CX-30の評価集

CX-30に欠点・デメリットはあるか?CX-30を徹底評価!

CX-30は、マツダ3のDNAを受け継ぐ最新のクロスオーバーSUVです。

しかし、そんなCX-30にも美点だけでなく、欠点もあるに違いありません。

ここでは、CX-30の欠点・デメリットも検証しながら徹底評価しますので、新車購入時の参考にしてくださいね。

CX-30を評価!欠点、デメリットはあるか?

CX-30のエクステリアの欠点は?

CX-30のエクステリアは、マツダ車共通のデザインモチーフ、鼓動を採用しています。

弟分のCX-3に似たデザインで、新鮮味に欠ける印象もありますね。

マツダ3が斬新なデザインを取り入れているだけに、もう少しCX-30ならではの個性が欲しかったところ。

また、黒の樹脂モールがデザイン上のアクセントになっていますが、暗いボディカラーを選ぶと同化してしまうのが惜しまれます。

CX-30のブラックカラー

mazda.co.jp/cx-30/

特にジェットブラックマイカを選んだ場合は、折角のモールがほとんど分からなくなってしまいますね。

反対に、モールの樹脂部分がCX-3やCX-5などと比べて範囲が大きいので、それを安っぽいと受け取るユーザーも少なくありません。

特にスノーフレイクホワイトパールマイカでは目立ってしまうので、ホワイトは選ばないと言うユーザーもいるほど。

CX-30のスノーフレイクホワイトパールに樹脂モール

ただ、見慣れてくれば違和感はそれほど感じなくなると思います・・・

CX-30のインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

CX-30のインパネ中央部には、センターディスプレイが標準装備されます。

CX-30のセンターディスプレイ

mazda.co.jp/cx-30/

8.8インチのワイド画面を採用していますが、縦方向が小さいこともあり大画面とは言えません。

オプションのナビゲーション用SDカードプラスを挿入すればナビとしても使えますが、画面サイズが小さいため視認性がイマイチです。

前方視界との兼ね合いもありますが、もう一回り大きいサイズが欲しいですね。

CX-30のシート&居住性

CX-30の後席は、座面の長さが若干不足気味です。

CX-30の後席

mazda.co.jp/cx-30/

シートのクッション性が優れているだけに、もう少し座面が長ければさらに快適になるのにと、惜しまれます。

また、シートバックが立ち気味なのでキッチリと座る感じになり、ゆったりくつろぐという感じにはなりません。

CX-30の収納&荷室スペース

CX-30の収納は、それほど豊富に用意されているわけではありません。

他社のSUVも似たり寄ったりなので、CX-30だけの欠点とは言えませんが、ミニバンから乗り換えると収納の少なさに戸惑うかもしれませんね。

一方、荷室スペースは広い方ですが、シートアレンジは平凡です。

CX-30のシートアレンジ

mazda.co.jp/cx-30/

6:4分割可倒式のリアシートを前に倒すアレンジしかないので、車中泊は難しいでしょう。

アウトドアユースにも活用できるCX-30だけに、車中泊に対応できるシートアレンジがあれば尚よかったですね。

CX-30のパワートレインの欠点は?

CX-30のエンジンは、1.8Lディーゼル のスカイアクティブ-Dと、2Lガソリン のスカイアクティブ-G及びスカイアクティブ-Xの3種類です。

CX-30のスカイアクティブ-D

mazda.co.jp/cx-30/

1.8Lディーゼルのスカイアクティブ-Dは、アイドリング時にディーゼル特有のカラカラ音がするので、ガソリン車ばかり乗っている人には気になるかもしれません。

また、パワー面でも1.5トン前後の車体に対してややパンチ不足で、CX-5に搭載されている2.2Lディーゼルが欲しくなります。

CX-30のスカイアクティブ-G

mazda.co.jp/cx-30/

一方、2Lガソリンのスカイアクティブ-Gは中低速トルクが細いため、こちらも走りの面でいささか物足りません。

こうした不満を解消するには、パフォーマンスは高いものの価格も高い、スカイアクティブ-X搭載車を選ぶしかないでしょう。

また、他のマツダ車も同じですが、ATが今時6速なのは時代遅れと言わざるを得ません。

他社が7~9速まで多段化しているのと比べ、効率面で見劣りがしてしまいます。

マツダの企業体力では、多段ATの新開発はコストが掛かり過ぎて厳しいのかもしれませんが、このまま手をこまぬいていては駄目ですね。

CX-30の走行性能の欠点は?

