マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ CX-30 モデルチェンジ推移2020年12月17日

マツダニュースリリースより

-----

「MAZDA CX-30」を商品改良
-エンジン特性と安全性を改良し、クルマとの一体感を向上。
2020ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーTOP3選出記念モデルも設定-

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、昨年10月に発売した新世代商品第2弾「MAZDA CX-30」を商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて、一部のモデルを本日発売*1します。

CX-30は「今の私たちにジャストサイズのSUV」をコンセプトに、上質なスタイリングと室内空間、気軽に出かけられる機動性、安心して運転を楽しめる走行性能を備え、走ることで元気になれる、マツダが目指す「走る歓び」を感じられるクルマとして、多くのお客さまからご支持をいただいています。

今回の商品改良では、走行性能の向上と安全性の向上による、「走る歓び」の進化を図りました。

走行性能の向上については、新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X(イー・スカイアクティブ エックス)」*2およびクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」搭載車のエンジンとトランスミッションの制御技術をアップデートしエンジン出力を高めました。また、アクセル操作に対する応答性とコントロール性をより高め、ドライバーの意思とシンクロする走りを際立たせました。安全性の向上についてはクルージング&トラフィック・サポート(CTS)の作動上限速度を高速域まで拡大し、制御を最適化することで、高速道路での疲労や運転ストレスのさらなる低減を図り、安全安心感を高めました。

これらの改良により、街中から郊外、高速道路まで、様々な走行シーンでより意図した通りにクルマが応答することで、クルマとの一体感を感じていただけます。

また、2020年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」 *3のTOP3選出を記念したモデル*4を、100周年特別記念車に設定しました。

マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

■「MAZDA CX-30」 商品改良の概要は以下の通り

●e-SKYACTIV X: ドライバーの意図に応える瞬発力を高めた自在感を洗練

  • 「SPCCI」の燃焼制御を最適化することで、ほぼ全てのエンジン回転域でトルクと出力を向上。

最高出力は132kW(180PS)から140kW(190PS)に、最大トルクは224N・mから240N・mにそれぞれ向上。

  • 高応答エアサプライの過給を緻密に制御し、素早いアクセル操作に対してより速やかに過給することで、応答性を向上。
  • フロントフェンダーとリア部にe-SKYACTIV X専用のバッジ*5を装備。

CX-30の主要諸元

●SKYACTIV-D 1.8: ディーゼルエンジンらしいトルクフルな走りを幅広いシーンで強化

  • 最高出力を85kW(116PS)から95kW(130PS)に向上させるとともに、より広いエンジン回転域で力強いトルクを発揮する制御を行うことで、アクセルを踏み始めた瞬間の応答を大幅に改良。
  • 高速道路での合流・追い越しなど、アクセルを踏み増し一気に加速するシーン(3000rpm~)において、より力強いトルクを瞬時に生み出し、ディーゼルエンジンの強みであるパワフルな加速を持続的に発揮。
  • ディーゼルエンジンならではの低燃費など高い経済性はそのままに、アクセル操作に対して遅れなくトルクを発揮し、ドライバーが意図したとおりにクルマが応答するように燃焼制御を見直し。

CX-30の主要諸元

●安全装備:安全・安心の向上

  • 追従走行機能とステアリングアシスト機能により、高速道路や自動車専用道路の渋滞時等に運転疲労の軽減をサポートするCTS*6の作動上限車速を約55km/hから高速域まで引き上げ。
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)*6の加減速制御を、より人間特性に合わせて滑らかに変更。

●100周年特別記念車 2020ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)TOP3選出記念モデル

  • 主な特徴(その他の装備は100周年特別記念車と共通)-エクステリアカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック
    -WCOTY TOP3選出記念モデル専用オーナメント (ご購入記念品として納車時に進呈)

詳細は、100周年特別記念車スペシャルサイトにてご確認ください
URL:https://www.mazda.co.jp/100th/sv/

*1 SKYACTIV-G 2.0搭載機種は、2020年12月17日より全国のマツダの販売店で発売します。e-SKYACTIV X搭載機種およびSKYACTIV-D 1.8搭載機種は、2021年1月発売の予定です。

*2 電動化技術を搭載することを分かりやすく表現するため、SKYACTIV-X搭載車の車両後部の技術名バッジを、マツダの電動化技術の総称「e-SKYACTIV」を冠した「e-SKYACTIV X」に変更。「e-SKYACTIV X」は、ブレーキ・バッテリー含めたマイルドハイブリッドシステムと、エンジンと組み合わせたパワーユニット名称とし、エンジン単体としての「SKYACTIV-X」の名称・エンジンカバー表記はこれまで同様に継続します。

*3 ワールド・カー・アワーズが主催する自動車賞

*4 WCOTY TOP3選出記念モデルのベース車両は、100周年特別記念車です。100周年特別記念車ならびWCOTY TOP3選出記念モデルは、2021年3月31日まで注文を受け付けています。

*5 フロントフェンダー部には「SKYACTIV-X」バッジを装着。リア部には、「e-SKYACTIV X」バッジを装着。尚、100周年特別記念車のSKYACTIV-X搭載機種の、フロントフェンダー部のバッジデザインは異なります。

*6 対象物(特殊な外観をした車両、部分的に見えている、隠れている、もしくは背景に溶け込んでいる車両と歩行者など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが連続する道路、夜間や夕暮れなど視界の悪い時など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。また、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

*7 WLTCモード燃費は国土交通省審査値で、燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象状況、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。

WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定高速道路モード:高速道路等での走行を想定

*8 自動車税(環境性能割)は、新車時の環境性能に応じて自家用登録車は非課税または1~3%が課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2021年3月31日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。

■CX-30に関する情報サイト:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

・価格(消費税込み)

マツダCX-30
2,392,500-3,713,600円

マツダCX-30特別仕様車
3,117,380-4,069,980円

マツダ CX-30

マツダ CX-30のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

 

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.