CX-3の評価集

マツダ CX-3でみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

今回はマツダのクロスオーバーSUVであるCX-3の人気のオプション品を紹介します。

躍動的で洗練されたボディデザインと気持ちの良い加速をする2種類のエンジン、そしてマツダ独自の先進安全技術のすべてを揃えた人気のSUVです。

そんなCX-3のユーザーが選ぶ人気オプション品から当サイトがおススメするオプション品、さらには最新メーカー純正ナビのスペックまで幅広く紹介します。

CX-3のおすすめメーカーオプションは?

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

CD/DVDプレーヤー&フルセグ地上デジタルTVチューナー

マツダが独自に開発し、燃費情報等の車両情報を始めブルートゥース対応のスマートフォンに接続しハンズフリーに対応するなど、様々な情報を提供したりエンターテイメントを提供してくれるシステムが「マツダ コネクト」です。

このシステムにCD及びDVDを視聴出来たり、映像が乱れにくく高画質なTV視聴が楽しめるフルセグTVチューナーが選択可能です。

「マツダ コネクト」は社外品のCD/DVDプレーヤーそしてフルセグ地上デジタルTVチューナーとの接続が不可能なため、音楽等を楽しみたいユーザーは必然的に選択する必要があります。

ボーズ サウンドシステム+7スピーカー

CX-3の車内の広さに合わせて、音響メーカーで有名なボーズ社と共同開発し専用設計したメーカーオプションです。

全体の音域をクリアなサウンドを実現したサウンドシステムに、高音域専門であるツイーターや低音域専門のベースボックスを含め、合わせて7つものスピーカーにより、車の中とは思えないようなダイナミックで包み込まれるような音を提供します。

音楽を楽しみたいユーザーに大好評なオプション品です。

なおこの装備品は、20S プロアクティブ・20S L パッケージ・XD プロアクティブ・XD L パッケージのみ装備できます。

その他のおすすめメーカーオプションは?

i-ELOOP

エンジン構造を徹底的に見直すことで、気持ちの良い加速と低燃費化を実現したCX-3のエンジン。

その低燃費をよりさらに進化させる機能が「i-ELOOP(アイ・イーループ)」です。

車の減速時で発生したエネルギーを、一度小型で軽量のキャパシターに蓄えます。

そして蓄えたエネルギーを電力として、アクセサリーや装備品の電力に充てることができます。

これにより発電のために動かしていたエンジンを減らし、走りの性能と燃費の向上につながります。

なおこの機能は、20Sプロアクティブ、20S L パッケージ、XDプロアクティブAT車、そしてXD L パッケージ AT車のみ装備可能です。

CX-3のおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

マツダスピードスポーティパッケージ

マツダ車専門のチューニングメーカーであるマツダスピード。

そのマツダスピードが手掛けるCX-3専用エアロパーツが用意されており、多くのユーザーに選ばれています。

一番人気は、さりげなくもスポーティーな雰囲気を醸し出すリアルーフスポイラーです。

色はボディカラーに関係なくブリリアントブラックにすることで、ワンポイント的ドレスアップパーツとしても演出し、車両後方の空気の流れをスムーズにします。

この他にもローダウンしたような威圧感抜群のフロントアンダースカートやサイドアンダースカート、リアを煌びやかに彩るリアアンダースカートが用意されています。

アクリルバイザー

雨天時でも、少し窓を開けるだけで換気が出来るパーツで、多くのユーザーに選ばれている人気商品です。

CX-3専用にデザインされたこのパーツは躍動感あるボディデザインとの一体感を再現し、走行時に車内に聴こえる騒音を極力抑えた点も特徴です。

機能面でも素晴らしいですが、ドレスアップパーツのひとつとして取り付けるユーザーも少なからずいます。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

フットランプ&イルミネーション(ブルー)

ドアを開けた時、運転席と助手席の足元を、ブルーの光で照らす機能をオプションで追加。

落とし物を探すときに重宝するのはもちろん、スポーティなスタイルなナイトドライブを演出してくれます。

光の色は上品なホワイトもありますが、あえて先進感を求めたブルーがおすすめです。

スカッフプレート(イルミネーション付)

フロントドアのスカッフ部(※)を保護するプレートを装着、フロントドアの開閉と連動してCX-3ロゴが30秒間点灯するオプションです。

足元をスタイリッシュに演出し、ムーディなナイトドライブをサポートしてくれるので、おすすめです。

(※)Scuff:元は「足を引きずる」の意。転じてドアの敷居部分を指す。

おすすめディーラーオプションナビは?