CX-30は、マツダ3よりも乗り心地が硬めです。

CX-30走行イメージ

mazda.co.jp/cx-30/

特に低速走行時はリアサスペンションが少し突っ張り気味で、段差を乗り越えた時に突き上げ感があります。

後席に人を乗せて街乗りする機会が多い人には、気になる点ですね。

CX-30の装備面の欠点は?

CX-30だけでなくマツダ車に共通する欠点として、ナビの選択肢が1つしかないことがあげられます。

CX-30のナビ画面

mazda.co.jp/cx-30/

CX-30に車載ナビを付けたい場合は、オプションのナビゲーション用SDカードプラスを購入し、センターディスプレイをナビとして活用するしかありません。

先ほども解説したようにセンターディスプレイの画面サイズが小さいため、地図が見やすくない点や、ナビとしての性能・機能が平凡な点が問題です。

センターディスプレイは取り外しができず、レスオプションも選べないため、社外ナビを付けようにも設置場所に困ってしまいます。

また、CX-30には電動スライドガラスサンルーフがオプション設定されていますが、付けられるのは最上級グレードのX Lパッケージだけです。

CX-30のサンルーフ

mazda.co.jp/cx-30/

サンルーフは室内に開放感をもたらす装備として一定の人気がありますし、リセールアップにもつながるので、もっと多くのグレードで選べるようにするべきでしょう。

CX-30の安全性能の欠点は?

CX-30は、上級グレードにクルージング&トラフィックサポートという先進安全装備が付きます。

CX-30のクルージング&トラフィックサポート

mazda.co.jp/cx-30/

この装備は、先行車に自動追従走行する機能と、車線に沿って走行するようステアリング操作をアシストする機能をミックスしたものです。

しかし、ステアリングアシストは約55キロ未満でしか作動しないため、高速道路を巡行する際に使えません。

折角の先進機能も、使えるシチュエーションが高速道路の渋滞時くらいに限定されてしまうのは、あまりにも勿体ないことです。

ちなみに、類似した装備に日産のプロパイロットやスバルのツーリングアシストなどがありますが、こうした不可解な制約はありません。

CX-30のグレード体系・価格面での欠点は?

マツダはMT車に展開に積極的で、CX-30にも6MT仕様が設定されています。

しかし設定があるのはガソリン車のみで、何故かディーゼル車はAT仕様しかありません。

数は少ないかもしれませんが、ディーゼルをMTで乗りたい人もいるはずなので、そのニーズに応えるべきでしょう。

価格面では、大本命とも言えるスカイアクティブ-X搭載車が高価なのが気になります。

一番安いプロアクティブでも3,294,500円で、スカイアクティブ-G搭載車の同一グレードより679,000円も高価です。

いくらパフォーマンスが優れていると言っても、これだけ価格差が大きいと購入をためらう人が多いのではないでしょうか?

CX-30を評価!いいところは?

CX-30のエクステリアのいいところは?

新型車としてはイマイチ斬新さに欠けるCX-30のエクステリアですが、ミクロ的に見れば新しい試みもあります。

CX-30のサイドビュー

mazda.co.jp/cx-30/

ボディ側面のパネルにS字状の凹凸が付けられ、光に当たり具合によって違った表情を見せる点は、これまでのマツダ車にないものです。

そうしたデザイン処理は、リア回りにも施されています。

CX-30のリアビュー

mazda.co.jp/cx-30/

単に見た目のユニークさを狙ったものではなく、空力特性にも配慮されている点は良いですね。

また実用面では、SUVにもかかわらず車高が立体駐車場に収まる高さに抑えられている点は、都市部に住むユーザーにとって大きなメリットになるでしょう。

CX-30のインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

マツダ3の派生モデルとして誕生したCX-30ですが、インパネは一から起こしたオリジナルのデザインが採用されています。

CX-30のインパネ

mazda.co.jp/cx-30/

マツダ3の流用でないことだけでも評価できますが、デザインの良さや質感の高さも魅力です。

ドライバーを取り囲むようなコックピット感覚のデザインは、運転席に座った瞬間に気分が昂りますし、人間工学的にもよく考えられています。

また、質感の高さは高級車並みと言っても過言ではありません。

さらに、全車にデジタルメーターの7インチマルチスピードメーターが標準装備される点も、魅力です。

CX-30のメーター

mazda.co.jp/cx-30/

シート&居住性

CX-30の室内スペースは、このクラスとしてはかなり広い方です。

CX-30の室内

mazda.co.jp/cx-30/

後席のヘッドスペースやレッグスペースも十分で、大柄な人が座っても窮屈には感じないでしょう。

フロントのスペースも勿論問題なく、シートの出来も秀逸です。

またマツダ車の例に漏れず、ペダルレイアウトが良いので自然なドライビングポジションが得られるのも長所にあげられます。

収納&荷室スペース

CX-30の荷室スペースは、外観から想像する以上に広くとられています。

CX-30の荷室

mazda.co.jp/cx-30/

荷室容量は430Lで、CX-5の505Lには及ばないものの、CX-3の350Lを大きく上回る容量です。

旅行やレジャーに使っても、荷物の置き場に困ることはまずないでしょぅ。

CX-30のパワートレインのいいところは?

