CX-30の評価集

CX-30でみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

スタイリッシュで装備も充実しているCX-30ですが、もっとカッコよくしたい!もっと乗りやすく快適なクルマにしたい!と思っている人も多いことでしょう。

CX-30には安全性・快適性を高めるメーカーオプションや、内外装をモディファイするディーラーオプションが用意されています。

ここではCX-30のオプションの中から特に人気があり、おススメできるものを紹介していきますので、新車購入時の参考にしてくださいね。

CX-30のおすすめメーカーオプションは?

車内の快適性を高めるスーパーUVカットガラス&IRカットガラス等

CX-30はプロアクティブ ツーリングセレクション系グレードに限り、フロントドアにスーパーUVカットガラス+IRカットガラスが、フロントウィンドウにIRカットガラスが標準装備されます。

スーパーUVカットは日焼けの原因となる紫外線を約99%カット、IRカットは室内のジリジリした暑さの要因となる赤外線を有効にカットする機能です。

他のグレードに標準装備されるのは、紫外線を約90%カットするUVカットガラスなので、室内の快適性が劣ります。

しかし、スーパーUVカットガラス+IRカットガラスはCD/DVDプレーヤー+地デジチューナーとセットでオプション設定されているので、それを選べば大丈夫です。

価格は49,500円で、内容からすれば妥当と言えるでしょう。

安全性をさらに高める360°セーフティパッケージ

CX-30の360°ビューモニター

mazda.co.jp/cx-30/

 

 

安全装備が充実しているCX-30ですが、さらに安全性を高めるセットオプションとして360°ビューパッケージが設定されています。

このセットオプションのメインとなるのが360°ビュー・モニターで、車両の前後左右4か所に搭載されたカメラの映像をセンターディスプレイに表示すると同時に、各種警報音で駐車時や低速走行時の安全確認をサポートする装備です。

またMT車の場合は、前方の障害物を検知するフロントパーキングセンサーが標準装備されませんが、このセットオプションを選べばそれも付いてきます。

そして、このセットオプションにはもうひとつ、ドライバーの疲労や眠気を検知して表示や警報音でお知らせするドライバー・モニタリングも含まれるので、かなりの安全性向上が望めるでしょう。

CX-30のドライバーモニタリング

mazda.co.jp/cx-30/

価格は88,680円と決して安いわけではありませんが、奮発する価値ありです。

音楽再生の音にこだわるならボーズサウンドシステム+12スピーカー

CX-30のボーズサウンドシステム

mazda.co.jp/cx-30/

CX-30に標準装備されるオーディオシステム+8スピーカーの音も悪くありませんが、音にこだわる人には物足りなさもあるでしょう。

そんな人におススメなのが、ボーズサウンドシステム+12スピーカーです。

アメリカの有名オーディオメーカーのボーズ社とマツダが共同開発したオーディオシステムで、迫力や臨場感は標準システムの比ではありません。

さらにステレオ音源もマルチチャンネル再生できる機能や、走行ノイズを補償してクリアな音質を実現する機能も付くなど、至れり尽くせりです。

価格は77,000円と少し高めですが、良い音を聞きながらドライブを楽しみたいなら、選ぶ価値はあります。

CX-30のおすすめディーラーオプションは?

換気に役立つアクリルバイザー

CX-30のアクリルバイザー

mazda.co.jp/cx-30/

雨の日に車内の換気をしたい場合、窓を少しだけ開けたいところですが、雨水が車内に入ってしまうので困りますね。

でも、オプションのアクリルバイザーを付ければ、そんな悩みから解放されます。

また、夏場の駐車中に車内が暑くなり過ぎないよう、窓を少しだけ開けておいても、アクリルバイザーが付いていれば車上荒らしに悟られにくいというメリットも。

外観を損ねるという理由で嫌う人もいますが、CX-30のアクリルバイザーはフラッシュサーフェスデザインの採用により、スタイリッシュに仕上げられています。

価格が28,820円とお手頃なこともあり、人気の高いアイテムです。

泥跳ね対策とカッコよさアップにマッドフラップ

CX-30のフロントマッドフラップ

mazda.co.jp/cx-30/

CX-30のリアマッドフラップ

mazda.co.jp/cx-30/

CX-30を買ったら、キャンプなどのアウトドアに出掛けたいという人も多いと思いますが、そんな時はちょっとした悪路を走ることがあるかもしれません。

その際、タイヤが巻き上げる泥跳ねや石跳ねでボディが汚れたり、傷付いたりすることがあります。

それを防ぐには、ホイールハウス後部に装着するマッドフラップがおススメです。

SUVらしい逞しさ、カッコよさをアップさせる効果もあるので、悪路なんて走らないよ、という人も是非!

