クラウンの評価集

クラウンは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

投稿日:

アイキャッチ画像

クラウンは、先のフルモデルチェンジによりスタイリッシュに生まれ変わりました。

しかし、スタリング優先の弊害で運転が難しくなっていないかと心配な方も多いはずです。

これまでのクラウンは、日本の狭い道路でも運転しやすいことを重視した設計が特徴でしたが、今回のクラウンはどうなのでしょうか?

ここでは、新型クラウンの運転しやすさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

クラウンの大きさは?ボディサイズをチェック

まず気になるのはボディの大きさだと思いますので、人気グレード「ハイブリッド2.5RSアドバンス」(2WD)のボディサイズをチェックしてみました。

【クラウン ハイブリッド2.5RSアドバンス】
全長 4,910mm
全幅 1,800mm
全高 1,455mm

4.9mを超える全長はさすがに長いと感じられますが、全幅はこのクラスとしては狭い方に入る1.8mに抑えられています。

トヨタは日本の道路事情を考慮し、国内専用車であるクラウンの全幅を1.8m以下に留めることにこだわってきましたが、新型に変わってもその伝統が守られたわけです。

世界戦略車であるレクサスのモデルが1.8mを大きく超えているのとは、対照的です。

この大き過ぎないサイズに惹かれ、中型セダンからクラウンへの乗り換えを検討している方も多いではないでしょうか?

そこで、中型セダンを代表するプレミオと大きさを比較してみることにしました。

トヨタ プレミオ

※プレミオ 出典toyota.jp

【プレミオ1.8X】
全長 4,595mm
全幅 1,695mm
全高 1,475mm

クラウンはプレミオと比較すると全長が30cm以上長く、全幅も10cmほど広くなっています。

いかに日本の道路事情に配慮したクラウンとはいえ、乗り換えた直後は大きさを意識されられるはずです。

慣れないうちは、狭い路地に入った時などに神経を使うかもしれません。

しかし、決して持て余してしまうほどの大きさではないでしょう。

クラウンの小回りは効くか?クラウンの最小回転半径

次に、クラウンの小回り性を検証してみましょう。

クラウン ハイブリッド2.5RSアドバンスの最小回転半径は5.3mで、プレミオと同じ数値です。

FRらしく、とにかくステアリングが良く切れることが特徴で、ボディサイズの大きさを考えれば驚異的な小回り性を持っています。

ただ、3.5Lハイブリッド車や2Lターボ車のRS系は最小回転半径が5.5mに、4WD車は5.7mに拡大してしまうので、小回り性を重視するならこれらのグレードは避けるべきでしょう。

また、ホイールベースが長いため、路地を曲がる時は内輪差に注意しないとボディ側面を擦ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

クラウンは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

クラウンの車両感覚&運転感覚は?

クラウンのフロントの見切りは非常に良好

新型クラウンはスタイリッシュな4ドアクーペ風フォルムを採用しているので、フロントの見切りが悪いのではと不安になるかもしれません。

しかし、「運転席からボンネットの先端が見える」というクラウンの伝統が継承されているので、心配は無用です。

狭い路地で切り返す際などに、長いボンネットの先端を壁ギリギリまで寄せることも、実際やってみると最初は怖いですが、そう難しいことではありません。

クラウンの斜め前方の見切りは?

※クラウン 出典toyota.jp

また、Aピラー(フロントピラー)の角度がそれほど寝かされておらず、ピラー自体も太くないので、斜め前方の見切りも良好です。

更に、ドアミラーの取付位置が絶妙で、死角が最小限に留められていることも高く評価出来ます。

クラウンの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットの先端が見えるクラウンは、車幅の掴みやすさという点でも優れています。

さすがに左右のAピラーが同時に視野に収まる5ナンバー車ほどではないものの、3ナンバー車としてはかなり運転しやすい車と言えるでしょう。

車同士のすれ違いの時にボディを路肩に寄せることも、さして苦もなくできるはずです。

クラウンの後方視界は合格点

クラウンの後方視界は良好!