CX-30のエンジンは、どれもスムーズさは抜群です。

パンチに欠ける反面、回して気持ちがいいので、アクセルをガンガン踏める人には良いエンジンと言えるでしょう。

また6速MTはショートストロークでコクコクとシフトが決まるので、MT派の人ならずともおススメしたくなります。

CX-30でとことん走りを楽しみたいなら、スカイアクティブ-Xエンジン+6MTの組み合わせがベストかもしれません。

CX-30のスカイアクティブ-X

mazda.co.jp/cx-30/

CX-30の走行性能のいいところは?

CX-30は、リニアなハンドリングやフラットな姿勢を実現するG-ベクトリングコントロールプラスという技術を採用しています。

思い通り曲がれるハンドリングを実現しているので、ワインディングを楽しく走れますし、運転が上手くなったように感じることでしょう。

また、クルマの姿勢がフラットに保たれるので、同乗者も含め車内で快適に過ごせる点も魅力です。

さらに、高速道路や雪道でも安定した走行ができるなど、G-ベクトリングコントロールプラスには大きなメリットがあります。

 

CX-30の装備面のいいところは?

CX-30のドアミラーは、全車にイグニッションに連動して展開・格納されるオート格納機能と、鏡面の曇りや凍結を防止するヒーテッド機能が付きます。

また、スイッチひとつでパーキングブレーキが掛けられる電動パーキングブレーキや、ブレーキペダルを踏み続けることなく停止できるオートホールドも全車に標準装備。

最廉価グレードの20Sでも、それなりに装備が充実しているのはいい点ですね。

CX-30の安全性能のいいところは?

CX-30に付く自動ブレーキ「スマート・ブレーキ・サポート」は、昼夜を問わず車両や歩行者を検知できる上、昼間なら自転車も検知できます。

CX-30のスマート・ブレーキ・サポート

mazda.co.jp/cx-30/

現状ではかなり安心感の高い自動ブレーキと言えるでしょう。

また、フロントウィンドウに速度などの情報を投射するアクティブ・ドライビング・ディスプレイが全車に標準される点も、CX-30のいいところです。

CX-30のアクティブ・ドライビング・ディスプレイ

mazda.co.jp/cx-30/

アクティブ・ドライビング・ディスプレイは、メーターを読む時のように視線を落とさずに済むので、その分前方の安全確認に注意を払えます。

CX-30のグレード体系・価格面でのいいところは?

CX-30の2,392,500円~3,713,600円という価格は、欧州のコンパクトSUVに勝るとも劣らない完成度を考えれば、バーゲンプライスと言えます。

言い方を変えれば、国産車の値段で輸入車のような魅力あるクルマが買えるということです。

CX-30の総合評価

CX-30の鼓動をモチーフにしたデザインは、新鮮味には乏しいものの、カッコよさの点では申し分ありません。

カッコいいSUVが欲しいなら、最有力候補にあげてよいでしょう。

インテリアはデザインも質感も良いので、かなり高く評価できます。

これでセンターディスプレイがもう一回り大きければ、満点なのですが・・・。

居住性は抜群に広いというほどではありませんが、このクラスとしては十分です。

CX-30なら、家族4人のためのファミリーカーとして問題なく使えるでしょう。

収納はSUVとしてごく平均レベルですが、荷室スペースは十分確保されています。

ただ、シートアレンジが平凡な点は惜しいところ。

エンジンはパンチには欠けますが、スムーズで上質なフィーリングがあるので、飛ばし屋さんでなければ大きな不満は出ないはずです。

フィーリングの優れたMTが選べるのもいいところですが、ATが非効率的な6速なのは残念。

いまのご時世としては、8速は欲しいですね。

装備面では、安全装備も含めかなり充実していますが、選択肢のないナビが数少ない弱点と言えそうです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

CX-30の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのCX-30値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-30を限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のCX-30の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>CX-30値引き交渉マニュアル

-CX-30の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.