価格はフロント用/リア用の両方合わせて24,640円です。

室内をスポーティかつムーディに演出するプレミアムセレクション

CX-30のプレミアムセレクションAT用

mazda.co.jp/cx-30/

CX-30のプレミアムセレクションMT用

mazda.co.jp/cx-30/

プレミアムセレクションとは、以下の3点をセットにしたものです。

  • 運転席・助手席の足元をホワイト色で照らし、ナイトドライブのムードを高めるフットランプ&イルミネーション
  • デザイン性と操作感を両立させたスポーツペダルセット
  • サイドシルをスタイリッシュに演出、フロント用はドア開閉に連動して「CX-30」のロゴが点灯するスカッフプレート

画像上のAT車用と下のMT車用があり、価格は共に101,860円です。

ちょっと贅沢なオプションですが、CX-30の内装の魅力をさらに高めるアイテムとしておススメします。

フロアマットなら「スポーツ」

CX-30のフロアマット

mazda.co.jp/cx-30/

CX-30のディーラーオプションの中で一番人気なのが、フロアマット。

フロアマットには2種類ありますが、おススメは33,880円の「スポーツ」です。

上級の「ラグジュアリー」(50,380円) ほどのゴージャスさはありませんが、決してチープというわけではなく、機能性も遜色ありません。

何も敷かないよりずっと見栄えがしますし、遮音性もアップ、掃除も楽にできるなどメリットが多いので、是非敷きましょう。

スマホの充電に便利なワイヤレスチャージャー

CX-30のワイヤレスチャージャー

mazda.co.jp/cx-30/

スマホを充電したい時に重宝するオプションとしておススメのオプションが、ワイヤレスチャージャーです。

Qi (チー) 規格のスマホを置くだけで充電できるので、大変重宝します。

センターコンソール内に装備され、運転席・助手席は勿論、後席からの利用も可能。

価格は29,040円とそれほど安いわけではありませんが、装着率の高い人気アイテムになっています。

CX-30のおすすめ純正ナビは?

ナビゲーション用SDカードアドバンス

CX-30のナビゲーション用SDカード

mazda.co.jp/cx-30/

最近は道案内をスマホのナビアプリで済ませる人が増えていますが、車載ナビが必要なら、ナビゲーション用SDカードアドバンスがおススメ。

専用スロットにSDカードを差し込むことで、センターディスプレイがナビとして使えるようになります。

ナビとしての性能・機能は特別優れているわけではありませんが、価格は53,899円と他社の純正ナビよりずっと安価なので、コストパフォーマンスは優れています。

純正ディーラーオプションは後付けできるがメーカーオプションはダメ

メーカーオプションは工場の生産ライン上で装着されるため、CX-30を契約する時に同時注文する必要があります。

しかしディーラーオプションなら、納車後に注文して後付けすることも可能です。

取り合えず契約時にメーカーオプションだけ選び、ディーラーオプションは後でじっくり検討するのもいいでしょう。

CX-30のメーカーオプションは、先ほど紹介した以外にはプロアクティブ系グレードで選べるドライビング・ポジション・サポート・パッケージや、クルージング&トラフィック・サポートなどがあります。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・・

リモコンエンジンスターターは割高

CX-30のリモコンエンジンスターター

mazda.co.jp/cx-30/

夏場や冬場は、車内に乗り込んだ時にとても暑かったり寒かったりしますが、車外からエンジンを掛けて事前に空調しておけるリモコンエンジンスターターがあれば、そんな悩みも解決します。

しかし、CX-30の純正リモコンエンジンスターターは67,320円もするので、高過ぎと言わざるを得ません。

社外品なら1万円台~で手に入りますが、現時点でCX-30専用品は発売されていないのが残念。

もう少し待てば発売される可能性があるので、割高な純正品を慌てて注文しない方がいいでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

CX-30の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのCX-30値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-30を限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のCX-30の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>CX-30値引き交渉マニュアル

-CX-30の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.