マツダ車モデルチェンジ推移と予想

マツダ CX-5 モデルチェンジ推移2020年12月3日(1)

マツダニュースリリースより

-----

「MAZDA CX-5」を商品改良
-走行性能の向上とマツダコネクトの最新化により、「走る歓び」を進化-

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、これまでに世界で300万台以上*1を販売してきたクロスオーバーSUV「MAZDA CX-5」を商品改良し、全国のマツダ販売店を通じて本日より発売します。

「CX-5」は、2012年の初代モデル発売以来、際立つデザインや高い質感と力強い走りを兼ね備えたオールラウンダーとして、世界中で好評いただいており、マツダのグローバル販売台数の4分の1を占める基幹車種のひとつです。

今回の商品改良では、走行性能と利便性の向上による、「走る歓び」の進化を図りました。

走行性能の向上については、「SKYACTIV-D 2.2」搭載車では、出力の向上により、高速道路への合流や追い越し加速シーンでのパワフルな走りを強化しました。また「SKYACTIV-DRIVE(6AT)」搭載車*3では、エンジンとトランスミッションの制御技術をアップデートすることで、アクセル操作に対する応答性をより高め、素早く加速したいシーンで、ドライバーの意図に応じた軽快な走りを実現しています。

利便性については、乗る人がさまざまなシーンでより快適に運転を楽しめるように、センターディスプレイのサイズを10.25インチに拡大*4。さらに、すべての機種に車載通信機を標準設定。コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携による利便性の向上や緊急通報サービスの提供などにより、24時間さまざまな場面でお客さまをサポートいたします。

また、100周年特別記念車に、低速から高速域まで滑らかな走りが特徴の2.5Lガソリンエンジンを追加設定し、お客様の選択肢を充実させました。

なお、「PROACTIVE(プロアクティブ)」をベースにして、助手席シートが回転および昇降し、ご高齢の方やお身体の不自由な方の乗り降りをサポートする助手席リフトアップシート車も、あわせて同様の商品改良を行っています。

マツダは、今後もクルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心を元気にすることにより、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

■「MAZDA CX-5」 商品改良の概要は以下の通り

●SKYACTIV-D 2.2: ディーゼルエンジンらしいパワフルな走りを強化

・最高出力を140kW(190ps)/4,500rpmから147kW(200ps)/4,000rpmに向上させ、高速道路での合流や追い越加速シーンでのパワフルな加速を持続的に発揮。
・また、アクセルペダルの操作力を最適化することで、SKYACTIV-D 2.2の強力なトルクを精度よく、加減速コントロール性をより意のままにコントロールできるように改善しました。

●SKYACTIV-DRIVE(6AT): (SKYACTIV-G2.5Tを除く)応答性の向上
・素早くアクセルを踏み込んだ時、「ドライバーは早く加速をしたい」とクルマが判断し、これまでよりも素早く変速することで、ドライバーが欲しい加速力を瞬時に発揮するようにサポートします。

●快適装備:快適性の向上
・センターディスプレイのサイズを大型化(8インチ→8.8インチor10.25インチ採用)*4。
・マツダコネクティッドサービスの導入。

●特別仕様車「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」の設定*5

・黒で引き締められた外観と、赤の差し色を取り入れた内装によって、スポーティさが増した、上質で精悍な装いを表現しています。
・ベース車は、PROACTIVEグレードです。

●100周年特別記念車に25Sを追加設定
・低速から高速域まで滑らかな走りが特徴のSKYACTIV-G 2.5を追加設定。

■CX-5に関する情報サイト:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

*1 2020年6月末時点、グローバル販売台数:3,026,326台
*2 オプション装着車
*3 SKYACTIV-G 2.5T搭載車を除く
*4 L Package、Exclusive Mode、100周年特別記念車は、10.25インチが標準装備。
Smart Edition/PROACTIVE/Silk Beige Selection/Black Tone Editionは8.8インチが標準装備で10.25インチはメーカーオプション設定。25S/XDは、8.8インチが標準装備(10.25インチは選択不可)。
*5 詳細は2020年12月3日発表の「マツダ、特別仕様車『Black Tone Edition』シリーズを発売」リリースを参照
*6 WLTCモード燃費は国土交通省審査値で、燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象状況、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定高速道路モード:高速道路等での走行を想定
*7 自動車税(環境性能割)は、新車時の環境性能に応じて自家用登録車は非課税または1~3%が課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2021年3月31日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。
*8 助手席リフトアップシート車は消費税非課税商品となります。
*9 助手席リフトアップシート車は持ち込み登録車のため、国土交通省審査値はありません。
*10 助手席リフトアップシート車は持ち込み登録車のため、登録時の実測値(重量)により、減税対象から外れる場合や減税率が変わる場合があります。

・価格(消費税込み)

CX-5
2,678,500-4,141,500円

マツダ CX-5

マツダ CX-5のモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

 

-マツダ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.