CX-60の評価集

CX-60は運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

ロングノーズ・ショートデッキのスタイリッシュなフォルムを持つCX-60は、運転しやすいイメージがないかもしれません。

カッコよさに惚れて購入したものの、実際に運転や駐車が難しかったら困りますよね。

ここではCX-60は運転がしやすいのかどうかを検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムを紹介していきますので、参考にしてみてください!

CX-60の大きさは?ボディサイズをチェック

CX-60のボディサイズは以下の通りです。

【CX-60 XD Lパッケージ】
全長 4,740mm
全幅 1,890mm
全高 1,685mm

4.7mを超える全長と1.9mに迫る全幅は、SUVの中でも大柄な方です。

ことにワイドな全幅は、狭い路地での離合や狭い駐車場での駐車を考えると不安になるでしょう。

ここでCX-3からCX-60への乗り換えを想定し、ボディサイズを比較してみます。

【CX-3 XDツーリング】
全長 4,275mm
全幅 1,765mm
全高 1,550mm

CX-60はCX-3と比較して全長が40cm以上長く、全幅は12cmほどワイドです。

ボディサイズが二回りほど大きいので、慣れるまでは狭い道路の走行や駐車でかなり気を使うかもしれません。

ただ、CX-60は全高が高い分アイポイントも高く、見晴らしがいいのが救いです。

CX-60の小回りは効くか?CX-60の最小回転半径

CX-60の最小回転半径は5.4mで、ボディサイズの割に小さい数値です。

CX-3の5.3mと比べても0.1m大きいだけで、思いのほか小回りが効くことが分かります。

こうした小回り性の高さは、FRレイアウトならではのメリットと言えるでしょう。

CX-60は運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

CX-60のフロントの見切りは良好

CX-60のボンネットはそれほど前下がりになっていないため、運転席からボンネットの先端近くまでが視界に収まります。

mazda.co.jp/cx-60

そのため、CX-60はロングノーズのフォルムから想像するよりずっとフロントの見切りが良好です。

こうした見切りの良さには、低く水平基調のインパネによる前方視界の良さも貢献しています。

mazda.co.jp/cx-60

また、万が一障害物に接近し過ぎた場合もフロントパーキングセンサーが検知して音と表示で知らせてくれるので、ぶつけてしまう心配もありません。

CX-60の車幅の感覚は掴みやすい?

CX-60は運転席からボンネットの先端近くまで視野に入るため、車幅が掴みやすくなっています。

とは言え、全幅が1.9m弱あるため運転席からボディ左端までの距離が遠く、幅寄せはそれなりに気を使うのもまた事実。

特に狭い道路で対向車とすれ違う時は、慎重な運転が求められます。

CX-60の後方視界はあまり良くない

カッコよさにこだわったCX-60は、リアウィンドウの面積がそれほど大きくありません。

mazda.co.jp/cx-60

画像から分かるようにリアウィンドウは天地の丈が小さく、後方視界はいまひとつです。

またCピラーが裾広がりの造形で、リアクォーターウィンドウも小さいため斜め後方の死角も気になります。

背の低い障害物や幼児を見落としてしまう可能性もあるので、バックには十分注意が必要です。

CX-60の駐車にはコツがある?

CX-60は後方・斜め後方視界にやや難があるため、バックでの駐車には気を使います。

そこで活用したいのが、車載カメラの映像をセンターディスプレイに表示する360°ビューモニター (XDを除く全車に標準装備、XDにメーカーセットオプション設定) です。

車を上から見下ろしたようなトップビューに様々なビューを組み合わせた映像により、車両周辺の状況が手に取るように分かります。

CX-60でバック駐車する際のコツは、目視をメインに360°ビューモニターの映像をチラチラ見ながら、ゆっくりとバックすることです。

万が一障害物に接近し過ぎた場合は、リアパーキングセンサーが音と表示で知らせてくれます。

CX-60の運転で役立つアイテム

シースルービュー

シースルービューは、先ほど紹介した360°ビューモニターの機能のひとつです。

車両の内側から外を透かして見るような映像が表示され、ボディ底面やタイヤの位置も分かるため、駐車が一段とやりやすくなります。

下位グレードではシースルービューは標準装備されず、93,500円のメーカーセットオプションとなりますが、大きな車の運転が初めての人は付けておいた方が安心です。

CX-60の運転のしやすさまとめ

CX-60はボディサイズが大きく、後方視界にもやや難があるので運転にはそれなりに気を使います。

しかし、フロントの見切りの良さや意外なほどの小回り性の高さなど美点もあるので、運転が難しいと決め付けることはできません。

また、大半のグレードにボディサイズや視界のネガを補ってくれる360°ビュー・モニターが付くので、慣れれば乗りこなせるようになるでしょう。

しかし全幅の広さという物理的な問題は解決できないので、自宅周辺の道路が狭いケースや駐車場が狭いケースなどは、実際に試乗でその場所を走らせてもらえればベストです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

CX-60の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのCX-60値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-60を限界値引きで購入しています。

今月のCX-60の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>CX-60値引き交渉マニュアル

-CX-60の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.