クラウンの評価集

クラウンを買うならハイブリッドかガソリン車か?販売の比率や税金、下取り額など違いをがっつり比較!

更新日:

「いつかはクラウン。」トヨタの高級車を代表するクラウンのパワートレインは、ハイブリッドとガソリンの2種類がラインナップされています。

新型クラウンを購入するなら、ハイブリッドとガソリン車のどっちがいいのか、迷っている方も少なくないはず。

そこで当サイト(クルマを買う!)では、クラウンハイブリッドとガソリン車の違いや特徴を分析・紹介していくので、新車購入のご参考にどうぞ。

クラウンハイブリッドとガソリン車の外装の違い

クラウンのハイブリッドとガソリン車で、エクステリアに違いはあるのでしょうか。

同じグレード(RSアドバンス)同士で見比べてみましょう。

クラウンハイブリッドとガソリン車の外装の違い・ハイブリッド前面

toyota.jp/crown/

クラウンハイブリッドとガソリン車の外装の違い・ガソリン車前面

toyota.jp/crown/

上が2.5RSアドバンス(ハイブリッド車)で、下が2.0RSアドバンス(ガソリン車)です。

クラウンハイブリッドとガソリン車の外装には大きな違いもなく、フロントに装着されたクラウンエンブレムの青さと、フロントフェンダーに取りつけられたハイブリッドロゴのみとなっています。

クラウンハイブリッドとガソリン車の外装の違い・ハイブリッド後面

toyota.jp/crown/

クラウンハイブリッドとガソリン車の外装の違い・ガソリン車後面

toyota.jp/crown/

リアフェイスを見比べてもはやり大きな違いはなく、バックについているトヨタエンブレムの青さで見分ける以外にありません。

クラウンハイブリッドとガソリン車の内装の違い

クラウンハイブリッドとガソリン車の内装の違い・インパネ回り

toyota.jp/crown/

クラウンハイブリッドとガソリン車の内装の違い・車内空間

toyota.jp/crown/

クラウンハイブリッドとガソリン車の内装は、基本的に同一グレードでは同じとなっています。

オプティトロン2眼メーター

オプティトロン2眼メーター

toyota.jp/crown/

クラウンの2眼オプティトロンメーターは、目盛りや数字を掘ったクリアなアクリルパネルをLED照射することによりホログラム感を表現。

RS系グレードでは更に走行モードごとのカラーリングも変わり、クラウンの高級な先進感を巧みに表現しています。

クラウンハイブリッドとガソリン車の売れ筋グレードは?

過去3ヶ月分のクラウン流通台数をオートオークションで調査したところ、ハイブリッドの売れ筋は「2.5RSアドバンス」、ガソリン車は「2.0RSアドバンス」となっていました。

RS系のスポーティさとアドバンスの充実装備、そして手頃な排気量と言ったバランス感の高さが、多くのユーザーに支持されたものと考えられます。

クラウン ハイブリッドの売れ筋は「2.5RSアドバンス」

クラウン ハイブリッド全131台中44台が「2.5RSアドバンス」で、全体の33.5%をシェアしています。

第2位の「2.5S Cパッケージ」は25台で、19.0%のシェアとなっていました。

クラウンガソリン車の売れ筋は「2.0RSアドバンス」

クラウンのガソリン車は全部で7台、うち「2.0RSアドバンス」が3台で42.8%、次に「2.0G」が2台で28.5%を占めています。

クラウンハイブリッドとガソリン車の維持費を比較

比較項目ハイブリッド2.5RSアドバンス2.0RSアドバンス(ガソリン車)
価格5,799,600円5,594,400円
価格差+205,200円
自動車取得税
(新車購入時の税金)
0円139,800円
重量税
(新車購入時)
0円49,200円
購入時のエコカー減税を考慮した価格差+16,200円
自動車税
(翌年分)
11,500円39,500円
平均実燃費15.3km/L9.3km/L
ガソリンタンク容量66L66L
ガソリンの種類レギュラーハイオク
満タンで走れる距離
(5リッター残し)
933.3km567.3km

※実燃費は市街地や幹線道路、高速道路を含んだ平均の実燃費数値です。

ハイブリッド・ガソリン車の価格差16,200円を燃費で埋めるにはどの位掛かる?

レギュラーガソリン140円/ハイオクガソリン150円で計算

  • ハイブリッド 15.3km/L
    10000÷15.3≒653.5リッター
    653.5×140円=91,490円
  • ガソリン車 9.3km/L
    10000÷9.3≒1,075.2リッター
    1,075.2×150円=161,280円

クラウンで10,000km走行すると、ハイブリッドの燃料費はガソリン車よりも69,790円安上がりとなります。

この金額差でハイブリッドとガソリン車の差額16,200円の元を取ろうとした場合、

16,200÷69,790≒0.23万キロの走行距離が必要になります。

多くのユーザーが週末の買い物やドライブでクラウンに乗ると年間1万キロ走行くらいなので、約0.2年≒およそ2~3ヶ月で元が取れる計算になります。

ただし、これは車両本体だけの計算なので、より正確なシミュレーションをするには、必要なオプションなどをつけた総額で計算するといいでしょう。

クラウンハイブリッドとガソリン車の加速や静粛性、乗り心地の違いは?

