は若干不利なのは否めません。

しかしクラウンでは、ホワイトパールクリスタルシャインブラックのボディカラー+サンルーフ+本革シートの組み合わせは最強。

その他の仕様に比べ30~50万円以上高い査定が付きます。

本来であれば3年落ち3万キロ走行のクラウンで、新車価格の55%程度と平均的な査定相場ですが、ホワイトパールとブラックで上記のオプション付きとなると相場が変わります。

一気に査定額が上がり、うまくいけば新車価格の65%以上の査定がつくことも。

リセールバリュー重視の方はこの条件を外せませんね。

その他にもある魅力的なカラー

ランキングからもわかりますが、クラウンアスリートでは他の車種ではあまり上位に入ってこないシルバーメタリックが人気です。

高級車なので購入者の年齢層が若干高めなのも関係しているのでしょう。

やはりシルバーメタリックは、「汚れやキズが目立たない」「落ち着いた色合い」「目立ちすぎない」と言う昔からのニーズがあるのが、大きい理由でしょう。

グレードにもよりますが乗り出し600万円を超える車ですから、人生最後の車として選んだ、と言うネットの口コミが多く見られるクラウンアスリート。

みなさん慎重になられるのもわかります。

その為、実際のランキングでも上位の保守派3カラーで全体の70%近くを占めます。

ジャパンカラーを肯定するような書き込みに出会えなかったのがとても残念です。

しかしこれだけ魅力的なカラーが揃った高級セダンは、他にあまりないでしょう。

せっかくトヨタがこれだけのラインナップを揃えてくれているのですから、チャレンジしてみるのも面白いと思います。

個人的には上記で紹介しているジャパンカラーの中でも、天空(ソラ)なんて最高にかっこいいと思います。

クラウンアスリートのイメージカラーなので、街の視線を独り占めできること請け合いです!

クラウンアスリートのカラー選びのまとめ

クラウンアスリートのカラー選びのまとめ

おそらく国産高級セダン最多のカラーラインナップのクラウンアスリート。

3年に1回は買い替えるんだと言う恵まれた方は別として、通常は長く乗っても良い車でしょう。

これも良い機会ですので、思いっきり遊んでしまうのも一つの手です。

見るだけで、乗っているだけで、ワクワク出来るようなボディカラーの車に乗れるなんて とてもシアワセだと思います。

ぜひ、本当に好きなカラーを選んでいただきたいと思います。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

クラウンの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのクラウン値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がクラウンを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のクラウンの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>クラウン値引き交渉マニュアル

-クラウンの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.