※クラウン 出典toyota.jp

ファストバックのフォルムに変貌した新型クラウンは、運転席から見えるリアウィンドウの天地が先代よりも狭くなりました。

しかし、後方の安全確認に必要な視界は確保されているので、大きな問題にはならないでしょう。

また、斜め後方視界に関しても合格点が与えられます。

6ライトウィンドウ化のお陰で側面のガラスエリアが広い上、リアクォーターピラーが非常に細いので、斜め後方の死角が少ないからです。

クラウンの駐車にはコツがある?

クラウンは後方及び斜め後方視界が十分確保されているため、ボディの大きさに慣れてしまえば駐車は決して難しくありません。

背の高いミニバンやSUVと比べ、直近の障害物や子供などが発見しやすいこともプラスのポイントです。

また、壁やガラスなどの静止物に接近すると自動ブレーキ制御などにより衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」が全車に標準装備されることも、駐車を容易にしています。

ただ、バックカメラを確認しないで後ろバンパーを壁ギリギリに付けるには、トランク分の長さがあるので、慣れが必要です。

バックカメラは全車標準装備なので、カメラで確認すれば良いだけですが・・・

クラウンの運転で役立つアイテム

パーキングブレーキサポート/リヤカメラディテクション+パノラミックビューモニター&インテリジェントパーキングアシスト2

パノラミックビューモニター

インテリジェントパーキングアシスト2

※クラウン 出典toyota.jp

クラウンは安全運転をサポートする装備が充実していますが、万全を期すためには、メーカーオプション設定されている表記のアイテムを装着すると良いでしょう。

まず「パーキングブレーキサポート/リヤカメラディテクション」ですが、駐車スペースからバックで出庫する際に、左右後方から接近する車両や歩行者を検知し、ブザーとインジケーターにより注意を促す装備になります。

前向き駐車した時に、バックで出る際の安全性がとても高まる装備です。

車両だけでなく歩行者も検知できるのが、このアイテムの素晴らしい点です。

また、「パノラミックビューモニター&インテリジェントパーキングアシスト2」は、車両の前後左右に搭載したカメラの映像を合成してナビ画面に表示する機能と、駐車時にステアリング操作をアシストする機能を組み合わせたものになります。

駐車に苦手意識のある方にとって、大きな味方になることでしょう。

パーキングブレーキサポート/リヤカメラディテクションとパノラミックビューモニター&インテリジェントパーキングアシスト2は個別に装着することはできず、125,280円のセットオプションになっています。

ただし、廉価グレードの場合は他の安全運転支援システムが抱き合わせになった「セーフティパッケージプラス」と呼ばれるパッケージオプションとなるので、価格は246,240円とかなり高価です。

しかし、安全性が向上し駐車も楽になるので、出費に見合った価値は十分あると言えます。

フェンダーランプ

見切りの良いクラウンですが、フロントバンパー左コーナー部を擦ってしまう可能性はゼロではありません。

もし傷を付けてしまったら、マイカーなら自分が凹むだけで済みますが、社用車の場合は対外的な見栄えの点で大きな問題が生じてしまいます。

そこで、クラウンを社用車で使う場合にお勧めしたいのが「フェンダーランプ」です。

通称コーナーポールとも呼ばれるアイテムで、ポールの先端がブルーに点灯するため、昼夜を問わず運転席から左コーナー部の位置がはっきり確認できます。

格納することもできるので外観面のデメリットは最小限に留まりますし、23,760円と比較的安価なことも評価できる点です。

当サイトでは、外観上の理由からコーナーポールの類はあまりお勧めしていませんが、クラウンを社用車で使う場合に限り、例外的にお勧めしたいと思います。

クラウンの運転のしやすさまとめ

クラウンは大型車ではあるものの、同クラスのライバルよりも全幅が狭いことや、見切りや視界が十分確保されていることなどから運転がしやすい部類に入ります。

また、ここで紹介したアイテムを装着すれば、一部の視界の悪い小型車よりもよほど楽に運転や駐車ができるはずです。

パーキングブレーキサポート/リヤカメラディテクション+パノラミックビューモニター&インテリジェントパーキングアシスト2が付いたクラウンなら、運転や駐車に苦手意識のある女性の方でも乗りこなせることでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

クラウンの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのクラウン値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がクラウンを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のクラウンの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>クラウン値引き交渉マニュアル

-クラウンの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.