乗り心地は互角、静粛性とトルクフルな加速で良好な燃費のハイブリッド車

クラウンの走行性についてハイブリッドとガソリン車を乗り比べると、静粛性とトルクの太さではハイブリッドに軍配があがります。

モーター駆動のみで走るEVドライブモードは、非常に滑らかで燃費向上にも大きく貢献。ストップ&ゴーの多い市街地などでは快適なドライブを楽しめるでしょう。

踏み込んでいくと電気式CVTに若干のラバーバンドフィールはあるものの、十分に力強い加速がしなやかな走りをもたらしています。

スムーズな加速と軽快で運転が楽しいガソリン車

一方のガソリン車は、ハイブリッドに負けない乗り心地と軽快なドライビングが魅力となっています。

ダイレクトなステアリングフィールやターボラグを感じさせないスムーズな加速、そしてシームレスな8速ATなどが連携して、これまでのクラウンをいい意味で裏切るスポーティな走りを実現。

ハイブリッドシステムを搭載していないぶんだけ身軽で、ガソリンエンジンらしい素直な出力と相まってハイブリッドとの排気量差を感じさせません。

ハイブリッドとガソリン車のどちらを選ぶとしても、なるべくどちらも試乗させてもらって、自分のドライブスタイルに合った方に乗りたいですね。

クラウンハイブリッドとガソリン車どちらが売れているか?販売の比率を公開

現行型クラウンは2018年6月から発売されています。

2018年7月~2019年6月まで当サイト(クルマを買う!)で集計してきたクラウンの販売台数を基に、ハイブリッドとガソリン車のどちらが多く売れているか、販売比率をまとめました。

  • クラウン ガソリン車 4,573台 7.6%
  • クラウン ハイブリッド 55,260台 92.4%

調査対象期間を通して、ハイブリッドが全体の9割以上も多く売れていることがわかります。

クラウンハイブリッドとガソリン車、下取りが高いのはどっち?

クラウンのハイブリッドとガソリン車では、どちらがより下取りが高いのか?2019年8月現在の業者オークション相場から、1年落ちクラウンの下取り相場を比較してみましょう。

比較項目ハイブリッド2.5RSアドバンス2.0RSアドバンス(ガソリン車)
1年後の下取り価格496.4万円(85.6%)451.1万円(96.7%)

※カッコ内は当時の新車価格に対する残価率(リセールバリュー)です

ハイブリッドの方が下取り価格は高いものの、新車価格が安いガソリン車の方がリセールでは有利となりやすい傾向が見られ、10%以上の差がついていました。

クラウンハイブリッドとガソリン車のメリットは?

グッド

クラウンハイブリッドのメリットは?

  • 2.5L、3.5Lの排気量が選べる
  • 4WDの設定がある
  • 燃費がよく、ランニングコストに優れる
  • 好燃費で同格グレード間の価格差を取り戻しやすい
  • CO2排出が少なく、環境にやさしい

クラウン ガソリン車のメリットは?

  • ハイブリッドより新車価格が安い(30~150万円以上)
  • ガソリン車らしい素直で軽快なドライブフィール
  • 排気量の引けを感じさせないスムーズな加速
  • ハイブリッドに負けない上質な乗り心地

クラウンハイブリッドとガソリン車のデメリットは?

バッド

クラウンハイブリッドのデメリットは?

  • 3.5Lクラスはハイオク指定なので、ハイブリッドでも燃料代が比較的高くつく
  • 新車価格がガソリン車に比べて30~150万円以上も高い
  • ハイブリッドシステムの構造が複雑で修理にコストがかかりやすい
  • EV走行中、静かすぎて歩行者や自転車に気づいてもらいにくい

クラウン ガソリン車のデメリットは?

  • 4WDの設定がない
  • 排気量が2.0Lしか設定がなく、排気量で0.5~1.5L引けをとる
  • ハイオク指定なので、ガソリン代が高くつく
  • 静粛性でハイブリッドに引けをとる
  • CO2排出がハイブリッドより多く、環境にやさしくない

買うならクラウンハイブリッドとガソリン車どっち?

以上、クラウンのハイブリッドとガソリン車についていろいろ比較してきましたが、結局どっちを買うのがいいのでしょうか。

ドライビングの愉しみやコスト重視であればガソリン車がおすすめ、リセールでも有利となりやすいので、お得な選択肢となるでしょう。

一方、モーター駆動ならではのステイタス感や静粛性、乗り心地を求める方にはハイブリッドがおすすめ。同格グレード間では好燃費によってガソリン車との価格差を取り戻しやすい点や、エコカー減税のお得感も見逃せません。

また、日本の一般道ではオーバースペックにも感じられますが、ハイブリッドに設定されている3.5Lグレードを選んで、これ以上ないラグジュアリー感を楽しむのも一興でしょう。

ちなみに、走りを愉しみたい管理人としては、ガソリン車のRS仕様が個人的におすすめです。

いずれにしても、どっちがより自分のドライブスタイルに合っているか、ディーラーで試乗させてもらってじっくり決めて欲しいと思います。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

クラウンの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のクラウン値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がクラウンを限界値引きで購入しています。

今月のクラウンの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>クラウン値引き交渉マニュアル

 

-クラウンの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.