クラウンの評価集

クラウン クロスオーバーは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

従来のクラウンから大きくイメージを変えたクラウン クロスオーバー。

これまでのクラウンは日本の道路事情に合わせた国内専用車でしたが、今回のクラウン クロスオーバーは世界戦略車なので運転しやすさが気になるところでしょう。

ここではクラウン クロスオーバーの運転しやすさや駐車のコツなどを解説しますので、参考にしてみてください。

クラウン クロスオーバーの大きさは?ボディサイズをチェック

クラウン クロスオーバーのボディサイズをチェックしてみましょう。

【クラウン クロスオーバー G】
全長 4,930mm
全幅 1,840mm
全高 1,540mm

従来のクラウンから全長が20mm、全幅が40mm、全高が85mm拡大されていますが、特に全幅が従来の慣例を破り1.8mを超えてきたことが特徴です。

ここでプリウスから乗り換えることを想定し、大きさを比べてみます。

【プリウス Aプレミアム】
全長 4,575mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm

クラウン クロスオーバーはプリウスと比較すると全長が30cm以上長く、全幅は8cm広い数値です。

ボディサイズが一回り大きくなるので、乗り換えた直後は戸惑うかもしれません。

ただ全高が高い分アイポイントも高く、見晴らしが良いのはクラウン クロスオーバーのメリットです。

クラウン クロスオーバーの小回りは効くか?クラウン クロスオーバーの最小回転半径

クラウン クロスオーバーの小回り性を検証します。

クラウン クロスオーバーの最小回転半径は5.4mで、ボディサイズの割には小回りが効く方です。

そのため意外と取り回しは優れていますが、ホイールベースが長いため、街角を曲がる時は内輪差に気を付けないとボディ側面をぶつけてしまう可能性があります。

またプリウスの最小回転半径5.1mと比べれば小回りは効かず、ボディの大きさと相まって狭い路地や駐車場では苦労するかもしれません。

クラウン クロスオーバーは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

 

クラウン クロスオーバーのフロントの見切りはまずまず

クラウン クロスオーバーは運転席からボンネットの手前側が視野に入ります。

しかしボンネットの先端部はスラントしているため視野に入らず、車両の先端の位置がはっきりとは分かりません。

ボンネットが全く見えない車よりはフロントの見切りはいいものの、特別良いというほどではなく、まずまずのレベルと言えます。

ただ、万が一障害物や前方の車両に接近し過ぎた場合はパーキングサポートブレーキ (前後方静止物) が検知して自動ブレーキを掛けてくれるため、ぶつけてしまう心配はまずありません。

またAピラーの傾斜がそれほど強くなく、太さも抑えられているので斜め前方の死角が少ないこともメリットです。

加えてAピラーとドアミラーの間に隙間があるので、右左折時の安全確認もしやすくなっています。

toyota.jp/crown

クラウン クロスオーバーの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットの一部が視野に収まるクラウン クロスオーバーは、比較的車幅が掴みやすい方です。

ボンネットの先端が見える車ほどではありませんが、車幅がどのくらいあるかのおおよその目安は付きます。

とは言え、全幅が広いため運転席からボディ左端までの距離があるので、幅寄せにはそれなりに神経を使うのもまた事実です。

クラウン クロスオーバーの後方視界は合格点

クラウン クロスオーバーは外装デザインのカッコよさを重視していますが、その割に後方視界は悪くありません。

リアウィンドウは大きく傾斜しているものの、面積は十分取られているので後方の状況が良く分かります。

toyota.jp/crown

また斜め後方視界に関しても、小さいながらもリアクォーターウィンドウが死角をカバーしています。

クラウン クロスオーバーの後方視界には合格点をあげて良いでしょう。

クラウン クロスオーバーの駐車にはコツがある?

クラウン クロスオーバーはボディ四隅の位置が特別掴みやすい車ではありませんが、おおよその位置は見当が付きます。

ただボディサイズが大きいため、駐車が簡単というわけではありません。

しかし、障害物に接近した場合はパーキングサポートブレーキが警報や自動ブレーキで衝突を防いでくれるので、極度なプレッシャーを感じる必要はないでしょう。

クラウン クロスオーバーの運転で役立つアイテム

パノラミックビューモニター

toyota.jp/crown

12.3インチディスプレイに車載カメラの映像を表示し、駐車や離合などをサポートします。

車を上から見下ろしたような映像をメインに、車両前方の映像や後方の映像、側方の映像、車両直下の映像などを組み合わせて表示。

またボディやシートを透かしたようなシースルービューも備え、様々なシチュエーションで安全確認や事故防止に役立ちます。

G / G レザーパッケージで選べるメーカーパッケージオプション「ドライバーサポートパッケージ1 」 (115,500円~179,300円)、RS / RS アドバンスドで選べるメーカーパッケージオプション「ドライバーサポートパッケージ2」(236,500円) に含まれる装備です。

トヨタチームメイト

RS / RS アドバンスドのドライバーサポートパッケージ2には「トヨタチームメイト」と呼ばれる運転支援システムも含まれています。

トヨタチームメイトを構成する装備は以下の2つです。

アドバンストパーク+パーキングサポートブレーキ (周囲静止物)

アドバンストパークはスイッチを押すだけで駐車を自動で行ってくれる装備です。

ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を全て車が代行してくれるので、ドライバーはステアリングに手を添え、万が一に備えて足をブレーキペダルに乗せておくだけ。

下の映像の並列バック駐車のほか並列前向き駐車や縦列駐車に対応、またメモリ機能を使えば区画線のない駐車スペースに自動で停めることもできます。

更に専用スマホアプリ「リモートパーク」を利用すれば、車の外から遠隔で駐車・出庫が可能です。

車を広いスペースに出してから乗り降りや荷物の積み下ろしをしたい時に、大変重宝するでしょう。

また、車の前後だけでなく側方の障害物も検知し、警報や自動ブレーキで衝突を回避するパーキングサポートブレーキ (周囲障害物) も備わります。

アドバンストドライブ

アドバンストドライブは渋滞支援機能です。

高速道路・自動車専用道で渋滞に巻き込まれ停車した時、一定の条件を満たしていれば、ドライバーが何の操作をしなくても先行車の発進に合わせて自動で発進します。

ゴー&ストップに余計な神経を使わずに済むので、疲労が軽減するでしょう。

 

クラウン クロスオーバーの運転のしやすさまとめ

クラウンクロスオーバーはボディサイズが大きいものの、視界に特に問題はなく、見切りや車幅感覚の掴みやすさもまずまずです。

小さい車から乗り替えた場合、ボディの大きさに最初は戸惑うかもしれませんが、時間が解決してくれるでしょう。

ただ、全幅が広いので狭い路地での離合のしにくさや、狭い駐車場での停めにくさはある程度覚悟しておく必要があります。

こうした欠点をカバーするためには、ドライバーサポートパッケージ1または2を付けておくことをおススメします。

ただしドライバーサポートパッケージ1/2はG アドバンスド / G アドバンスド レザーパッケージにはオプション設定がないので、グレード選びには注意が必要です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

クラウン クロスオーバーの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのクラウン クロスオーバー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がクラウン クロスオーバーを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のクラウン クロスオーバーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>クラウン クロスオーバー値引き交渉マニュアル

-クラウンの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.