クラウンの評価集

クラウンの走りはどんな感じ?

力強い加速と走りで街中を駆けてくれるのがクラウンで、トヨタの独自の技術が込められております。

新型クラウンに関しては2.5リッターのハイブリッドを搭載しており、以前にも増して走行性能はアップしました。

登坂路でアクセルを踏み込むとエンジンノイズが高まりやすいものの、駆動力に関して不満を覚えることはないでしょう。

以下では、クラウンがどのような走行性能を持ち合わせているのかご説明しているので、一度参照しておいてください。

  • スポーティー指向のグレードで17インチと18インチのタイヤから選択でき、動きの鈍さが感じにくくなっている
  • 低燃費を実現するためにエキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドが採用されている
  • エンジンの回転数に合わせて高圧燃料を噴射する筒内直接噴射と、吸気ポートに燃料を与えるポート噴射で高い動力性能を発揮できる
  • 「8 Super ECT」の搭載で素早くギアを変速してスムーズな加速ができる
  • どの走行時でもステアリングを握ったままシフトチェンジができる
  • ブレーキペダルを離すだけで再始動するアイドリングストップによってエコ運転が可能
  • シーンに応じてスポーツモードやノーマルモード、スノーモードなどテイストを切り替えられる

上記のように、新型のクラウンは様々な走行性能を秘めており、以前と比べて格段に走りやすくなりました。

ハイブリッドで23.2km/L、E250で12.6km/Lと燃費に関しても申し分ありません。

新型クラウンの走り具合について

下記では、トヨタの新型クラウンの走り具合についてどのような評判を得ているのかまとめてみました。

試乗してみた方の意見を踏まえて、購入するかどうか決めてみてはいかがでしょうか。

  • 新型は旧型と比べて走りの性能がアップしていて満足だった
  • 無駄なスイッチ類が少ないので走行中に迷ってしまう心配はない
  • ボディ剛性が向上しているので更に安定した走りを得られるようになった
  • 路面のデコボコから伝わる振動がなくなったので走りやすい
  • カタログの燃費の数値が嘘かと思うほど走らないところが不満の一つ
  • コーナリングの際の安定性は増しているので良い
  • 2.5リッターのクラウンでも動力性能は3リッタークラスだと思う

上記のように、新型クラウンの走り具合に関する評価は高く、走行安定性が向上したという意見が多く見受けられました。

スペックだけではなくデザインも一新されており、満足のいく一台に進化したのは間違いありません。

クラウンを安く買うなら、当サイトのクラウン値引き交渉マニュアルをご参考ください!

クラウンのエンジンスペック

クラウンのエンジン

※クラウン 出典toyota.jp

トヨタ発表のクラウンのエンジンスペックです。

排気量 1998ccターボ
最高出力 173KW[235PS]/5,200-5,800rpm
最大トルク 350N・m[35.7kgf・m]/1,650-4,400rpm
燃費 13.4km/L

排気量 2499cc
最高出力 149KW[203PS]/6,400rpm
最大トルク 243N・m[24.8kgf・m]/4,800rpm
燃費 10.2km/L

排気量 3456cc
最高出力 232KW[315PS]/6,400rpm
最大トルク 377N・m[38.4kgf・m]/4,800rpm
燃費 9.6km/L

排気量 2493cc ハイブリッド
最高出力 131KW[178PS]/6,000rpm
最大トルク 221N・m[22.5kgf・m]/4,200-4,800rpm
燃費 21.0-23.2km/L
モーター
最高出力 前105KW[143PS]
最大トルク 前300N・m[30.6kgf・m]

クラウンの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのクラウン値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がクラウンを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のクラウンの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>クラウン値引き交渉マニュアル

-クラウンの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.