ナビゲーション用SDカードプラス

前述した「マツダ コネクト」の機能に、ナビゲーション機能を追加させることが出来るSDカードです。

機器の専用スロットに差し込むことでルート案内や地図確認が可能で、FM VICS やスマートフォンと連携させて目的地を転送させることが出来ます。

さらにETC2.0との連動させることで渋滞を考慮したルート検索が出来るなどといった機能が揃っています。

また最新地図への更新もナビゲーションの購入から3年間無料更新付で、SDカードを使用してインターネットにつながったパソコンに接続すれば簡単に更新が可能です。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

ドライブレコーダー(富士通テン製)

近年交通事故の決定的証拠となるものとして注目を集め、需要も高まりつつあるドライブレコーダー。

富士通テン製のドライブレコーダーはより鮮明に録画することができる200万画素の高画質フルHDに対応し、夜間や逆光時の視認性にも強い優れものです。

最大で200分もの長時間録画に対応し、エンジン始動時に録画を開始するだけでなく、駐車時にも衝撃を検知した場合にも、映像を録画してくれます。

録画した映像は専用パソコンビューアーにて確認できるだけでなく、Wi-Fi接続によりスマートフォンでも映像を確認することが可能です。

またGPSも内蔵しているので、日時や場所特定も簡単です。

バックカメラクリーナー

CX-3の後方にカメラを設け、シフトレバーをリバースにすれば、センターディスプレイにて後方映像を確認しながら駐車することが出来るバックカメラ。

CX-3では標準装備されています。

そんなバックカメラの映像が汚れて見えないときに役立つのがバックカメラクリーナーです。

カメラ付近に内蔵されたノズルから噴射される高圧空気により、カメラに付着した水滴や汚れを吹き飛ばします。

1.5秒間で約5回のペースで高圧空気を噴射し、シフトレバーをリバースに入れてから作動するリバース連動タイプです。

常にクリアなカメラ映像が確保できて、自力でカメラを拭く煩わしさもなくなるので、おススメのオプション品です。

その他のおすすめディーラーオプションは?

スマートインETC2.0(DSRC)ナビゲーション連動タイプ

こちらはETCよりもさらに充実した機能を備えた、ETC2.0に対応した車載器です。

CX-3ではサンバイザーの後ろにETC2.0車載器をスマートに収納することが可能です。

さらに注目なのが、前述した「ナビゲーション用SDカードプラス」との連携が取れるナビゲーション連動タイプにより、渋滞情報等を含めた交通情報や、これらに基づいてルート探索や安全運転支援情報を受信できるなど、様々なサービスを利用することができる画期的なシステムを搭載しています。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

フロアマット

CX-3を使っていくうえで欠かせないフロアマットです。

車内の内装に似合うシンプルなブラック一色で、消臭機能が備わったものまで用意されています。

しかしながらフロアマットの模様レパートリーがブラック一色のみの設定で、値段が割高です。

ネット通販で買える社外品 であれば値段を半額以下に抑えられるうえに、種類豊富な模様やカラーから選ぶことが可能です。

コーナーガイド(自光式)

CX-3の左前に設置するコーナーポールです。

スモールライトと連動してポール全体がブルーLEDに発光する固定式で、夜行時でも明るく視野性が高い、車両感覚を養うパーツです。

しかしながら固定式コーナーポールにも関わらず値段が少々高めです。

社外品であれば費用を抑えて購入することが出来ますし、クリアランスソナーを付ける方法もあります。

ボディコーティングMGシリーズ

車をより長く綺麗に乗り続けたいユーザー向けに、ボディコーティングを施せるコースが用意され、最長で5年間もの保証が付いています。

クルマのボディや塗装面が汚れや傷が付くのを防ぐガラス膜でコーティングします。

また抜群の撥水性も誇り、汚れがついても水で洗い落せるのが特徴です。

さらにマツダのコーティングなら洗車機にも使用可能なのも嬉しい点です。

しかしながらこれらの保証が付く条件として、12ヶ月ごとにメンテナンスサービスを正規ディーラーで受けることが必須である上に、値段も割高です。

車用品店や洗車専門店であれば、同等の待遇で安く費用を抑えることが可能です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

CX-3の値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのCX-3値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-3を限界値引きで購入しています。

今月のCX-3の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>CX-3値引き交渉マニュアル

-CX-3の評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.