日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 キューブ モデルチェンジ推移2016年7月1日

日産ニュースリリースより

-------------

「キューブ」を一部仕様向上

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は1日、「キューブ」を一部仕様向上し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

「キューブ」は発売以来、ひとめで「キューブ」とわかるスタイリングや、開放的な居住空間、快適な走りや高い燃費性能などに加え、3種類の2トーンカラーを含む11種類のボディカラーと、7種類から選べる内装色の組み合わせなど、個性あふれるカラーリングを楽しめるクルマとして、お客さまから好評を得ています。

今回の一部仕様向上では、最もお買い求め易いグレードである「15X」に本革巻きステアリングを標準装備し、より上質な室内空間を実現しました。

「キューブ」は全車がエコカー減税に適合し、自動車取得税が40%と自動車重量税が25%の減税*1となります。

なお、株式会社オーテックジャパンは、今回一部仕様を向上したキューブ「15X」をベースとしたライフケアビークル(LV)を設定し、同日より全国の日産販売会社にて発売します。

・価格(消費税込み)
1,620,000-1,987,200円

キューブ

日産 キューブのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.