CX-60の評価集

マツダ CX-60の新車乗り出し価格は?見積もり書を公開

CX-60の乗り出し価格が気になっている人も多いのではないでしょうか?

ここではCX-60の見積もり書を公開しますので、購入時の参考にどうぞ!

CX-60の新車見積書を公開

CX-60 PHEV Premium Sports実際の見積書はこちら

CX-60の見積書

あすか
CX-60 PHEV Premium Sportsの新車本体価格は約626万円、値引きなしの乗り出し価格は682万円となりました!値引きを含んだ乗り出し価格は下で紹介しています。

CX-60 XD エクスクルーシブモード実際の見積書はこちら

CX-60の見積書

あすか
CX-60 XD エクスクルーシブモードの新車本体価格は約443万円、値引きなしの乗り出し価格は503万円となりました!値引きを含んだ乗り出し価格は下で紹介しています。

CX-60の総額は?見積もりで分かる新車乗り出し価格一覧

CX-60のグレード別の乗り出し価格です。

車両価格、オプション価格、税金・登録諸費用の合計金額から目標値引額を差し引いています。

CX-60 25S Sパッケージの乗り出し価格

車両本体価格 2,992,000円
メーカーオプション 55,000円(ロジウムホワイトプレミアムメタリック)
ディーラーオプション 220,322(ナビゲーション用SDカード、ドライブレコーダー、ETC2.0、フロアマット)
自動車税種別割 8月登録25,300円
自動車税環境性能割 74,700円
自動車重量税 49,200円
自賠責保険料 0円
登録諸費用 0円
リサイクル預託金 16,180円
諸費用合計 165,380円
車両値引き ▲130,000円
オプション値引き ▲44,000円
CX-60 25S Sパッケージ乗り出し価格 3,580,000円(端数カット)

あすか
値引き合格ラインを達成できれば、CX-60 25S Sパッケージは総額358万円の乗り出し価格で購入できます!

CX-60 XD Sパッケージの乗り出し価格

車両本体価格 3,580,500円
メーカーオプション 55,000円(ロジウムホワイトプレミアムメタリック)
ディーラーオプション 220,322(ナビゲーション用SDカード、ドライブレコーダー、ETC2.0、フロアマット)
自動車税種別割 8月登録33,200円
自動車税環境性能割 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 27,770円
登録諸費用 70,260円
リサイクル預託金 16,180円
諸費用合計 147,410円
車両値引き ▲130,000円
オプション値引き ▲44,000円
CX-60 XD Sパッケージ乗り出し価格 3,820,000円(端数カット)

あすか
値引き合格ラインを達成できれば、CX-60 XDSパッケージは総額382万円の乗り出し価格で購入できます!

CX-60 XDエクスクルーシブモードの乗り出し価格

車両本体価格 4,433,000円
メーカーオプション 55,000円(ロジウムホワイトプレミアムメタリック)
ディーラーオプション 220,322(ナビゲーション用SDカード、ドライブレコーダー、ETC2.0、フロアマット)
自動車税種別割 8月登録33,200円
自動車税環境性能割 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 27,770円
登録諸費用 70,260円
リサイクル預託金 16,180円
諸費用合計 147,410円
車両値引き ▲130,000円
オプション値引き ▲44,000円
CX-60 XD エクスクルーシブモード乗り出し価格 4,680,000円(端数カット)

あすか
値引き合格ラインを達成できれば、CX-60 XD エクスクルーシブモードは総額468万円の乗り出し価格で購入できます!

CX-60 XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツの乗り出し価格

車両本体価格 5,054,500円
メーカーオプション 231,000円(ロジウムホワイトプレミアムメタリック、ドライバーパーソナライゼーションシステムパッケージ、パノラマサンルーフ)
ディーラーオプション 220,322(ナビゲーション用SDカード、ドライブレコーダー、ETC2.0、フロアマット)
自動車税種別割 8月登録33,200円
自動車税環境性能割 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 27,770円
登録諸費用 70,260円
リサイクル預託金 16,180円
諸費用合計 147,410円
車両値引き ▲130,000円
オプション値引き ▲44,000円
CX-60 XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツ乗り出し価格 5,470,000円(端数カット)

あすか
値引き合格ラインを達成できれば、CX-60 XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツは総額547万円の乗り出し価格で購入できます!

CX-60 PHEV プレミアムスポーツの乗り出し価格

車両本体価格 6,264,500円
メーカーオプション 55,000円(ロジウムホワイトプレミアムメタリック)
ディーラーオプション 220,322(ナビゲーション用SDカード、ドライブレコーダー、ETC2.0、フロアマット)
自動車税種別割 8月登録25,300円
自動車税環境性能割 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 27,770円
登録諸費用 70,260円
リサイクル預託金 16,180円
諸費用合計 139,510円
車両値引き ▲130,000円
オプション値引き ▲44,000円
CX-60 PHEV プレミアムスポーツ乗り出し価格 6,500,000円(端数カット)

あすか
値引き合格ラインを達成できれば、CX-60 PHEV プレミアムスポーツは総額650万円の乗り出し価格で購入できます!

CX-60各グレードの新車総額を比較

CX-60の各グレードの乗り出し価格は以下の通りです。

  • CX-60 25S Sパッケージ 3,580,000円
  • CX-60 XD Sパッケージ 3,820,000円
  • CX-60 XD エクスクルーシブモード 4,680,000円
  • CX-60 XDハイブリッド エクスクルーシブスポーツ 5,470,000円
  • CX-60 PHEV プレミアムスポーツ 6,500,000円

CX-60はガソリン車からプラグインハイブリッドまでラインナップが幅広く、その分価格レンジが幅広いのが特徴です。

ガソリン車25Sとディーゼル車XDのSパッケージ同士を比較すると、同一グレードながら装備はXDの方が充実しています。

更にXDの方がエンジンが遥かにパワフルで経済性も優れていることも考慮すれば、25Sより24万円高額でもコストパフォーマンスはむしろ高いと言えるでしょう。

XDのSパッケージとエクスクルーシブモードの比較では、安全装備や快適装備はエクスクルーシブモードが遥かに充実していますが、価格差が80万円以上あるので予算との相談というところです。

純ディーゼル車のXDとハイブリッドディーゼルのXDハイブリッドの比較では、グレードの違いから装備で一歩を譲るXDハイブリッドの方が80万円ほど高額です。

それだけパワートレインにコストが掛かっていて性能も高いのですが、コストパフォーマンスで選ぶならXDでしょう。

プラグインハイブリッドのPHEVは現時点でスペックが未公表なので何とも言えませんが、パフォーマンスや燃費性能では恐らくCX-60でベストになりです。

しかし、その分価格は600万円超えとなるので万人向けとは言えません。

この5つのグレードからコストパフォーマンスの観点でベストを選ぶなら、XD Sパッケージです。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

CX-60の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのCX-60値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-60限界値引きで購入しています。

今月のCX-60の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>CX-60値引き交渉マニュアル

-CX-60の評価集
-,

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.