日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 キューブ モデルチェンジ推移2006年12月25日-1

日産ニュースリリースより

-------------

コンパクトカー6車種の環境性能を改良し、グリーン税制適合車種を拡大
あわせて、HDDナビ搭載車をオプション設定
---「キューブ」、「キューブ キュービック」をマイナーチェンジ---

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、コンパクトカー「キューブ*1」「キューブ キュービック*1」「ノート」「ティーダ」「ティーダ ラティオ」「ウイングロード」6車種の環境性能を改良し、12月25日より全国一斉に発売する。

今回発売するコンパクトカー6車種では、このクラスで使用する頻度が高い低速時の運転状態や停車時を重視し、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」の効率を高めることで燃費を向上させ、低燃費によるCO2の排出削減とクリーンな排出ガスを両立している。

全車が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)*2」の認定を受けるとともに、2WD のHR15DEエンジン+CVT搭載車に関しては、「平成22年度燃費基準+20%」を達成し、グリーン税制において最高額の優遇措置*3を受けることができる。

また、新規設定のインテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)は、ワンタッチクリーンスイッチを押すことで、排出ガス検知式内外気自動切換え機構、プラズマクラスターイオンRフルオートエアコン(除菌機能付)*4高性能フィルターを一括制御し、ワンタッチで快適な室内空間の確保ができる。高性能フィルターは天然のブドウ種子ポリフェノールを染み込ませるなどした新開発のフィルターで、花粉症の原因となるアレルゲンの除去効果が大幅に向上した。
「キューブ」「キューブ キュービック」はマイナーチェンジを実施し、エクステリアデザインなどの変更を行った。

*1: 「キューブ」「キューブ キュービック」は、2007年1月17日発売予定。

*2: 2000年4月より国土交通省が、一般消費者の選択を通じ、排出ガス低減性能の高い自動車の普及を促進するために開始した低排出ガス車認定制度。2003年9月に「平成17年排出ガス規制(新長期規制)」が制定されたことを受け、同年10月に制度が改訂され、NOxおよびNMHCの排出量の低減レベルが基準より50%低減した「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」と75%低減した「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」の2種類が設定された。

*3: グリーン税制適合車には、2008年3月31日までの新規登録車に対し、自動車取得税減税(自家用車の場合15,000円または7,500円の減税)、自動車税減税(登録翌年度から1年間、50%軽減または25%軽減)が適用される。但し、オーテック扱い車種で、持込み登録車の場合は、適用除外となる。

「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」+「平成22年度燃費基準+20%」の場合
→自動車取得税減税 15,000円、自動車税減税 約50%軽減
「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」+「平成22年度燃費基準+10%」の場合
→自動車取得税減税 7,500円+自動車税減税 約25%軽減

*4: 本商品にはシャープ株式会社のプラズマクラスター技術を搭載
プラズマクラスター、プラズマクラスターイオン、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標。

キューブ/キューブ キュービック マイナーチェンジ車 仕様・装備の主な変更点
燃費向上(15E、15M、15RXは「平成22年度燃費基準+20%」達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、グリーン税制に適用=合計32,000円の税制優遇措置)
インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)の採用
⇒標準設定:15E、 オプション設定:15E(標準)を除く全グレード
車種体系の見直し
タッチパネルナビ(DVD方式)を採用した特別仕様車Plus navi next (プラス ナビ ネクスト)の設定
ヘッドランプ、フロントグリル(RS/RXを除く)の意匠変更
LED式リヤコンビランプの採用
シート、ドアトリムの意匠変更
新規シート地 チリレッド、カーボンブラック(RS/RX)の採用
シートベルトリマインダーブザーの採用
リモコンキーの意匠変更

<キューブ/キューブ キュービック 特別仕様車 車両概要>

キューブ15M + navi next / 14S Four +navi next
キューブ キュービック15M + navi next / 15S Four +navi next
ベース車キューブ15M / 14S FOUR
キューブ キュービック15M / 15S FOUR
ベース車に対する変更点・シンプルナビゲーションシステム(DVD方式)
・本革巻3本スポークステアリング
ボディカラーソラブルー(PM)、ビターショコラ(P)、アイリッシュクリーム、
ダイヤモンドシルバー(M)、スーパーブラック、
ホワイトパール(3P)、トワイライトグレー(PM)
PMはパールメタリック、Pはパール、Mはメタリック、3Pは3コートパールの略

<全国希望小売価格(消費税込み)>

キューブ(単位:円)
駆動グレードエンジンミッション価格
2WD
(FF)
14SCR14DEE-ATx1,365,000
14RS1,470,000
15MHR15DEエクストロニックCVT1,478,400
15M + navi next1,543,500
15RX1,606,500
15E1,656,900
e・4WD14S FOURCR14DEE-ATx1,554,000
14S FOUR + navi next1,619,100

キューブ

日産自動車の関連会社である(株)オーテックジャパン(神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、「キューブ*1」「ウイングロード」に「アクシス」を新たに設定し、12月25日より発売する。また同時に、日産コンパクトカー*2各車種の、ライダーシリーズ、アクシス、ライフケアビークル(LV)*3シリーズなどの特装車について、ベース車の改良に伴う変更を実施し、発売する。

*1 「キューブ」は、2007年1月17日発売予定。
*2 「キューブ」「キューブ キュービック」「ウイングロード」「ノート」「ティーダ」「ティーダ ラティオ」の6車種。「キューブ」「キューブ キュービック」は、2007年1月17日発売予定。
*3 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいる。

<キューブ「アクシス」車両概要>
キューブ「アクシス」は、インテリアを中心にワンランク上の上質感を加えたモデルである。専用本革シートや専用木目調クラスターパネル等の採用により、お洒落なインテリア空間を実現。また、専用のフロントマスクやアルミホイール等で、アクシス独自の上質な品格と、キューブの親しみやすさを融合させたエクステリアデザインとした。

<その他オーテック扱い車 仕様・装備の主な変更点>
●キューブ/キューブ キュービック「ライダー」「ライダー アルファII」
・専用アルミホイール意匠変更
・新色の専用シート地(シルバー)の採用
<全国希望小売価格(消費税込み)>

日産 キューブのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.